ロック・フェスティバルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ロック・フェスティバルの意味・解説 

ロック・フェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 20:49 UTC 版)

ロック・フェスティバル: rock festival)は、ポピュラー音楽を扱う音楽祭の中でもロックに特化したものである。俗にロックフェス(rock fes.)と略され、さらに縮めてフェス(fes.)と呼ばれる事もある。


[ヘルプ]
  1. ^ 「ライジングサンロックフェス」閉幕-50時間に渡る熱演、5万7000人動員(札幌経済新聞 2013年8月19日)
  2. ^ 夏フェス「ジョインアライブ」閉幕-123組出演、3万2600人動員(札幌経済新聞 2013年7月29日)
  3. ^ 春の野外ロックフェス「ARABAKI」閉幕-過去最多4万5千人動員(仙台経済新聞 2013年4月30日)
  4. ^ 17万人超の音楽ファンが集結! 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013」会場で3キャリアの通信環境を分析(RBB TODAY 2013年8月7日)
  5. ^ あの顔も新顔も 炎暑忘れる興奮 サマソニ満喫レビュー(朝日新聞 2013年8月12日)
  6. ^ 過去最大16万人集結、幕張「CDJ」で172組が豪華競演ナタリー 2014年1月2日)
  7. ^ a b 「a-nation stadium fes.」22万人が真夏の祭典に熱狂(Musicman-NET 2013年9月3日)
  8. ^ 「閃光ライオット2013」グランプリは、フィッシュライフに決定(Musicman-NET 2013年8月6日)
  9. ^ 17回目のフジロック、雨にも負けず前夜祭含め11万人動員(ナタリー 2013年8月2日)
  10. ^ 前夜祭含め48組!快晴「SWEET LOVE SHOWER」大成功(ナタリー 2013年9月1日)
  11. ^ 朝霧Jam 1万2000人が熱狂(Fuji-News.net 2013年10月15日)
  12. ^ 「TOKAI SUMMIT'13」開催、1万1千人のオーディエンスを魅了(Musicman-NET 2013年7月22日)
  13. ^ 「イナズマロック フェス 2013」大成功、2日間で過去最高の5万人動員(Musicman-NET 2013年9月24日)
  14. ^ 響くロック、2万人熱く 宇治でフェス「京都大作戦」京都新聞 2013年7月8日)
  15. ^ 『KOYABU SONIC 2013』1日目吉本興業 2013年9月20日)
  16. ^ lバンチフェス、2日間で3万3800人動員宇部日報 2013年8月19日)
  17. ^ MONSTER baSHドキュメント、反響受けNHKで全国放送(ナタリー 2013年10月21日)
  18. ^ 【動画】<糸島へ行こう!> 夏のシメはやっぱりサンセットLIVE! 主催者に独占インタビュー!(ナタリー 2013年9月14日)
  19. ^ 氣志團万博 2013 〜房総爆音梁山泊〜


「ロック・フェスティバル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ロック・フェスティバルに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロック・フェスティバル」の関連用語

ロック・フェスティバルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カムテール

Sportio water beat

パラグライディング

固定衛星通信

針江の生水

カウハッチ

岡 光雄

関東型宮型霊柩車





ロック・フェスティバルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロック・フェスティバル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS