モールスとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 電気史偉人典 > モールスの意味・解説 

モールス (Morse, Samuel Finley Breese)

モールスという人は

サミュエル・フィンレイ・ブリース・モールス サミュエル・フィンレイ・
ブリース・モールス

マサチューセッツ州チャールズタウンイギリス移民牧師の子として生まれエール大学卒業する。 ロンドンで絵を学び肖像画家、彫刻家として有名になる。

アメリカ一流画家である。 欧州画廊散策し、帰国船内でたまたまC.T.ジャクソン博士一緒になり、 博士暇つぶし電気電信実験談を聞かされる。 電気への興味は若い頃から持ってはいたモールスは、電気信号瞬間的回路を巡ることに興味をおぼえた。

モールスの主な経歴

モールスの電信機 モールスの電信機

1837年電信機発明する。電磁石を用いた最初実用的電信機開発であり、ニューヨーク大学で500mの電線張り、短点と長点組み合わせによるモールス信号呼ばれる電文伝送公開実験する。 電信機構造は、電磁石用いて鉄片を引き、その運動を介して時計仕掛けゼンマイの力で紙を送る機構用いており、 巻紙の上鉄片連動するインクペンでしるしをつけるものであった。 同年イギリスではクックホイートストン電信機発明している。

1844年ワシントンボルチモア間約60kmの電信試験線を架設する認可議会からとりつけ、これを完成させる。 1本の電線をつたわる電気パルスによって、メッセージ送信する単純なもので、電気スイッチを指が押している間のみ電流を流すというものであった。

モールス信号

電信する文字使用頻度調査し、頻度が高いもの程簡単に発信できる符号としていた。 迅速な送受信が可能であり、1850年代には国際モールス信号誕生し、世界標準として重宝することになる。

日本では、1926年旧海軍導入している。船舶などの通信では長く用いられてきたが、信号文字変換したり発信したりするのには訓練を受けた通信士が必要であった。 通信衛星普及デジタル技術発展により、1996年海上保安庁モールス信号使用終了した。

サミュエル・フィンレイ・ブリース・モールス

1826年ニューヨークにナショナル・アカデミー・オブ・デザインを設立し、その初代所長就任1832年ニューヨーク大学絵画および彫刻教授就任


モールス

名前 MorseMauriceMaurusMorus

モールス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/04/13 13:21 UTC 版)

モールス (Morse)




「モールス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「モールス」の関連用語

モールスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ノーベル

フェランティ

ファラデー

ワット

ミュッセンブルーク

ニュートン

ホプキンソン

フレミング





モールスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2017 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモールス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS