ラエリアン・ムーブメントとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ラエリアン・ムーブメントの意味・解説 

ラエリアン・ムーブメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/20 20:30 UTC 版)

ラエリアン・ムーブメント(Raëlian movement)は「ラエル」(Raël)ことフランス人のモータースポーツ系ジャーナリスト、クロード・モーリス・マルセル・ヴォリロン(Claude Maurice Marcel Vorilhon、1946年9月30日 - )が創始した新宗教[1](宗教法人として登記はされていない)。欧米ではラエリズム(Raëlism)と呼ばれる場合もある。本部はスイスジュネーヴにある。シンボルマークは六芒星逆卍を組み合わせた「ラエリアン・マーク」で、人類の創造者「エロヒム」のマークとされる。






「ラエリアン・ムーブメント」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ラエリアン・ムーブメントに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラエリアン・ムーブメント」の関連用語

ラエリアン・ムーブメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゴマソイ

ホオジロガモ

改装

FDLコンパクト蛍光灯

池田成彬

ヒプシロフォドン・フォクシイ

男木島灯台

出隅部





ラエリアン・ムーブメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラエリアン・ムーブメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS