ルイ14世 (フランス王)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ルイ14世 (フランス王)の意味・解説 

ルイ14世 (フランス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/08 16:19 UTC 版)

ルイ14世(仏:Louis XIV、1638年9月5日 - 1715年9月1日)は、ブルボン朝第3代のフランス王国国王(在位:1643年5月14日 - 1715年9月1日)である。ナバラ王国国王としてはルイス3世(バスク語:Luis III.a)である。ルイ13世の長子であり、妃はスペイン国王であるフェリペ4世の娘マリー・テレーズ・ドートリッシュである。王朝の最盛期を築き、太陽王(Roi-Soleil)と呼ばれた。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ フーケの逮捕は彼のライバルだったコルベールの陰謀であったとする説がある。長谷川 2002,pp.122-123.
  2. ^ ジェームズ1世(在位1603年 - 1625年)の時にイングランドスコットランド同君連合が成立しており、これ以前からイングランド王位と共有されていたアイルランド王位と併せて以降は便宜上「イギリス」と表記する。なお、イングランドとスコットランドが実際に合同して連合王国が成立するのは1707年である。
  3. ^ 1661年の歳入が3280万リーヴルだったのに対し、1683年の歳入は9300万リーヴルに増えている。もっとも歳出は1億900万リーヴルで、2000万リーヴル近い赤字であり、完全な健全化は叶わなかった。メチヴィエ 1955,pp.115-116.
  4. ^ ルイ13世と王妃アンヌ・ドートリッシュとが不仲になった原因は王妃が2度も流産を続けたためであった。ライトナー 1996,pp.204-206.
  5. ^ オリンピア・マンチーニはオーストリアの名将と謳われたオイゲン公の生母であり、オイゲン公はルイ14世の落胤と噂された。中野 2008,p.31.
  6. ^ ルイ14世とマントノン侯爵夫人の秘密結婚の正確な日付には諸説あるが、1683年10月9日とするのが一般的である。ベルセ 2008,pp.47-48.

出典

  1. ^ 『グランド現代百科事典 28 ミツカーヤシキ』(1983年、学研
  2. ^ ルイ14世とバレエ音楽
  3. ^ 長谷川 2002,p.102.
  4. ^ 長谷川 2002,p.96;千葉 1984,p.16..
  5. ^ 長谷川 2002,pp.103-104;吉田 1978,p.8.
  6. ^ 吉田 1978,p.10.
  7. ^ 長谷川 2002,pp.104-105.
  8. ^ 吉田 1978,pp.17-18;成瀬 1968,p.205.
  9. ^ 長谷川 2002,p.109.
  10. ^ 長谷川 2002,p.107.
  11. ^ 長谷川 2002,p.108.
  12. ^ 大野他 1974,p.56.
  13. ^ 吉田 1978,p.12.
  14. ^ 長谷川 2002,pp.112-113.
  15. ^ 長谷川 2002,p.113.
  16. ^ 長谷川 2002,p.114.
  17. ^ 長谷川 2009,p.268.
  18. ^ 成瀬 1978,pp.282-283.
  19. ^ 成瀬 1968,pp.223-224.
  20. ^ 吉田 1978,p.20.
  21. ^ 長谷川 2002,pp.117-118.
  22. ^ 長谷川 2002,p.118.
  23. ^ 千葉 1984,p.59.
  24. ^ メチヴィエ 1955,pp.18-19.
  25. ^ 長谷川 2002,p.121,123.
  26. ^ 長谷川 2002,p.123;山上 1975,pp.227-229.
  27. ^ 林田 1996,pp.201-202.
  28. ^ 山上 1975,p.227.
  29. ^ 長谷川 2009,p.269.
  30. ^ 林田 1996,pp.206-208.
  31. ^ 山上 1975,pp.229-231.
  32. ^ 長谷川 2002,pp.124-125.
  33. ^ a b 長谷川 2002,p.125.
  34. ^ a b Colbertisme とは - コトバンク”. 世界大百科事典 第2版(日立ソリューションズ). 2013年1月27日閲覧。
  35. ^ 長谷川 2002,p.126.
  36. ^ 千葉 1984,pp.88-89.
  37. ^ 千葉 1984,pp.90-91.
  38. ^ シャルトラン 2000,pp.9-13;林田 1996,pp.213-217.
  39. ^ 長谷川 2002,pp.129-130.
  40. ^ 山上 1975,p.236.
  41. ^ ベルセ 2008,p.165;長谷川 2002,p.130;林田 1996,pp.205-206.
  42. ^ 長谷川 2002,pp.130-131.
  43. ^ 『精神障害のある人の人権』
  44. ^ 岩波 2009,p.67.
  45. ^ 千葉 1984, p. 141.
  46. ^ 千葉 1984, pp. 142-143.
  47. ^ 千葉 1984, p. 148.
  48. ^ 千葉 1984, pp. 149-150; 金澤 1966, pp. 56-57.
  49. ^ メチヴィエ 1955, p. 84.
  50. ^ a b 長谷川 2002, p. 134.
  51. ^ 長谷川 2002, p. 135; メチヴィエ 1955, pp. 84-85.
  52. ^ 金澤 1966, p. 58.
  53. ^ 千葉 1984, p. 150; メチヴィエ 1955, p. 85.
  54. ^ 金澤 1966, pp. 58-59.
  55. ^ 金澤 1966, pp. 59-60.
  56. ^ 千葉 1984, p. 151.
  57. ^ 金澤 1966, pp. 61-62
  58. ^ 金澤 1966, p. 62.
  59. ^ 千葉 1984, p. 152; 金澤 1966, p. 63.
  60. ^ 金澤 1966, p. 64.
  61. ^ 金澤 1966, pp. 64-65.
  62. ^ 千葉 1984, pp. 152-153; 金澤 1966, p. 65.
  63. ^ 金澤 1966, pp. 65-66.
  64. ^ 千葉 1984, pp. 153-154; 金澤 1966, pp. 66-69.
  65. ^ 金澤 1966, pp. 69-70.
  66. ^ a b 千葉 1984, pp. 154-155.
  67. ^ 金澤 1966, pp. 71-72.
  68. ^ メチヴィエ 1955, p. 88.
  69. ^ 佐藤 2010b, p. 153; 林田 1996, pp. 225-226.
  70. ^ メチヴィエ 1955, pp. 88-89.
  71. ^ 千葉 1984, p. 156.
  72. ^ 佐藤 2010b, pp. 153-154; 千葉 1984, p. 156.
  73. ^ 千葉 1984, p. 156; メチヴィエ 1955, p. 89.
  74. ^ 千葉 1982,p.104.
  75. ^ 大野他 1974,p.117.
  76. ^ 山上 1975,p.237.
  77. ^ 千葉 1982,pp.101-102.
  78. ^ 中島 2008,pp.44-45.
  79. ^ 中島 2008,pp.36-37;長谷川 2002,p.131.
  80. ^ 中島 2008,pp.37-38.
  81. ^ 中島 2008,pp.46-49.
  82. ^ 中島 2008,pp.90-92;長谷川 2002,p.133.
  83. ^ ベルセ 2008,pp.9-11;長谷川 2002,p.133;林田 1996,p.205.
  84. ^ 中島 2008,p.82.
  85. ^ ルイ14世、ヴェルサイユの庭園の案内役 - ヴェルサイユ宮殿”. ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団. 2013年2月9日閲覧。
  86. ^ 中島 2008,pp.82-89.
  87. ^ ベルセ 2008,pp.11-12;林田 1996,p.231.
  88. ^ 宮廷人 - ヴェルサイユ宮殿”. ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団. 2013年2月9日閲覧。
  89. ^ 長谷川 2009,pp.269-270.
  90. ^ 長谷川 2002,pp.131-134.
  91. ^ 千葉 1984,pp.128-129;メチヴィエ 1955,pp.100-102.
  92. ^ 林田 1996,pp.237-238;千葉 1984,p.129.
  93. ^ Goyau, G.. “"Louis XIV"”. The Catholic Encyclopedia. (Volume IX). New York: Robert Appleton Company. 2013年1月28日閲覧。
  94. ^ a b メチヴィエ 1955,p.103.
  95. ^ 長谷川 2009,p.290.
  96. ^ a b 長谷川 2009,p.293.
  97. ^ 千葉 1984,p.118.
  98. ^ 林田 1996,p.232.
  99. ^ 長谷川 2002,p.129.
  100. ^ 山上 1975,p.259.
  101. ^ a b 山上 1975,p.251.
  102. ^ ベルセ 2008,pp.48-49,51-53.
  103. ^ 千葉 1984,pp.129-130;メチヴィエ 1955,pp.103-104.
  104. ^ 長谷川 2009,pp.273-276.
  105. ^ a b 長谷川 2009,p.272.
  106. ^ ベルセ 2008,pp.109,113-114;千葉 1984,pp.134-135.
  107. ^ 長谷川 2009,p.273.
  108. ^ 山上 1975,pp.258-259.
  109. ^ 佐藤 2010b,p.156.
  110. ^ 千葉治男. “ルイ(14世)- Yahoo!百科事典”. 日本大百科全書(小学館). 2013年2月9日閲覧。
  111. ^ 世界伝記大事典(1981)12,p.150.
  112. ^ ベルセ 2008,pp.52-53.
  113. ^ 長谷川 2002,p.142
  114. ^ 佐藤 2010b,pp.157-158;友野 2004b,pp.175-177.
  115. ^ 松村赳. “名誉革命- Yahoo!百科事典”. 日本大百科全書(小学館). 2013年2月3日閲覧。
  116. ^ a b 友野 2004b,p.177.
  117. ^ 志垣嘉夫. “プファルツ戦争- Yahoo!百科事典”. 日本大百科全書(小学館). 2013年2月3日閲覧。
  118. ^ 佐藤 2010b,p.158;金澤 1966,pp.87-89.
  119. ^ 金澤 1966,p.92.
  120. ^ 佐藤 2010b,p.159.
  121. ^ a b 金澤 1966,p.93.
  122. ^ 長谷川 2002,p.145.
  123. ^ a b 友野 2007,p.12.
  124. ^ a b 長谷川 2002,p.146.
  125. ^ a b 友野 2007,p.13.
  126. ^ 友野 2007,pp.14-15.
  127. ^ 友野 2007,pp.17-18.
  128. ^ a b 友野 2007,p.18.
  129. ^ 友野 2007,p.19.
  130. ^ 友野 2007,p.21.
  131. ^ 友野 2007,pp.21-23.
  132. ^ 友野 2007,pp.22-23.
  133. ^ メチヴィエ 1955,pp.93-94.
  134. ^ メチヴィエ 1955,p.94.
  135. ^ 友野 2007,p.23.
  136. ^ 友野 2007,pp.23-24,27-29.
  137. ^ 友野 2007,pp.25-26;金澤 1966,p.100.
  138. ^ 友野 2007,pp.49-50.
  139. ^ a b 佐藤 2010c,p.152.
  140. ^ 佐藤 2010c,p.157.
  141. ^ 金澤 1966,pp.108-109.
  142. ^ 佐藤 2010d,p.148.
  143. ^ 金澤 1966,pp.110-111.
  144. ^ 長谷川 2002,pp.149-150
  145. ^ 山上 1975,pp.260-263.
  146. ^ 山上 1975,p.263.
  147. ^ 長谷川 2002,pp.155-156.
  148. ^ 千葉 1984,p.193.
  149. ^ 山上 1975,p.265.
  150. ^ 長谷川 2002,pp.154-155.
  151. ^ 長谷川 2002,pp.154-159.
  152. ^ 長谷川 2002,pp.159-161.
  153. ^ 吉田 1978,p.19.
  154. ^ 千葉 1984,p.96.
  155. ^ 山上 1975,pp.239-240;大野他 1974,p.126.
  156. ^ 成瀬 1968,pp.226-227.
  157. ^ 成瀬 1968,pp.228-229.
  158. ^ 成瀬 1968,pp.233-235.
  159. ^ 山上 1975,p.240;大野他 1974,p.123-124.
  160. ^ 千葉 1984,pp.105-106.
  161. ^ 山上 1975,p.241.
  162. ^ 山上 1975,p.240;大野他 1974,p.126.
  163. ^ 国王の食卓 - ヴェルサイユ宮殿”. ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団. 2013年2月8日閲覧。
  164. ^ 千葉 1984,pp.104-105;大野他 1974,pp.119-120;成瀬 1968,pp.259-261.
  165. ^ ベルセ 2008,pp.13-14.
  166. ^ 成瀬 1968,p.261.
  167. ^ 成瀬 1968,p.258.
  168. ^ ライトナー 1996,pp.208-212.
  169. ^ Louis Cromption, Homosexuality and Civilization, London, 1991. The grandson of Henry III, Saint-Luc, penned the irreverent rhyme: 'Become a bugger, Baradas / if you are not already one / like Maugiron my grandfather / and La Valette'.
  170. ^ 山上 1975,p.54-55.
  171. ^ ベルセ 2008,p.68.
  172. ^ ミシュレ 2010,p.204;ライトナー 1996,pp.230-231.
  173. ^ ライトナー 1996,pp.230-231.
  174. ^ ベルセ 2008,pp.69-70.
  175. ^ a b ベルセ 2008,p.34.
  176. ^ 大野他 1974,p.222.
  177. ^ ライトナー 1996,pp.246-247.
  178. ^ 大野他 1974,p.222-223.
  179. ^ 大野他 1974,p.223.
  180. ^ 長谷川 2002,p.140.
  181. ^ 長谷川 2002,pp.139-140.
  182. ^ 千葉 1982,p.107.
  183. ^ 中島 2008,p.116.
  184. ^ 長谷川 2002,pp.140-141.
  185. ^ ベルセ 2008,p.28;長谷川 2002,p.141;千葉 1982,p.107.
  186. ^ 別冊歴史読本55 マリー・アントワネットとヴェルサイユ  133頁(新人物往来社、2003年)
  187. ^ ベルセ 2008,p.36.
  188. ^ ミシュレ 2010,pp.287-299;千葉 1982,p.108;金澤 1966,pp.76-77.
  189. ^ 別冊歴史読本55 マリー・アントワネットとヴェルサイユ  128~131頁(新人物往来社、2003年)
  190. ^ 千葉 1982,pp.108-109.
  191. ^ 千葉 1982,p.109;金澤 1966,pp.77-78.
  192. ^ 川島 2006,pp.121-124;千葉 1982,p.110;金澤 1966,pp.78-79.
  193. ^ 川島 2006,pp.127-129,134;千葉 1982,pp.110-111.
  194. ^ a b 千葉 1982,p.111.
  195. ^ 川島 2006,pp.148-150;金澤 1966,p.82.
  196. ^ 川島 2006,p.149,151.
  197. ^ 川島 2006,pp.151-152
  198. ^ 山上 1975,p.250.
  199. ^ 川島 2006,p.155.
  200. ^ 山上 1975,pp.250-251.
  201. ^ 川島 2006,pp.158-159.
  202. ^ a b 白石嘉治 (1991年). “踊る王から見る王へ− ルイ 14 世治下におけるオペラ再興の一断面”. 上智大学フランス語フランス文学会. 2012年2月3日閲覧。
  203. ^ ボーシャン,P. とは- コトバンク”. 世界大百科事典 第2版(日立ソリューションズ). 2013年2月3日閲覧。
  204. ^ 千葉 1984,p.61.
  205. ^ バーク 2004,p.65,169.
  206. ^ 中野 2008,pp.27-29;バーク 2004,p.169.
  207. ^ 中野 2008,pp.27-29.
  208. ^ ベルセ 2008,pp.34
  209. ^ ベルセ 2008,pp.15-16.
  210. ^ a b サン=シモン - ヴェルサイユ宮殿”. ヴェルサイユ宮殿美術館国有地公団. 2013年2月11日閲覧。
  211. ^ ベルセ 2008,p.16,186.
  212. ^ ベルセ 2008,p.15.
  213. ^ ベルセ 2008,p.185.
  214. ^ ベルセ 2008,p.185;千葉 1982,p.10.
  215. ^ ベルセ 2008,pp.4-5.
  216. ^ ベルセ 2008,p.5.
  217. ^ ミシュレ 2010,pp.531-533.
  218. ^ a b ベルセ 2008,p.187.
  219. ^ ベルセ 2008,pp.124-125.
  220. ^ ベルセ 2008,pp.149-152,187.
  221. ^ ベルセ 2008,pp.188-194.


「ルイ14世 (フランス王)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ルイ14世 (フランス王)」の関連用語

ルイ14世 (フランス王)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

長沼洋

釧路湿原国立公園

ヨーロッパ刺しゅうに適した布地

直火式エスプレッソ

カヌー

並進可

タウン

澄田智





ルイ14世 (フランス王)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルイ14世 (フランス王) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS