レベチラセタムとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > レベチラセタムの意味・解説 

レベチラセタム

分子式C8H14N2O2
慣用名UCB-L-059、レベチラセタム、Levetiracetam、(αS)-α-Ethyl-2-oxo-1-pyrrolidineacetamide、(S)-2-(2-Oxopyrrolizino)butyramide、(2S)-2-(2-Oxo-1-pyrrolidinyl)butanamide、ケップラ、Keppra、イーケプラ
体系名:(αS)-α-エチル-2-オキソ-1-ピロリジンアセトアミド、(S)-2-(2-オキソピロリジノ)ブチルアミド、(2S)-2-(2-オキソ-1-ピロリジニル)ブタンアミド


レベチラセタム

【仮名】れべちらせたむ
原文levetiracetam

てんかん(脳の障害一種)が原因で起こる痙攣筋肉不随意運動発作治療に用いられる薬物。レベチラセタムは、がんが脳に拡がった患者に生じる痙攣発作治療薬としても研究されている。抗痙攣薬一種である。「keppra」とも呼ばれる

レベチラセタム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/23 06:21 UTC 版)

レベチラセタム(Levetiracetam、商品名:イーケプラ)は癲癇の部分発作に用いる抗癲癇薬である[1]S-エナンチオマーであり、ラセミ体エチラセタムと呼ばれる。


  1. ^ 医学的・美容上問題となる重度の奇形[18]
  1. ^ Abou-Khalil B (June 2008). "Levetiracetam in the treatment of epilepsy". Neuropsychiatr Dis Treat 4 (3): 507–23. doi:10.2147/NDT.S2937. PMC 2526377. PMID 18830435. 
  2. ^ a b 新規抗てんかん薬 「イーケプラ®錠」日本での製造販売承認取得のお知らせ”. 大塚製薬 (2010年7月23日). 2015年2月3日閲覧。
  3. ^ BNF 59. BMA & RPSGB. (2010). 
  4. ^ Keppra® (Epilepsy)”. UCB. 2015年2月3日閲覧。
  5. ^ a b イーケプラ錠250mg/イーケプラ錠500mg インタビューフォーム” (2015年1月). 2015年2月3日閲覧。
  6. ^ 抗てんかん薬「イーケプラ®錠」小児てんかん(部分発作)の承認取得”. 大塚製薬 (2013年5月31日). 2015年2月3日閲覧。
  7. ^ 新規抗てんかん薬「イーケプラ®」部分発作の併用療法に加え、単剤療法の承認取得”. 大塚製薬 (2015年2月20日). 2015年2月23日閲覧。
  8. ^ a b Farooq MU, Bhatt A, Majid A, Gupta R, Khasnis A, Kassab MY (2009). "Levetiracetam for managing neurologic and psychiatric disorders". Am J Health Syst Pharm 66 (6): 541–61. doi:10.2146/ajhp070607. PMID 19265183. 
  9. ^ Sanchez, Pascal; Zhu, Verret, Vossel, Orr, Cirrito, Devidze, Ho, Yu, Palop, Mucke (August 6, 2012). "Levetiracetam suppresses neuronal network dysfunction and reverses synaptic and cognitive deficits in an Alzheimer's disease model". PNAS 109 (42): E2895–903. doi:10.1073/pnas.1121081109. PMC 3479491. PMID 22869752. 
  10. ^ Zesiewicz, TA; Elble, RJ; Louis, ED; Gronseth, GS; Ondo, WG; Dewey RB, Jr; Okun, MS; Sullivan, KL; Weiner, WJ (Nov 8, 2011). "Evidence-based guideline update: treatment of essential tremor: report of the Quality Standards subcommittee of the American Academy of Neurology.". Neurology 77 (19): 1752–5. doi:10.1212/WNL.0b013e318236f0fd. PMC 3208950. PMID 22013182. 
  11. ^ a b Gambardella A, Labate A, Colosimo E, Ambrosio R, Quattrone A (February 2008). "Monotherapy for partial epilepsy: focus on levetiracetam". Neuropsychiatr Dis Treat 4 (1): 33–8. doi:10.2147/NDT.S1655. PMC 2515905. PMID 18728811. 
  12. ^ a b c d イーケプラ錠250mg/イーケプラ錠500mg 添付文書” (2015年2月). 2015年2月23日閲覧。
  13. ^ "Clinical Epilepsy: Pediatrics". Epilepsia 46 (s8): 142–67. 2005. doi:10.1111/j.1528-1167.2005.460801_16.x. 
  14. ^ Griebel ML. Acute management of hypersensitivity reactions and seizures. Epilepsia. 1998;39(7):S17–S21
  15. ^ Ben-Menachem E, Falter U. Efficacy and tolerability of levetiracetam 3000 mg/d in patients with refractory partial seizures: a multicenter, double-blind, responder-selected study evaluating monotherapy. Epilepsia. 2000;41:1276–83.
  16. ^ Cereghino JJ, Biton V, Abou-Khalil B, et al. Levetiracetam for partial seizures: results of a double-blind, randomized clinical trial. Neurology. 2000;55:236–42.
  17. ^ Shorvon SD, Lowenthal A, Janz D, et al. Multicenter double-blind, randomized, placebo-controlled trial of levetiracetam as add-on therapy in patients with refractory partial seizures. Epilepsia. 2000;41:1179–86.
  18. ^ 胎児奇形 fatal anomaly” (2004年5月). 2015年2月3日閲覧。
  19. ^ Mawhinney E, Craig J, Morrow J,et al. Levetiracetam in pregnancy results from the UK and Ireland epilepsy and pregnancy registers. Neurology 2013;80:400–405.
  20. ^ Cramer, J.A., Leppik, I.E., De Rue, K., Edrich, P., Krämer, G. Tolerability of levetiracetam in elderly patients with CNS disorders (2003) Epilepsy Research, 56 (2-3), pp. 135-145.
  21. ^ Lynch BA, Lambeng N, Nocka K, et al. (June 2004). "The synaptic vesicle protein SV2A is the binding site for the antiepileptic drug levetiracetam". Proc Natl Acad Sci USA. 101 (26): 9861–6. doi:10.1073/pnas.0308208101. PMC 470764. PMID 15210974. 
  22. ^ Rogawski, MA (June 2006). "Diverse mechanisms of antiepileptic drugs in the development pipeline". Epilepsy Research 69 (3): 273–94. doi:10.1016/j.eplepsyres.2006.02.004. PMC 1562526. PMID 16621450. 


「レベチラセタム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「レベチラセタム」の関連用語

レベチラセタムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

チタン

固形飼料

水マンガン鉱

DVI端子

どんずり

TC-90

ボンバルディア式DHC-8-402型

コーニング





レベチラセタムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2015 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレベチラセタム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS