ロケットはなぜ飛ぶかとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ロケットはなぜ飛ぶかの意味・解説 

ロケットはなぜ飛ぶか?

ロケットは風船と同じしくみで飛ぶ

いっぱいにふくらませたゴム風船は、手をはなすと空気吹き出しながら飛んでいきます。このとき風船を動かしているのは、空気吹き出し反動による力で、これを「推力」(すいりょく)といいます。推力は、空気が吹き出される向きとは反対方向はたらきます。ロケットが飛ぶ原理もこれと同じで、ロケットエンジンの中で高圧燃焼ガス大量につくり、それを後ろ高速噴射(ふんしゃ)することによって、前に進む力を得ているのです。


「燃焼室」で燃やしたガスを「ノズル」で噴射する

ロケットには、燃焼室ノズルあります燃料燃焼させてガスをつくるところが「燃焼室」で、燃焼室でつくられた高温高圧ガス噴射するところが「ノズル」です。ラッパのような形をしているノズルは、吹き出されるガス速度速めるはたらきをしています。空気のない宇宙燃料を燃やすためには、酸素などの酸化剤(さんかざい)が必要です。ジェット機ジェットエンジンでは、酸化剤として空気中の酸素取り込んでいます。ロケットには、空気の無い宇宙を飛ぶため、燃料のほかにあらかじめ酸化剤も積み込まれています。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ロケットはなぜ飛ぶかのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

無重力

STS-87

さきがけ

エルニーニョ

いろいろな星座

のぞみ

エルンスト・マッハ

木星探査





ロケットはなぜ飛ぶかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency

©2017 Weblio RSS