ヨドバシ梅田とは?

ヨドバシ梅田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/02 07:34 UTC 版)

ヨドバシ梅田(ヨドバシうめだ)は、大阪府大阪市北区大深町(JR大阪駅前)にある複合商業施設。大手家電量販店の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」をはじめ、多数のテナントが入居している。日本の家電量販店の中で最大の規模の店舗で、またマルチメディア梅田は単独店舗で年商1000億円を上回る[3]


[ヘルプ]
  1. ^ 国鉄清算事業団が旧国鉄用地の一部を再開発・売却するために立ち上げた子会社である。
  2. ^ a b c ヨドバシ梅田タワーが2019年秋竣工。地上34階で観光バス発着も - AV Watch(2016年8月31日付、同日閲覧)
  3. ^ a b 株式会社ヨドバシカメラ. “ヨドバシカメラの歩み”. 2011年2月26日閲覧。
  4. ^ 参考文献 1997年3月6日発行 日経MJ(日経流通新聞)1面「老舗に1010億円パンチ」
  5. ^ a b ヨドバシカメラが「マルチメディア梅田」北側に新ビル建設 - 産経新聞(2011年11月11日付、2011年11月11日閲覧)
  6. ^ ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について - 株式会社ヨドバシカメラ(2016年8月31日付、同日閲覧)
  7. ^ 阪急阪神、大阪最大ホテル 梅田に19年冬 ヨドバシ新ビル、1000室 - 日本経済新聞 2017年9月29日(2017年10月2日閲覧)
  8. ^ 大阪のヨドバシ初日、5,000人を越える異常な出足! 〜18%のポイント還元も効果か - PC Watch(2001年11月22日付、2010年4月2日閲覧)
  9. ^ 参考文献 2001年12月4日発行 日経MJ(日経流通新聞)4面
  10. ^ a b ヨドバシ、大阪・梅田店を2割増床 日本経済新聞
  11. ^ JR大阪駅:北側、危ない横断 障害者、妊婦にきつい50段の階段…柵越え近道毎日新聞 2011年5月21日 大阪夕刊
  12. ^ 2Fアトリウム広場と高速バスターミナル北側歩道とを結ぶ階段とエレベータは仮設のものであり、大阪駅北地区「うめきた」の先行開発地域「グランフロント大阪」が完成する2013年春には撤去される予定である。
  13. ^ 11月定例社長会見 西日本旅客鉄道 2011年11月16日
  14. ^ ヨドバシが梅田に新ビル、15年にも大型商業施設 読売新聞 2011年11月12日
  15. ^ ヨドバシ梅田 「ペデストリアンデッキ先行工事」 2017年6月30日に完成いたします - ヨドバシカメラ 2017年月14日(2017年7月10日閲覧)
  16. ^ ヨドバシAkibaのテナント募集のサイト(ヨドバシ梅田のホームページからリンクできた。現在は閉鎖)に参考資料としてヨドバシ梅田の来客数が記載されていた。
  17. ^ ヨドバシ梅田、ヨドバシカメラマルチメディアへお越しの方は次でお降りください」とアナウンスされる。
  18. ^ 駐車場
  19. ^ ヨドバシカメラ、職安法抵触の疑い ヘルパーが棚卸し asahi.com
  20. ^ ヨドバシカメラ:少年への有害玩具販売で書類送検 大阪 毎日新聞 2008年9月26日
  21. ^ ヨドバシカメラを書類送検 高校生に強力なエアガンを販売 産経新聞 2008年9月26日


「ヨドバシ梅田」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヨドバシ梅田」の関連用語

ヨドバシ梅田のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

ハーフタング

玉つき2本針

ロストワックス法

インテリマウスオプティカル

U-125

マーキース

921SH

フライド エッグ





ヨドバシ梅田のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヨドバシ梅田 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS