ラーゼフォンとは?

ラーゼフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/18 06:16 UTC 版)

ラーゼフォン』(Rahxephon)は、ラーゼフォン製作委員会とフジテレビの製作によるロボットSFラブストーリーTVアニメ。全26話。2002年1月21日から2002年9月10日までフジテレビで放送された。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 第19楽章「ブルーフレンド」もライディーンの「地獄の射手マダンガー」へのオマージュであるという。出渕はこの回のゲストヒロイン、岬ユリカの大ファンであり、インタビュー[要文献特定詳細情報]やライディーンのLDのライナー[要文献特定詳細情報]などでも繰り返し語っている。
  2. ^ 観測者になったため、「人」として過ごすことが出来ない為。
  3. ^ 小説版「夢みる卵」では樹のアザと見た事で彼が綾人の弟と気付いた為と語られている。
  4. ^ 孤独と言う意味であり、八雲がムーリアンであるという訳ではない。
  5. ^ TV版のような役職は明示されていない。
  6. ^ 劇場版では、「メトロノーム」が見えていることは省かれている。
  7. ^ 東京から脱出したからか、急激な記憶喪失になってしまい、両親のこと・守のことを忘れていった。
  8. ^ 一度打ち明けようとしたが、丁度そばをトラックが通りかかり、打ち明けることが出来なかった。ただし、逃亡中に胸中にあることをメモしており、最期に「サヨナラ」を残している。
  9. ^ 綾人は「大事な人がいる」ということは覚えているが、それが「誰」なのかは忘れている。
  10. ^ 劇場版では、所謂「調律後の世界」について、綾人と遙及び美嶋のその後しか語られていないため、TV版のように浩子と結ばれたのかは不明。
  11. ^ TV版の亘理長官のこと
  12. ^ 既に血の色は青色へ変色していた。
  13. ^ 功刀が十文字の変わりに狂言回しを担ったことと、功刀との過去の因縁が省かれている為。
  14. ^ 他にも「ドーレム」「出来損ない」の意味を持たせられている。
  15. ^ 「ダウンフォール作戦」発動させた後、出番なし。
  16. ^ 「人が視覚して認識できるものなど、神ではない」と断罪される
  17. ^ 第10楽章から深夜帯に移動

出典

  1. ^ 漫画版3巻の出渕のコメント
  2. ^ a b 公式サイト・キャラクター紹介(2016年5月26日時点のアーカイブ
  3. ^ 公式サイト・キャラクター紹介(2016年7月26日時点のアーカイブ
  4. ^ 単行本第1巻、巻末のコメントにて。
  5. ^ 単行本1、3巻の巻末漫画より。







固有名詞の分類

フジテレビ系アニメ どっきりドクター  のらくろ  ラーゼフォン  ワイワイ!アニメランド  一発貫太くん
2002年のテレビアニメ ラーゼフォン  ベイベーばあちゃん  THE ビッグオー  チョーク・ゾーン  王ドロボウJING
フジテレビの深夜アニメ GANTZ  ラーゼフォン  GAD GUARD  L/R -Licensed by Royal-  藍より青し
アニメ作品 ら ラーゼフォン  RIDEBACK  ラマになった王様2 クロンクのノリノリ大作戦  らいむいろ戦奇譚  らぶドル 〜Lovely Idol〜
漫画作品 ら ラブ・モンスター  ラーゼフォン  楽園Node  ラストニュース  RIDEBACK
MF文庫J きゅーきゅーキュート!  ラーゼフォン  神様家族  「嘘」シリーズ  らぶジェネ!
徳間デュアル文庫 ラーゼフォン  自転地球儀世界  ギロチンマシン中村奈々子  ナイトウォッチ三部作  徳間デュアル文庫

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラーゼフォン」の関連用語

ラーゼフォンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

広江 博之

オーケイ

ガーンジー

ブレーキ式摩擦溶接

黒田清隆

ニットボトム

カンムリシロムク

PC-98XA





ラーゼフォンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラーゼフォン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS