ロッキード コンステレーションとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > 飛行機 > アメリカ合衆国の旅客機 > ロッキード コンステレーションの意味・解説 

ロッキード コンステレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/29 20:28 UTC 版)

トランスワールド航空
L-1049「スーパー・コンステレーション」の派生型L-1649「スターライナー」(主翼が新設計)




[ヘルプ]
  1. ^ 巡航速度345マイル/h(555km/h)
  2. ^ 巡航速度327マイル/h(526km/h)ペイロード増加により速度が低下した。
  3. ^ 速度低下は軽微で他航空会社がL-749に用いた写真も残っている。
  4. ^ 「C-121」型が現用でその軍払い下げの機体も多く消耗部材や部品は比較的豊富に出回っていたが、1960年代末にはターボコンパウンドのR-3350型エンジンの単体は製造を打ち切られ、米軍ではその後現役の「EC-121」型に、エンジングロスの交換や生産が途絶えた部品の調達には運用を終えた同型機から程度の良い部材を転用で対応していた。
  5. ^ ライバルのダグラスDC-4・DC-6・DC-7シリーズが、実用重視の直線的でシンプルな機体形状を用いているのとは対照的である。生産性、胴体内の容積確保、与圧構造を考慮した強度確保等ではいずれもダグラスのような手法が有利で、その形態はジェット機時代に至るまで多くの民間輸送機に踏襲されている。これに比して、コンステレーションのスタイリングは量産された大型旅客機の形態として相当に特異なものである。
  6. ^ Johnson, Clarence L. "Kelly" (), Kelly: More Than My Share of it All. Washington, DC: Smithsonian Books, 1985. ISBN 0-87474-491-1.
  7. ^ Boyne 1998, pp. 135–137.
  8. ^ Taylor 1993, pp. 606–607.
  9. ^ www.airliners.net
  10. ^ 三条市と習志野のロッキードL1649Aスターライナー


「ロッキード コンステレーション」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ロッキード コンステレーションに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロッキード コンステレーション」の関連用語

ロッキード コンステレーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ビッグスクーター

薔薇

毛利元徳

カウンターキッチン

マイクロバス

ニャトー

ヤマトホンヤドカリ

石川陽生





ロッキード コンステレーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロッキード コンステレーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS