上洞人とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 哺乳類 > 化石人類 > 上洞人の意味・解説 

上洞人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/04 06:21 UTC 版)

上洞人(じょうどうじん)は、中国で発見された化石人類。「山頂洞人(さんちょうどうじん)」とも言う。北京原人が発見された北京郊外の周口店にある竜骨山の頂上付近にある洞窟から発見されたのでこう呼ばれる。ヨーロッパのクロマニョン人や日本(沖縄)の港川人と並ぶ化石の現生人類(ホモ・サピエンス)と考えられる[1][2]


[ヘルプ]
  1. ^ a b 石田英一郎等編 『世界史大系1 先史時代』 誠文堂新光社 1964年
  2. ^ a b c d 鈴木尚 『骨が語る日本史』 学生社 1998年
  3. ^ a b c 寺田和夫他 『古代文明の謎と発見1 人類の誕生』 毎日新聞社 1977年
  4. ^ http://web.archive.org/web/20060104031351/http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY200512280257.html
  5. ^ 頭骨もしくは生体の頭を上から見て、頭幅すなわち左右の幅を、頭長すなわち前後の長さで除して100を掛けて表わされる数値を頭指数と言う。
    頭指数=頭幅÷頭長×100
    頭指数が75.0から79.9までを中頭型と呼び、それ以下を長頭型、それ以上を短頭型と呼ぶ。ただしこれは骨格の場合で、生体では軟部の厚みを考慮し、骨より1だけ大きな数値を用いる。
  6. ^ 今西錦司 『カラー版 世界の歴史1 人類の誕生』 河出書房 1968年


「上洞人」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「上洞人」の関連用語

上洞人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アプリコット・フィズ

S-560

多摩川

カットビーズ

毛無山ブナとカタクリの花

CP-12M トランジスタ式同軸ケーブル搬送装置

820P

スポットライト付棚下灯





上洞人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上洞人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS