リーンスタートアップとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > リーンスタートアップの意味・解説 

リーン・スタートアップ

「リーン・スタートアップ」(lean startup)とは、アメリカ起業家エリック・リース氏が2008年提唱した、起業新規事業などの立ち上げスタートアップ)のためのマネジメント手法のことです。リーンとは日本語で「ムダがなく効率的」という意味で、「かんばん方式」で知られるトヨタ生産方式を他分野応用できるよう再体系化一般化した「リーン生産方式」に由来します。リーン・スタートアップは、事業家思い込み顧客にとって無価値製品サービス開発してしまうことに伴う、時間労力資源情熱ムダをなくすための方法論最低限コストと短いサイクル仮説構築検証繰り返しながら、市場ユーザーニーズ探り当てていくのが特徴です。

リーンスタートアップ

【英】Lean Startup

リーンスタートアップとは、事業立ち上げに関する方法論のうち、仮説構築製品実装、および軌道修正、という過程迅速に繰り返すことによって、無駄な無価値要素最小限抑えつつ素早く改良続け成功近づく、というビジネス開発手法である。

リーンスタートアップでは、まずは最低限実用に足る製品Minimum Viable Product)をできるだけ迅速に構築してユーザー提供する利用者反応検証して得られた結果をもとに、当初事業アイデア改良軌道修正を図る。消費者需要をつかむために必要な最小限プロセスのみを繰り返すことで、成功につながらない(非本質的な要素対す時間資金・あるいは情熱などの浪費を省くことが重視される。

リーンスタートアップはエンジニア出身シリアルアントレプレナー、エリック・リース(Eric Ries)により2011年にはじめて提唱された。なおリーンスタートアップの「リーン」(lean)には「余分な肉がなく細い」といった意味がある

素早く製品開発改良重ねるという過程重視する製品開発サイクルとしてはアジャイル開発手法なども知られているが、アジャイル製品開発手法であり開発焦点が当たる。リーンスタートアップはビジネス開発手法であり事業アイデアそのもの主な修正改良対象になる。


参照リンク
The Lean Startup
企業活動のほかの用語一覧
ビジネス戦略:  ODM  PMP  PDCAサイクル  リーンスタートアップ  ロードマップ  SWOT分析  サテライトオフィス




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リーンスタートアップ」の関連用語

リーンスタートアップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

arrows SV F-03H

microSDHC

REGZA Phone T-01C

Kindle Keyboard

JustPix for Apache

EV SSL証明書

Xeon 7500

アークスライド





リーンスタートアップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリーンスタートアップの記事を利用しております。

©2017 Weblio RSS