モーリタニアとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > イスラム共和国 > モーリタニアの意味・解説 

モーリタニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/20 16:36 UTC 版)

モーリタニア・イスラム共和国(モーリタニア・イスラムきょうわこく、アラビア語: الجمهورية الإسلامية الموريتانية‎)、通称モーリタニアは、アフリカ北西部に位置する共和制国家。 北西にモロッコサハラ・アラブ民主共和国)、北東にアルジェリア、東と南にマリ、南西にセネガルと国境を接し、西は大西洋に面する。 大西洋沖の西にはカーボベルデが存在する。 首都はヌアクショット2015年の人口は約406.8万人。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([1]
  2. ^ ラテン文字翻字:Al-Jumhuriya al-Islamiya al-Muritaniya
  3. ^ BBC World,Breaking News
  4. ^ http://www.cnn.co.jp/world/CNN200808060035.html
  5. ^ “モーリタニアでクーデター 軍が大統領ら拘束”. 47NEWS. 共同通信. (2008年8月6日). http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080601000915.html 2011年2月19日閲覧。 
  6. ^ 外務省 モーリタニア基礎データ
  7. ^ 外務省 モーリタニア基礎データ
  8. ^ テレビ東京『ありえへん世界』〜99%行かない国!?世界の秘境SP〜 6月6日午後6:30〜8:54 「西アフリカ・サハラ砂漠の国『モーリタニア』こんな所にも日本が!〜日本人が食べているタコの3割は"モーリタニア産"!?〜」番組内の説明より抜粋。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n 前野浩太郎 (著) バッタを倒しにアフリカへ 光文社新書 2017年
  10. ^ テレビ東京『ありえへん世界』〜99%行かない国!?世界の秘境SP〜 6月6日午後6:30〜8:54 「西アフリカ・サハラ砂漠の国『モーリタニア』〜230両…約3km "世界一長い電車"」番組内の説明より抜粋。
  11. ^ CIA - The World Factbook
  12. ^ cia.gov
  13. ^ 日本語では通常、gavageを「経管栄養」と訳出するが、ここでのgavageとは全く違う目的の行為である。この場合のgavageガチョウやカモへの強制給餌フランス語版に近い行為を人間に対して行なうもので、場合によっては嘔吐等によって窒息死することがある。
  14. ^ 【世界深層in-depth】アフリカ・モーリタニア/ぽっちゃり女性モテモテの陰で/無理やり飲食 死者も『読売新聞』朝刊2017年9月14日


「モーリタニア」の続きの解説一覧





モーリタニアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「モーリタニア」の関連用語

モーリタニアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

出演

ロードヒーティングシステム

モンチセリ石

パナビーム

ファインスポッテッドジョーフィッシュ

おれんじ九州

SPEEDIネットワークシステム

軌道用マルチプルタイタンパー





モーリタニアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのモーリタニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS