ラグビーフットボールとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > ラグビーフットボールの意味・解説 

ラグビーフットボール

歴史と沿革


ラグビー1820年から30年の間頃にイギリスで始まったとされています。特に、1823年イギリスラグビー校ウェブ・エリス少年フットボール試合中にボールを手に持って走ったことが発祥といわれています。ラグビーとして初めてのルール1845年に作られました。

日本ラグビーが伝わったのは今から100年上前1899年で、以後大学中心に発展していきました。東は東京都港区の秩父宮ラグビー場、西は大阪府東大阪市近鉄花園ラグビー場聖地といわれ、戦前戦後多く熱戦繰り広げられてきました。国際的には1987年から始まったラグビーワールドカップ4年一度行われており、日本代表2011年大会も含め、7大会連続出場決めています。


国内ラグビーは、各地域の社会人リーグ基盤発展し、社会人ラグビー日本選手権大会では新日鐵釜石神戸製鋼が7連覇するなどスタジアムを沸かせてきました。2003年には日本最高峰全国リーグジャパンラグビートップリーグ」がスタートしています。年末から年始にかけては、全国大学選手権大会2010年度に90大会迎え近鉄花園ラグビー場行われる全国高校ラグビー大会などがあいついで開催され、ラグビー冬の風物詩として多くファンに楽しまれています。


若年層でもラグビースクール中心に活動が盛んです。たとえば、タグラグビー(タックルのないタグをつけて行う競技)は2010年から小学校学習指導要領掲載されるなど、ラグビー普及一環として期待されています。

国際的には近年2016年リオデジャネイロ五輪から男女7人制ラグビーの正式種目採用決まり、さらにラグビーワールドカップ2019大会日本開催決定しました。こうしたラグビー界の世界的なうねりの中で、今後日本ラグビーさらなる発展期待されると同時に国内での普及強化が急がれています。


競技方法


 



ラグビー原則は、主にボール争奪攻撃プレー継続防御ボールの再獲得からなっています。ボール争奪接触プレースクラムラインアウトキックなどで行われます。攻撃ではグラウンド縦横スペース活用し、ボールパスし、ボールを持って走り長短使い分けるキック活用して、ラックモールなどの激し密集プレー行います。防御では勇気あるタックル攻撃阻止し、ボール奪取目指します。

試合中にはさまざまな局面があり、さまざまな選択肢プレーが可能です。選手求められるスキル多様性に富み、いろいろな能力身体的特性をもつ選手チームの中で活躍することができます

さらに、「One for all, All for one」の精神のように、自己犠牲仲間信頼してプレーすることも大切な要素です。試合が終わった後は、ノーサイド精神で、敵味方分け隔てなく相手敬意を表し、仲間大切にすることを尊びます。


ルール


ラグビー15名、または7名からなる2つのチ一ムが、スポーツ精神に則り、ボールを持って走りパスキックおよびグラウンディング(ボール接地させること)して、できるだけ得点を挙げ、より多く得点をしたチーム勝者となります。

15人制も7人制も同じ広さフィールドを使って競技行いますが、人数少ない分、7人制はコンタクトプレーが少なくボール大きく動きダイナミックプレー見られます。

一方15人制スクラムラインアウトなどセットプレーが重要とされ、コンタクトプレーの局面多くなります。さまざまな状況発生するので、力が強い選手や足が速い選手など、さまざまな特性を持った選手が必要とされます。

ラグビー試合時間前半40分、後半40分の80分で行われます。ハーフタイム10分が主流ですが、ルールでは15以内規定されており、2011年ワールドカップ12分で行われます。

ボール前進させるにはボールを持って走ったり、キック使います。また、味方パスをして進むこともできますが、自分よりも前にボール投げることはできません。

代表的反則

ノックオンボール前に落とすこと。相手側にフリーキックFK)が与えられる

スローフォワードボール前にパスすること。相手側にFK与えられる

オフサイド:主にボールプレーされている場所よりも前方敵陣側にいる選手プレー参加すると適用される反則相手側にペナルティーキックPK)が与えられる

ノットロールアウェイタックルをした選手もしくはされた選手ボールから離れプレー妨げること。相手側にPK与えられる

ノットリリースザボールタックルされた選手ボール抱えたまま放さないこと。相手側にPK与えられる

* フリーキック…(FK
 比較的軽い反則に対して反則を受けた側に与えられるゴールを狙うことはできない

* ペナルティーキック…(PK
 重い反則に対して反則を受けた側に与えられるペナルティーゴールを狙うこともできる。

*より詳しい競技説明ルールについては、こちらご参照ください



ラグビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/11 09:01 UTC 版)

(ラグビーフットボール から転送)

ラグビー: rugby)は、イギリスラグビー校発祥のフットボールの一種。現在、ラグビーユニオンラグビーリーグの2つのスポーツとして主に行われている。和名を闘球(とうきゅう)という。かつてはラ式蹴球(らしきしゅうきゅう)とも言われた。




  1. ^ 日本の資料ではしばしば「エリス少年がサッカーの試合中にボールを持って走り出した」という記述が見受けられるが、これは両者の祖である「原始フットボール」を指している英文中の「football」という単語を「サッカー」の別称である「フットボール」との混同に由来する誤解である。そもそも当時はまだサッカーとラグビーは未分化であり、両者が完全に分かれたのもそれより40年経った後のことである。


「ラグビー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ラグビーフットボールに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラグビーフットボール」の関連用語

ラグビーフットボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブルームボール

シャトルボール

ユニカール

卓球

グラススキー

パワーリフティング

カバディ

サッカー





ラグビーフットボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラグビー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS