ラエリアン・ムーブメントとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ラエリアン・ムーブメントの意味・解説 

ラエリアン・ムーブメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/20 20:30 UTC 版)

ラエリアン・ムーブメント(Raëlian movement)は「ラエル」(Raël)ことフランス人のモータースポーツ系ジャーナリスト、クロード・モーリス・マルセル・ヴォリロン(Claude Maurice Marcel Vorilhon、1946年9月30日 - )が創始した新宗教[1](宗教法人として登記はされていない)。欧米ではラエリズム(Raëlism)と呼ばれる場合もある。本部はスイスジュネーヴにある。シンボルマークは六芒星逆卍を組み合わせた「ラエリアン・マーク」で、人類の創造者「エロヒム」のマークとされる。






「ラエリアン・ムーブメント」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラエリアン・ムーブメント」の関連用語

ラエリアン・ムーブメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ペダータ

軒桁

K 1200 LT

荒見川

大悪尉

2002FIFAワールドカップ™記念1,000円銀貨幣

ヴォクシー

恵利原の水穴





ラエリアン・ムーブメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラエリアン・ムーブメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS