一刻千金とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 出典別 > 蘇軾 > 一刻千金の意味・解説 

いっ こくせんきん [0] 【一刻千金】

蘇軾の詩「春夜」の一節春宵一刻値千金」から〕
春の夜素晴らしさ一刻千金にも値するの意。楽しいときや大切なときが早く過ぎるのを惜し気持ちでいう。

一刻千金

出典:『Wiktionary』 (2012/03/02 07:45 UTC 版)

成句

いっこくせんきん

  1. ほんのわずかな時間でも千金にも値すること。

出典

関連語






一刻千金と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「一刻千金」の用例一覧


辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「一刻千金」の関連用語

一刻千金のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

かんざし

由良海水浴場

知床硫黄山

宮田敦史

糊濃度計

John Quincy Adams

プレキャストコンクリート版舗装

枚岡神社の社叢





一刻千金の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの一刻千金 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS