ラオスにおけるコーヒー生産とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ラオスにおけるコーヒー生産の意味・解説 

ラオスにおけるコーヒー生産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/10 13:32 UTC 版)

ラオスではロブスタ種アラビカ種の2つの主力種が栽培されている。ロブスタ種は主にラオスで日常的に飲用されているコンデンスミルクを入れて甘くして飲むレギュラーコーヒー用として栽培されている。アラビカ種はマイルドな味のため高品質とされ、エスプレッソ向けに栽培されている。年間20,000トンの生産量があり、うちアラビカ種が5,000トン、ロブスタ種が15,000トンである[1]




  1. ^ Coffee production in Laosexpart abisolity January-19-2011
  2. ^ Lao coffee historysinouk-cafe
  3. ^ Saffron Coffee Brings Economic Opportunity to Laos Farmerstriplepundit Friday, Oct 1st, 2010
  4. ^ a b Minorities, Waterfalls, Jungle and Coffee plantationsbolaven.com
  5. ^ a b The Lao Coffee StoryLao Mountain Coffee


「ラオスにおけるコーヒー生産」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラオスにおけるコーヒー生産」の関連用語

ラオスにおけるコーヒー生産のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

石段

水晶

ダグラス式MD-90-30型

ブラック イタリアン

2002FIFAワールドカップ™記念500円ニッケル黄銅貨幣

ヴィッツ

一升瓶包み

ヤマグワ





ラオスにおけるコーヒー生産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラオスにおけるコーヒー生産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS