ユニホックとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > ユニホックの意味・解説 

ユニホック

歴史と沿革

ユニホックは、1968年スウェーデンのカール・オーケ・アールクヴィスト氏が考案し、1978年スウェーデン大使館通して日本本格的導入されたニュースポーツです。


当初は、誰でも手軽出来るレクリエーションスポーツとして導入されましたが、その普及理念により、運動量競技性・意外性などの長所が見出され、幼児児童中高年高齢者もとより若者まで楽しめるスポーツとして幅広く普及してきました。現在、国内では約50,000人の人々がこのユニホックを楽しんでいます。

日本ユニホック協会毎年4つの大会全国ユニホック大会全国シニアユニホック大会全国小学生中学生ユニホック大会日本ユニホック選手権)を開催しています。また、各種認定講習会の開催と、「感じ考え行動する」人間的偏差値の高い青少年育成目指す青少年サマースクール実施しています。


競技方法


ユニホックは、6人ずつのプレーヤーからなる、2チームによってプレーされます。競技は、相手チームゴールスティックを使ってボールシュートストローク)し得点競うことと、相手チームボール得点させないように防ぐことによって展開されます。プレー中はルールに従い、ボールをどの方向にでもパスし、ドリブルし、ヒットすることができます

競技時間は、前・後それぞれ10分とし、ハーフタイム2分間休憩設けチェンジコート行います。ただし、競技時間は、日程、その他の事由により変更認められます。試合同点終了したときは、主催者の判断PS(ペナルティーストローク)戦やVゴール方式による延長戦、または抽選などによって勝者決定します。


競技は、センターラインをはさんで自陣コート入り、センターポイントにおいてフェイスオフセンターフォワードボール取り合う)することにより開始します。得点は、1ゴール1ポイントで、ボールゴールポスト内に入って得点となります。メンバーチェンジ競技中断することなく行い回数制限はありません。


ルール

ユニホックでは以下の18違反行為としています。

1. キッキングザボール: ボールを足で蹴ったり、踏んで変形させること。
2. ハイスティック: スティックブレード全体を膝より上に上げプレーすること。
3. スライディングストローク: 手や膝を床についたり、寝そべってプレーすること。
4. スローイングザ・スティック: スティック投げたり落としたりすること。
5. ハッキングザボール: 空中ボールを頭、手又は腕で止めること。また、ジャンプしてボール止めること。
6. ダブルストローク: フリーストロークをしたプレーヤー2度続けボールを打つ(触れる)こと。
7. クラッシング: スティック相手プレーヤースティック打ったり、押さえたり、持ち上げたりすること。
8. ステップインオフェンス: 足などが、相手チームゴールエリア内に踏み入ったりすること。
9. ステップインディフェンス: 足などが、味方チームゴールエリア内に踏み入ったりすること。
10. チャージング: 相手チームプレーヤーに対して、押す、つかむ、タックルする、蹴るなどの危険な行為をすること。
11. フッキング: 相手チームプレーヤーの股の間にスティックを入れてプレーすること。
12. スティックインゴール: スティックゴール内に入れてプレーすること。
13. プッシングザゴール: ゴールポストを動かしたり、握ってプレーすること。
14. オーバーザエリア: ゴールエリア斜めに横切ったり、ゴール飛び越えること。
15. ファウルスティック: グリップエンドを膝より下に下げプレーすること。
16. シャフトボール: 膝より上のボールシャフト操作すること。
17. オーバータイム: フリーストローク、ペナルティーストロークを行うプレーヤーが、レフリー合図から3秒以上経過してプレーすること。
18. オブストラクション: その他、危険な行為、及び相手チーム・レフリーに対して暴言を吐くなどの行為

コート

コートは、高さ18~40cmの協会認定フェンスに囲まれた縦20~30m、横10~15mとします。(フェンスがない場合は、代わりのものをフェンスとして用いる。また、ラインだけでも競技できます。)


用具

スティック
協会認定品のスティックを用い、頭部両面ブレード)を使用してプレーします。

ボール
協会認定品のプラスチック製の外覆のみで出来た26個の穴の開いたボール使用します。

ゴール
100~105cm×高さ90cm×奥行き45~50cmで、上部があるものは奥行き5cm協会認定品を使用します。

●フェイスガード
連盟推奨するものを、ゴールキーパーもちろんのこと、フィールドプレーヤーも使用することが望ましい。


参照リンク:

日本ユニホック協会
http://www.unihoc.jp/


フロアボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/19 19:35 UTC 版)

(ユニホック から転送)

フロアボール(英語:floorball スウェーデン語:Innebandy)(ユニホック(Unihoc)、ユニバーサルホッケー(Universal Hockey)(ユニホッケー; Unihockey)[1])とは、スティックを使ってプラスチック製のボールを相手チームのゴールに入れて得点を競う、室内で行う団体球技である。フロアボールが盛んな地域はスウェーデンフィンランドスイスなどである。またノルウェーチェコカナダシンガポール日本オーストラリアアメリカなどでも行われている。




[ヘルプ]
  1. ^ 団体名に、UnihockeyとFloorballの両方を入れている団体もある。Ontario Floorball/Unihockey FederationFederazione Italiana Unihockey Floorball
  2. ^ 原文:composite。プラスチックと訳したが、ちょっと自信が無い (訳者)
  3. ^ trouserとなっている。正式なスポーツ用語が分からないので、とりあえずズボンでおいておく
  4. ^ この続きでand must not augment the area as covered by the goalie without the protective wear.と言う分になっている。未訳
  5. ^ オンタリオ・フロアボール/ユニホッケー連盟 New York Wins ECT; FCT Finishes Fourth 2007年9月3日


「フロアボール」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ユニホックに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ユニホック」の関連用語

ユニホックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カバディ

アメリカンフットボール

セイルトレーニング

ラケットボール

ホステリング

サイクルサッカー

ゲートボール

パラシュートスポーツ





ユニホックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフロアボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS