丁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > > の意味・解説 

ちょう ちやう 【丁】

[1] ( 名 )
ばくちで,さいころの目の偶数。また,一般に偶数。 ↔
書籍表裏ページ分の紙葉。また,折り丁の一折分をもいう。
「てい(丁)」に同じ。
(「長」とも書く)まるまる。ちょうど。 「わしは戌で-六十浄瑠璃鑓の権三 」 → (ちょう)
接尾
助数詞
和綴(と)じの書物枚葉数えるのに用いる。表裏合わせて一丁という。
豆腐数えるのに用いる。
料理飲食物一人前単位として数えるのに用いる。 「もり一-」 「カレーライス三-」
相撲将棋など,勝負取組手合わせなどの回数数えるのに用いる。

ちょう ちやう [1] 【町】

(「丁」とも書く)距離の単位条里制では,一町六尺一歩とする六〇歩であったが,太閤検地の際六尺三寸一間とする六〇間となり,その後六尺一間とする六〇間となった。メートル条約加入後,1891年明治24)1.2キロメートル一一町と定め一町は約109.09メートルとなった。
土地面積の単位条里制では一辺長さ一町正方形面積中世一町三六〇〇歩であったが,太閤検地の際,三〇〇〇歩となった。メートル条約加入後,1891年に,120ヘクタール一二一町定め一町は約0.99ヘクタールとなった。一町は一〇段,三〇〇〇坪。町歩。 →
地方公共団体の一。市と中間に位し,都道府県属する。まち。
平城京平安京における街区一辺長さおよびその一区画面積。四〇〇尺,および四〇〇尺平方
御町(おちよう) 」に同じ。江戸吉原のこと。

ちょう ちやう 【挺・梃・丁】

接尾
(すき)・鍬(くわ)・墨・銃・艪(ろ)三味線など細長いものを数えるのに用いる。
駕籠(かご)人力車など,乗り物数えるのに用いる。 〔「丁」は代用字

【ちょう】[漢字]

【 丁 】 ちやう
⇒ てい〔丁〕 [漢]
【 弔 】 てう [音] チョウ
とむらう。 「 弔意弔慰弔旗弔客弔辞弔電弔砲弔問慶弔
【 庁 ( 廳 ) 】 ちやう [音] チョウ
役所。 「 庁舎 ・庁費 ・庁務官庁県庁退庁登庁府庁警視庁文化庁
【 兆 】 てう [音] チョウ
きざし。前触れ。 「 兆候吉兆凶兆瑞兆(ずいちよう前兆
数えきれないほど多い。 「 兆民億兆
数の単位。億の1万倍。 「 一兆円 」
はか。墓地。 「 兆域
【 町 】 ちやう [音] チョウ
原義は,田を区切るあぜの意〕
市街地。まち。 「 町家町人
地方公共団体の一。まち。 「 町議町制町税町長市町村
【 長 】 ちやう [音] チョウ
ながい。とおい。 「 長歌長期長久長駆長寿長身長征長蛇長短長嘆長途長髪長命
のびる。のばす。 「 延長消長助長増長
大きくなる。 「 生長成長
年をとっている。 「 長上長幼長老年長
最年長である。 「 長兄長子長女長男
責任者。かしら。 「 長官長者駅長校長首長所長
まさる。すぐれる。 「 長所一長一短
ながさ。また,たけ。高さ。 「 身長全長体長
長門(ながと)国」の略。 「 長州薩長さつちよう ・征長 」
【 挑 】 てう [音] チョウ
いどむ。しかける。そそのかす。 「 挑戦挑発
かかげる。 「 挑灯(ちようちん
【 重 】
⇒ じゅう〔重〕 [漢]
【 凋てう [音] チョウ
かれる。しぼむ。生気衰える。 「 凋残凋衰凋弊凋落枯凋
【 帳 】 ちやう [音] チョウ
とばり。たれぎぬカーテン。 「 帳下帷帳いちよう開帳几帳きちよう玉帳紙帳緞帳(どんちよう)
ものを書くための冊子ノート。 「 帳簿帳面記帳台帳通帳出納すいとう帳 ・筆記帳
【 張 】 ちやう [音] チョウ
はる。のばす。ひろげる。 「 拡張緊張伸張
強くいう。おおげさにいう。 「 誇張主張
【 彫 】 てう [音] チョウ
ほる。ほりきざんで飾りをつける。 「 彫金彫刻彫塑彫像彫琢(ちようたく)木彫
【 眺 】 てう [音] チョウ
ながめる。遠くを見渡す。ながめ。 「 眺望
【 釣 】 てう [音] チョウ
をつる。 「 釣果釣竿(ちようかん釣魚釣具
【 頂 】 ちやう [音] チョウ
頭の最上部。 「 灌頂(かんじよう)丹頂
いちばん高いところ。いただきてっぺん。 「 頂上頂点山頂絶頂天頂顱頂(ろちよう)
てう [音] チョウ
とり。 「 鳥獣鳥類愛鳥益鳥飛鳥 ・野鳥瞰(ちようかん図 ・保護鳥一石二鳥
【 朝 】 てう [音] チョウ
あさ。 「 朝食朝夕朝暮朝礼朝露今朝早朝明朝翌朝朝三暮四朝令暮改
ひととき。日。一日。 「 一朝
天子政治を行うところ。 「 朝威朝賀朝貢朝臣朝廷朝敵朝命朝野廃朝
同一系統天子統治していること。治世。また,その天子。 「 清朝唐朝南朝北朝平安朝
天子統治する国。 「 異朝本朝
日本。 「 帰朝来朝
朝鮮」の略。また「朝鮮民主主義人民共和国」の略。 「 日朝
【 脹ちやう [音] チョウ
ふくれる。 「 脹満膨脹
はれる。体の一部が異常に盛りあがる。 「 腫脹(しゆちよう)
【 貼 】 てふ [音] チョウ ・テン
はる。はりつける。 「 貼付ちようふ(てんぷ)) ・貼用 」 〔「テン」の音は慣用
【 超 】 てう [音] チョウ
基準限界をこえている。 「 超過出超入超
かけ離れている。はるかにすぐれている。 「 超越超人超絶超俗超脱超凡
端な。 「 超高速超短波超弩級(ちようどきゆう)超満員超国家主義
【 牒てふ [音] チョウ
文書をしるしたふだ。かきつけ文書。 「 牒状移牒通牒
【 腸 】 ちやう [音] チョウ
消化器一つ。 「 腸管灌腸(かんちよう)小腸大腸脱腸断腸盲腸十二指腸
こころ。精神。 「 愁腸心腸
【 跳 】 てう [音] チョウ
とぶ。はねる。 「 跳馬跳舞跳躍
のさばる。 「 跳梁ちようりよう)
【 徴 ( 徵 ) 】 [音] チョウ
召し出す。とり立てる。 「 徴収徴集徴税徴発徴兵徴募徴用増徴追徴
前触れ。きざし。しるし。 「 徴候徴証象徴特徴
【 暢ちやう [音] チョウ
草木がのびる。 「 暢茂
のびのびしている。滞らない。 「 暢達流暢
【 肇てう [音] チョウ
はじめる。はじめ。 「 肇国肇造
【 銚てう [音] チョウ
飲食物あたためるための器。 「 銚子
【 嘲 】 てう [音] チョウ
あざける。ばかにして笑う。 「 嘲笑嘲罵(ちようば)嘲弄(ちようろう自嘲
【 澄 】 [音] チョウ
などがすきとおっててきれいである。 「 澄明清澄明澄
【 潮 】 てう [音] チョウ
おのみちひき。しお。うしお。 「 潮汐(ちようせき潮流海潮干潮満潮
時代支配する一般的傾向。 「 思潮風潮
【 調 】 てう [音] チョウ
ととのえる。まとめる。 「 調合調剤調進調製調整調節調達調停調髪調味調理調律協調同調
ならす。訓練する。 「 調教調馬調練
はずみ。いきおい。 「 調子好調 ・順調 ・低調
言葉リズム。また,文章スタイル。 「 音調格調口調正調声調
音階。 「 移調短調長調転調
しらべる。調査調書
律令制の税の一。みつぎ。 「 調布貢調(こうちよう)租庸調
しつらえる。 「 新調
【 諜てふ [音] チョウ
さぐる。うかがう。 「 諜者諜報間諜
【 聴 ( 聽 ) 】 ちやう [音] チョウ
きく。熱心にきく。 「 聴講聴取聴衆聴聞謹聴敬聴傾聴視聴静聴拝聴傍聴
【 懲 ( 懲 ) 】 [音] チョウ
こらす。こらしめる。 「 懲役懲戒懲罰勧善懲悪
【 寵[音] チョウ
めぐむ。いつくしむ。かわいがる。 「 寵愛寵姫(ちようき)寵幸寵児寵妾(ちようしよう)寵辱寵臣恩寵

てい [1] 【丁】

十干第四。ひのと。
等級順位第四位。
官に徴発して使役する役夫。よほろ。
律令制で,課役調・庸雑徭ぞうよう)を負担する成年男子。ちょう。

【てい】[漢字]

【 丁 】 [音] テイチョウ ・トウ
一人前男子壮年の男。 「 丁役 ・丁年 ・正丁せいてい(しようちよう)) ・壮丁仕丁じちよう(してい)) 」
召し使われる人。 「 園丁獄丁使丁馬丁庖丁(ほうちよう)
十干第四。ひのと。 「 丁卯ていぼう丁夜
書物の)紙一葉表裏ページ。 「 《 チョウ落丁乱丁
てあついねんごろ。 「 丁重 ・丁寧 」
物があたる音。 「 丁丁ちようちよう)(とうとう)) 」
偶数。 「 丁半(ちようはん
【 汀[音] テイ
みぎわ。 「 汀州汀線長汀
【 体 】
⇒ たい〔体〕 [漢]
【 低 】 [音] テイ
ひくい。値が小さい。 「 低温低額低空低湿低地低利高低 ・最低 ・低気圧
劣った。卑しい。 「 低級低俗低劣
声が小さい。 「 低吟低語低唱低声
頭をたれる。 「 低回低頭
【 呈 】 [音] テイ
差し出す。差し上げる。 「 呈示呈上謹呈献呈進呈贈呈奉呈
あらわれる。あらわす。 「 呈出露呈
【 廷 】 [音] テイ
まつりごとを行う所。 「 廷議廷臣宮廷朝廷
訴えを聞いて裁く所。 「 出廷退廷法廷
【 弟 】 [音] テイ ・ダイ ・デ
おとうと。 「 弟妹義弟愚弟賢弟実弟子弟兄弟(きようだいけいてい) ・異母弟
門人。 「 弟子(でし)(ていし)) ・高弟師弟徒弟門弟
自分謙称。 「 小弟少弟
順序。 「 次弟(しだい)
【 定 】 [音] テイ ・ジョウ
さだめる。きめる。きまる。さだまる。 「 定期定見定刻定住定数定説定着定評定例定石(じようせき改定確定決定固定裁定断定認定未定予定
しずめる。しずまる。 「 安定鎮定平定
さだめて。きっと。 「 会者定離(えしやじようり)
〘仏〙雑念を断って無念無想になること。梵語訳語。 「 《 ジョウ禅定入定
【 底 】 [音] テイ
そこ。 「 底流海底基底筐底(きようてい心底水底船底地底徹底 ・到底 ・払底
もとになるもの。 「 底本
とどまる。いたる。 「 底止
【 抵 】 [音] テイ
ふれる。あたる。 「 抵触
相当する。該当する。あたる。 「 抵当 ・大抵 」
こばむ。ふせぐ。 「 抵抗
【 邸 】 [音] テイ
りっぱな住宅屋敷。 「 邸第邸宅官邸 ・旧邸 ・公邸豪邸私邸藩邸別邸
【 亭 】 [音] テイ
休息所。あずまや。ちん。 「 山亭席亭料亭涼亭
宿場建物。 「 駅亭旗亭旅亭
ちょうどその所にいたる。 「 亭午
すっくと立つ。 「 亭亭
中国秦・漢代の行政区画の一。 「 亭長
【 剃[音] テイ
そる。そり落とす。 「 剃髪剃毛
【 帝 】 [音] テイタイ
天子。みかど。 「 帝位帝王帝国帝室帝都皇帝女帝聖帝先帝大帝
天の神。 「 炎帝上帝天帝
帝国主義」の略。 「 反帝
【 訂 】 [音] テイ
誤り正す。 「 訂正改訂校訂増訂補訂
【 貞 】 [音] テイ
みさおが正しい。節を守る。 「 貞潔貞実貞淑貞女貞節貞操貞婦童貞不貞
【 庭 】 [音] テイ
にわ。 「 庭園庭球後庭石庭前庭 ・名庭 」
家の中。 「 庭訓ていきん家庭
役所宮廷など政治をとる所。裁判をする所。 「 禁庭
【 悌[音] テイ
年長者に従う。また,兄弟の仲がよい。 「 悌順孝悌
【 挺[音] テイチョウ
ぬく。ぬきんでる。 「 挺出挺身挺進
【 涕[音] テイ
なみだ。なみだを流し泣く。 「 涕洟(ていい)涕泗(ていし)涕涙流涕
【 逓 ( 遞 ) 】 [音] テイ
次から次へと送る。順次。 「 逓次逓信逓送駅逓
だんだん。 「 逓減逓増
【 停 】 [音] テイ
とまる。とどまる。 「 停止停車停滞停電停頓ていとん停泊停留
やめさせる。やめる。 「 停学停職停戦停年調停
【 偵 】 [音] テイ
うかがう。さぐる。 「 偵察偵知偵吏探偵内偵密偵
[音] テイ
はしご。 「 梯形雲梯舷梯げんてい索梯
順序だてた区分。 「 階梯
【 啼[音] テイ
泣く。特に鳥が鳴く。 「 啼泣啼哭ていこく啼鳥
【 堤 】 [音] テイ
つつみ。どて。 「 堤防堰堤えんてい石堤長堤突堤防波堤
【 提 】 [音] テイ ・ダイ
さげる。手にさげて持つ。 「 提灯(ちようちん提琴
差し出す。示す。 「 提案提起提議 ・提供 ・提言提示提出提唱提要前提
ひきつれる。 「 提督
だく。いだく。 「 孩提がいてい
梵語音訳字。 「 招提(しようだい菩提(ぼだい)
【 程 】 [音] テイ
きまり。法(のり)。 「 規程
進行順序に従って一つずつ区切った段階道筋分量。 「 課程教程工程日程
みちのり。 「 過程道程里程旅程
はかる。物事度合。ほど。 「 程度
【 艇 】 [音] テイ
【 鼎[音] テイ
金属製の三本足の器(うつわ)。かなえ。 「 鼎俎(ていそ)鼎足鼎沸九鼎鐘鼎
三者向かい合った形。 「 鼎座(ていざ)鼎峙(ていじ)鼎足鼎談鼎立
【 綴[音] テイ ・テツ
つづる。つらねる。とじる。 「 《 テイ ・テツ綴音綴字綴文点綴補綴
【 締 】 [音] テイ
かたくむすぶ。しめる。 「 結締
約束を結ぶ。しめくくってまとめる。 「 締結締盟締約
【 鄭[音] テイ
ていねい。ねんごろ。 「 鄭重
中国春秋時代国名の一。 「 鄭衛鄭声
【 諦 】 [音] テイタイ
まこと。真理。 「 《 テイタイ真諦妙諦
【 蹄[音] テイ
ひづめ。 「 蹄鉄馬蹄
わな。 「 筌蹄せんてい

ひ の と [2] [0] 【丁

〔「火の弟(おと)」の意〕
十干(じつかん)第四

よほろ 【丁

〔「よぼろ」とも。「よほろ(膕)」と同源
古代公用労働に使われた男子。特に,朝廷土木工事に使われた者。正丁せいてい。 「仕(つかえの)-は,旧の三十戸毎一人せしを改めて/日本書紀 孝徳

読み方:ヨホロ(yohoro)

律令制において課税対象となる青年男子


丁(ちょう)

ギアの歯数を示す単位。英語では"T(ティー)"と表す。

読み方:ちょう

  1. 魚屋通り符牒にして、十といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 青物店の通り符牒にして十といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  3. 十。〔魚屋

分類 符牒魚屋


読み方:ちょう

  1. 書面ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・石川県

分類 石川県


読み方:ちょう

  1. 采の目偶数にして、賭博を行ふ場合称する言葉
  2. 采の目偶数にして、賭博をする場合にいう言葉

読み方:ちょん

  1. 生魚商の符牒にして一といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 一。〔魚屋

分類 符牒魚屋

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:テイtei

所在 長野県小諸市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/02/11 12:40 UTC 版)

(てい、ひのと)は、十干の4番目である。陰陽五行説では性の陰に割り当てられており、ここから日本では「ひのと」(火の弟)ともいう。




「丁」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/07/23 09:42 UTC 版)

発音

名詞

  1. (ひのと)十干4番目。
  2. (チョウ)尺貫法における距離単位。1丁=60間=約109メートル
    次の日私は先生の後につづいて海へ飛び込んだ。そうして先生いっしょ方角に泳いで行った。二ほど沖へ出ると、先生後ろ振り返って私に話し掛けた。 (夏目漱石 『こゝろ』)
  3. (チョウ)賽の目偶数
    対義語 

助数詞

  1. (チョウ)豆腐など鋳製の金属製品数え時に用いる。
  2. (チョウ)(丁目)住所細分化する際の単位で、番地をまとめたもの。古くは、まとめられた帳面単位であった。

造語成分・略称

丁抹の第1字)

  1. デンマークを意味する語を作る

熟語

関連語

十干

文字 五行
コウ きのえ
オツ きのと
ヘイ ひのえ
テイ ひのと
つちのえ
つちのと
コウ かのえ
シン かのと
ジン みずのえ
みずのと

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





丁と同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語つぁん    丁  たげ  

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「丁」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

丁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タイヤレバー

シートポスト

エスピーディー

ニップル

ウエス

六角レンチ

インター7

ケミカル





丁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2017 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS