ローラースケートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > スケート > ローラースケートの意味・解説 

ローラースケート [6] 【roller skate】

底に小さな四個の車輪の付いた靴で,平らな床面滑走するスポーツ

ローラースケート/インラインスケート

歴史と沿革

ローラースケートの発祥18世紀のはじめ。氷上を滑るアイススケート普及刺激され、路上を滑る道具としてイギリス考案されたといわれています。靴の底に木製車輪をつけて走ったそうです先輩格のブレード意識してか、当初は1車輪でとても不安定でしたが、物珍しさ手伝って、欧米諸国大流行しました。その後車輪の数を増やすという「改良が行われ(1列に車輪を並べるスタイルですから、それでもまだ不安定)、19世紀半ばにようやく現在のような前2輪、後ろ2輪のかたちになりました。安定度の面での工夫いくつか発明され、スポーツとしての普及始まります。ローラースケートという名称もこの頃生まれました。

1900年代入り屋内リンクが開設されると普及スピードうなぎのぼりに。と同時に多く競技会開催されるようになりました。日本にローラースケートが紹介されたのは明治10年頃。本格的行われるようになったのは明治28年頃といわれています。その後大正時代から昭和初期にかけて全国各地でローラースケート場が開設され、大衆スポーツとしての発展を見るようになりました。

昭和28年9月日本ローラースケート連盟創立され、昭和30年5月には国際オリンピック委員会IOC承認競技団体国際ローラースケート連盟FIRS)に加盟した。昭和33年世界スピード選手権大会初参加して以来昭和34年フィギュア昭和39年ローラーホッケー代表選手を派遣し、現在も継続して参加しています。

平成13年には世界ローラーインラインホッケー選手権大会初出場し、第5位に入賞また、平成4年スペインバルセロナ開催された第25オリンピック競技会の公開種目としてローラーホッケー競技実施され、アジア地区代表として代表選手団を派遣しました。世界ではFIRS80数カ国が加盟し、国内ではおよそ200万人愛好者がいます。平成2年には(財)日本体育協会の準加盟団体承認されました。


ルールと競技方法

ローラースケート競技には、スピードフィギュアローラーホッケーインラインホッケーの4種目があります

スピード競技
現在3種目の世界選手権が行われています。トラックロードレース、ダウンヒルレースがあり、300mのタイムトライアルから84kmのダブルマラソンまで行われます。トラック(1周200mバンク付きリンク)では300mから2mまでが行われ、ロードレースでは300mから84kmまで行われます。平成10年からダウンヒルレースもヨーロッパ開催されるようになり、山の上から麓にかけて一般道路使用してレースが行われ、タイムにより順位決めます。タイムトライアルタイム順位決まり、ポイントレース(男子1万m、女子5千m)は得点制で、決められた周回ごとに1位から3位までに得点与えられ、完走後の得点の多い選手勝者となります。
一団で行うエルミネーションレース(男子2m、女子1万5千m)は、レースいくつかの周回選手がエルミネート(除外)されます。競技前に選手にエルミネートの周回説明し、その周回ゴールラインを一番最後に通過した選手失格となり5名を残し、残った強い選手だけで競い合わせるレースです。ポイントレースとエルミネーションレースを合わせポイント+エルミネーション(男子1万5千m、女子1万m)レース行われ、距離が長くなると選手同士駆け引き勝敗大きく左右します。そのほかでは、チームタイムトライアル、エンディランスレース、リレー、ステージレースなどの種目があります

フィギュア競技
男女シングルペアダンスの種目に分けることができます。50m×25mのリンクで行われます。シングル競技ショートプログラム音楽との調和をはかり、ジャンプスピンステップ等の課題組合せロングプログラムスケーティング美しさ、技の難易度音楽との調和フォームバランスなどすべてのことを考え滑ります。ダンス規定決められた課題各種リズム取り入れ男女一致したステップ美しさ表現します。ペア競技との違いは、互い競技者が離れたり、高く持ち上げたりすることは禁止されているところです。ペア頭上持ち上げリフトジャンプ組合せ音楽との調和した滑りが高得点つながります。各種目とも、採点方法10点満点で、技術点と芸術点の2種類の採点得点合計によって順位決まります。

ローラーホッケー競技
縦40m×横20mのリンクで試合行われます。試合時間前後20分で休憩10分。1チームは最低6名で、ゴールキーパー2名(補欠1名)選手4名で、最大10名で編成されます。試合は2チーム間で行われフォワード2名、ディフェンダー2名、ゴールキーパー1名の5名で行い交代は自由にでき、相手ゴールに入れた得点の多さで勝敗決めます。スケート靴はローラースケートまたはインラインスケートどちらでも使用できます

インラインホッケー
縦60m×横30mのリンクで試合行われます。試合時間前後20休憩10分。インラインスケート使用し、1チーム最大16名で編成試合中リンクには5名の選手が入れます。相手ゴールに入れた得点の多さで勝敗決めるところまではローラーホッケーと同じですが、ローラーホッケー競技との大きな違いは、アイスホッケー防具スティック使用するところです。



ローラースケート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 05:58 UTC 版)

ローラースケート英語: roller skates)とは、車輪を靴底に取り付けて地面を滑走する運動用具。ローラースケートで滑走する事はローラースケーティング英語: roller skating)と呼ばれる。と一体型のもの以外にも、通常の靴にベルトで装着するものがある。




「ローラースケート」の続きの解説一覧





ローラースケートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ローラースケートに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ローラースケート」の関連用語

ローラースケートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ユニホック

スピードスケート

トランポビクス

卓球

フィギュアスケート

BMX

ドッジボール

フリスビードッグ





ローラースケートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローラースケート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS