ロケーションフリーとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ロケーションフリーの意味・解説 

ロケーションフリー

別名:エアボード
【英】location free

ロケーションフリーとは、ソニー販売していた、自由な場所でテレビ視聴するためのシステムの名称である。インターネット利用してベースステーションから放送データリアルタイム再送信し、ベースステーションから離れた場所でもテレビ視聴することが可能となる。2012年現在、関連製品販売終了している。

オーディオ&ビジュアルのほかの用語一覧
技術・規格:  マルチアングル  miniDVカセット  ノンインターレース  ロケーションフリー  STB  S-VHS  SPWG

ロケーションフリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/23 17:59 UTC 版)

ロケーションフリー(LocationFree)とはかつてソニーが販売していたネットワークを通して遠隔地でテレビを視聴できるようにするための製品群。通称「ロケフリ」(公式ページでもこの呼称が使われている)。旧名はエアボード


  1. ^ a b OSWindowsに限る。
  2. ^ 外部入力端子に地上デジタル放送対応チューナーを接続することで地上デジタル放送の視聴も可能となるが、画質はアナログ並みとなる。
  3. ^ ITmedia (2006年8月7日). “ロケフリ利用の遠隔視聴サービス、中止求めるテレビ局の申し立て却下”. 2008年6月23日閲覧。
  4. ^ ITmedia (2006年12月22日). “ロケフリ利用の遠隔視聴サービス、知財高裁も適法と判断”. 2008年6月23日閲覧。
  5. ^ 平成18年(ラ許)第10007号許可抗告申立事件
  6. ^ INTERNET Watch (2008年6月23日). “「まねきTV」は適法、東京地裁がテレビ局側の請求棄却”. 2008年6月23日閲覧。
  7. ^ ITmedia News (2008年12月16日). “「まねきTV」は適法 知財高裁、テレビ局側の控訴を棄却”. 2008年12月17日閲覧。
  8. ^ 最高裁判所第三小法廷裁判 2011年1月18日 、平成21(受)653、『著作権侵害差止等請求事件』。
  9. ^ “番組ネット転送訴訟で著作権侵害を認定 テレビ局側逆転勝訴 最高裁”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2011年1月18日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110118/ent11011816160079-n1.htm 2011年1月19日閲覧。 
  10. ^ 番組ネット転送:TV番組海外転送に賠償命令 著作権侵害認める--知財高裁・差し戻し審判決
  11. ^ NEWS&TOPICS一覧
  12. ^ 放送サービスの高度化に関する検討会 検討結果取りまとめ」の公表,総務省,2013年6月11日
  13. ^ オールジャパンで4K/8K推進「次世代放送推進フォーラム」設立,AV Watch,2013年6月17日
  14. ^ デジタル放送の“リモート視聴“規格が決定。NexTV-F,AV Watch,2014年2月14日
  15. ^ NexTV-F、“リモート視聴”対応チャンネルを公開。地デジは全局対応、WOWOWなど非対応,AV Watch,2014年3月24日
  16. ^ ソニーBDレコーダが外出先からの“リモート視聴”対応,AV Watch,2014年3月25日


「ロケーションフリー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロケーションフリー」の関連用語

ロケーションフリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

microSDXC

多重分岐

dynabook UX

通貨スタイル

dynabook R631

Knol

ノートン360

F-05C





ロケーションフリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリロケーションフリーの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロケーションフリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS