ラウムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > トヨタの車種 > ラウムの意味・解説 

ラウム

ラウム

 2WDフレックスフルタイム4WD
ラウム ラウム
“S Package“G Package  “S Package “G Package 
車両型式重量性能
CBA-
NCZ20-
AHPXK
CBA-
NCZ25-
AHPXK
車両重量kg
1,150 *2 *3
1,150 *2 *4
1,140 *2 *4
1,220 *2 *3
1,220 *2
1,220 *2
車両総重量kg
1,425 *2 *3
1,425 *2 *4
1,415 *2 *4
1,495 *2 *3
1,495 *2
1,495 *2
最小回転半径m
5.5
4.9 *5
4.9
燃料消費率
10・15モード走行
国土交通省審査値)
km/L
16.215.0
主要燃費向上対策可変バルブタイミングロックアップ機構トルコン充電制御
寸法定員
全長mm
4,045
全幅mm
1,690
全高mm
1,5351,545
ホイールベースmm
2,500
トレッド
フロントmm
1,4551,450
リヤmm
1,4301,420
最低地上高mm
150140
室内
mm
1,9902,000
mm
1,400
mm
1,220
乗車定員
5
エンジン
型式1NZ-
FE
種類水冷直列4気筒DOHC
内径×行程mm
75.0×84.7
圧縮比10.5
総排気量L
1.496
最高出力ネット
kW(PS)/r.p.m.
80109)/6,00077105)/6,000
最大トルク
ネット
N・m(kg・m)/r.p.m.
141(14.4)/4,200138(14.1)/4,200
燃料供給装置EFI電子制御式燃料噴射装置
燃料タンク容量L
45
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
■ステアリング・サスペンション・ブレーキ・駆動方式
ステアリングラック&ピニオン
サスペンションフロントストラットコイルスプリング
リヤトーションビーム式コイルスプリングトレーリング車軸式コイルスプリング
ブレーキフロントベンチレーテッドディスク
リヤリーディングトレーリング式ドラム
駆動方式前輪駆動方式4輪駆動方式
トランスミッション変速比減速比
トランスミッションスーパーインテリジェント4速オートマチックSuper ECT
第1速2.847
第2速1.552
第3速1.000
第4速0.700
後退2.343
減速比3.9244.130

*3 ディスチャージヘッドランプメーカーオプション装着した場合10kg増加します。
*4 フレンドリーシートをメーカーオプション装着した場合20kg増加します。
*5 185/55R15 81V 5.5JJアルミホイール装着時は5.5mとなります。
燃料消費率定められた試験条件のもとでの値です。実際走行時には、この条件気象道路車両、運転、整備等の状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率異なります。
*1 “S Package”“G Package”の車両形式末尾には、それぞれ(S)(G)がつきます。
*2 HDDナビゲーションシステム+音声ガイダンス機能付バックガイドモニターをメーカーオプション装着した場合10kg増加します。
(注:この情報2008年7月現在のものです)

ラウム

英語 Raum

英語のroomに相当するドイツ語で、空間を指す。その名のとおり小さサイズながら室内空間大きい。1997年5月初代モデル発売した。

ターセルコルサベースとするワゴンタイプ車だった2520mmのホイールベースターセルコルサの2380mmよりも長かった。2列シートをもち、定員は5名。リヤドアはスライド式を採用RV的だが、トヨタではこれを、未来セダン先取りしたクルマ、と説明した。背の高いこともその理由からだった。フロアはほぼフラットウォークスルーが可能であり、これもこのクラスでは新しかった。エンジン4気筒DOHC16バルブの1.5L(94ps)を搭載当初FF車だけだったが、97年8月には4WD車も設定した。

99年8月マイナーチェンジでは、リヤシート折りたためるフラットデッキモデルを追加外観ではフロントまわりとリヤコンビネーションランプデザイン変更室内では全車にタコメーターチルトステアリング、センターコンソールトレイを標準化した。2002年4月にはFF車国土交通省の良-低排出ガス車認定を受けた。同時に新外板色の追加ホイールキャップ意匠変更などの改良を行った。

2003年5月、2代目生まれ変わった寸法的な変更ごくわずかだが、助手席側のセンターピラーを廃し、さらに助手席にタンブルシートを採用することで、乗降性の向上と大開口を実現した。ユニバーサルデザイン開発テーマというだけに「やさしく、使いやすい」がポイント各種スイッチ類に日本語表記活用したり、アシストグリップの多用もそのあらわれ天然タンパク質付与したというフルシール加エシート、IR(赤外線)カット付き窓ガラスIRセンサー付きオートエアコンなど、これまでにない装置も目立つ。

エンジン排気量は1.5Lで変わらないが、5E-FE型からカローラなどに使う1NZ-FE型に換装した。ミッションスーパーECTだけ。グレードはベースモデルとC、G、Sパッケージの計4種。それぞれに2WD4WD車を設定する。

ラウム

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ラウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/01 02:34 UTC 版)

ラウム







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ラウム」の関連用語

ラウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カローラ アクシオ

ハイブリッドエンジン

ジャン・アレジ

カローラ フィールダー

セルシオ

アベンシス セダン

ティレル

イプサム


自動車メーカー一覧
トヨタの車種一覧

 ALLION

 ALPHARD

 auris

 AVENSIS SEDAN

 AVENSIS WAGON

 bB

 BELTA

 BLADE

 CAMRY

 Century

 COASTER

 COMFORT

 COROLLA Axio

 COROLLA FIELDER

 COROLLA RUMION

 CROWN ATHLETE

 CROWN COMFORT

 CROWN HYBRID

 CROWN MAJESTA

 CROWN ROYAL

 CROWN SEDAN

 ESTIMA

 HARREIER HYBRID

 harrier

 HILUX SURF

 IPSUM

 ISIS

 ist

 LAND CRUISER

 LAND CRUISER PRADO

 LITE ACE TRUCK

 LITE ACE VAN

 MARKX

 MARKX ZiO

 NOAH

 PASSO

 Porte

 PREMIO

 PRIUS

 Probox VAN

 Probox WAGON

 QUICKDELIVERY200

 RACTIS

 RAUM

 RAV4

 RUSH

 SIENTA

 SUCCEED VAN

 SUCCEED WAGON

 TOWN ACE TRUCK

 TOWN ACE VAN

 VANGUARD

 VELLFIRE

 Vitz

 VOXY

 WISH

 アイシス

 アベンシス セダン

 アベンシス ワゴン

 アリオン

 アルファード

 イスト

 イプサム

 ウィッシュ

 ヴァンガード

 ヴィッツ

 ヴェルファイア

 ヴォクシー

 エスティマ

 エスティマハイブリッド

 オーリス

 カムリ

 カローラ アクシオ

 カローラ フィールダー

 カローラ ルミオン

 クイックデリバリー200

 クラウン アスリート

 クラウン セダン

 クラウン ハイブリッド

 クラウン マジェスタ

 クラウン ロイヤルサルーン

 クラウンコンフォート

 コンフォート

 コースター

 サクシード バン

 サクシード ワゴン

 シエンタ

 センチュリー

 タウンエース トラック

 タウンエース バン

 ノア

 ハイラックス サーフ

 ハリアー

 ハリアー ハイブリッド

 パッソ

 プリウス

 プレミオ

 プロボックス バン

 プロボックス ワゴン

 ポルテ

 ビービー

 ブレイド

 ベルタ

 マークX

 マークX ジオ

 ライトエース トラック

 ライトエース バン

 ラウム

 ラクティス

 ラッシュ

 ランドクルーザー

 ランドクルーザー プラド




ラウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
TOYOTATOYOTA
©1995-2016 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS