ヤドリギレクチンとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > ヤドリギレクチンの意味・解説 

ヤドリギレクチン

【仮名】やどりぎれくちん
原文mistletoe lectin

ヤドリギから抽出され、がんの治療薬として研究されている物質レクチン蛋白と糖の両方をもつ複合分子である。レクチン細胞外側結合して、細胞内の生化学変化引き起こすことができる。レクチン動物植物のいずれでも作られる。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ヤドリギレクチンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

飴玉の木

シルバーライン

剣山国定公園

FM TOWNS

FLIR

セミサブマーシブル・リグ

桂葉清水

ラトゥール





ヤドリギレクチンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2017 Weblio RSS