モルトケとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 軍人 > モルトケの意味・解説 

モルトケ 【Helmuth von Moltke】 ○

1800~1891プロイセン軍人参謀総長として軍制戦略近代化を図り,普墺(ふおう)戦争普仏戦争勝利貢献した。

モルトケ

名前 Moltke

ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/03 04:51 UTC 版)

(モルトケ から転送)

ヘルムート・カール・ベルンハルト・グラーフ(伯爵)・フォン・モルトケHelmuth Karl Bernhard Graf von Moltke, 1800年10月26日 - 1891年4月24日) は、プロイセン及びドイツ帝国軍人軍事学者




注釈

  1. ^ モルトケの妹はイギリス人ジョン・ブルト(John Burt)に後妻として嫁いでおり、彼が先妻との間に儲けていた娘がマリー・ブルトであった[88][87]
  2. ^ 1815年時点でプロイセンの人口は約1000万人であったが、1855年には1800万人になっていた[143]
  3. ^ ケーニヒグレーツの戦いにおいてモルトケの作戦指示書を見た師団長アルブレヒト・グスタフ・フォン・マンシュタインドイツ語版将軍は「良く出来た作戦指示書だ。ところでこのモルトケ将軍とは誰のことか」と尋ねたという逸話が残っている[204][205][206]
  4. ^ 一方でウィーン進軍についてモルトケは一貫してビスマルクを支持して、ウィーン進軍に反対していたとする説もある[214]
  5. ^ 普仏戦争でプロイセン軍が勝利したことは大衆軍隊の勝利と看做され、フランスもこの戦争後には大衆軍隊へと移行していくことになる[242]

出典

  1. ^ a b c d e f 渡部(2009)、p.168
  2. ^ a b 世界伝記大事典(1981,11)
  3. ^ ミウルレル(1888)
  4. ^ a b c d 片岡(2002) p.227
  5. ^ a b c d e ゼークト(1943) p.181
  6. ^ 望田(1979) p.93
  7. ^ 大橋(1984) p.13/215
  8. ^ a b ミウルレル(1888) p.2
  9. ^ a b c d 片岡(2002) p.228
  10. ^ a b ゲルリッツ(1998) p.103
  11. ^ 大橋(1984)、p.215
  12. ^ a b c d ゼークト(1943) p.182
  13. ^ 片岡(2002) p.229
  14. ^ a b 大橋(1984)、p.13
  15. ^ 片岡(2002) p.230
  16. ^ ミウルレル(1888) p.5
  17. ^ 片岡(2002) p.228-229
  18. ^ a b c 大橋(1984)、p.216
  19. ^ a b 片岡(2002) p.233
  20. ^ ミウルレル(1888) p.6
  21. ^ 大橋(1984)、p.217
  22. ^ a b ゼークト(1943) p.183
  23. ^ a b c d 片岡(2002) p.234
  24. ^ ゼークト(1943) p.183-184
  25. ^ ミウルレル(1888) p.8
  26. ^ a b c 大橋(1984)、p.218
  27. ^ a b c d e f ゼークト(1943) p.184
  28. ^ ミウルレル(1888) p.11
  29. ^ 望田(1979) p.94
  30. ^ 大橋(1984)、p.14/219
  31. ^ a b ミウルレル(1888) p.13
  32. ^ a b c d 片岡(2002) p.235
  33. ^ ゲルリッツ(1998) p.104
  34. ^ a b 大橋(1984)、p.14
  35. ^ a b ゼークト(1943) p.185
  36. ^ 大橋(1984)、p.219
  37. ^ 片岡(2002) p.237
  38. ^ a b c d e ゼークト(1943) p.186
  39. ^ 片岡(2002) p.238
  40. ^ a b c 大橋(1984)、p.220
  41. ^ 片岡(2002) p.239
  42. ^ ミウルレル(1888) p.14
  43. ^ a b 渡部(2009)、p.169
  44. ^ ゼークト(1943) p.186-187
  45. ^ 片岡(2002) p.240
  46. ^ 片岡(2002) p.243
  47. ^ 大橋(1984)、p.221-222
  48. ^ a b c 大橋(1984)、p.222
  49. ^ a b c ゼークト(1943) p.188
  50. ^ a b c ゼークト(1943) p.189
  51. ^ ミウルレル(1888) p.26-27
  52. ^ 片岡(2002) p.247
  53. ^ a b c d 大橋(1984)、p.223
  54. ^ a b 片岡(2002) p.248
  55. ^ a b c ゼークト(1943) p.191
  56. ^ a b 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.344
  57. ^ ゼークト(1943) p.190-191
  58. ^ 渡部(2009)、p.170
  59. ^ ミウルレル(1888) p.36-43
  60. ^ a b 片岡(2002) p.249
  61. ^ ミウルレル(1888) p.57
  62. ^ 片岡(2002) p.250
  63. ^ ミウルレル(1888) p.61
  64. ^ ミウルレル(1888) p.101
  65. ^ 片岡(2002) p.250-251
  66. ^ a b 片岡(2002) p.251
  67. ^ ミウルレル(1888) p.108
  68. ^ ゼークト(1943) p.192
  69. ^ a b 片岡(2002) p.252
  70. ^ 大橋(1984)、p.224
  71. ^ ゼークト(1943) p.193
  72. ^ ミウルレル(1888) p.128-129
  73. ^ 柘植(1995) p.115-116
  74. ^ a b 大橋(1984)、p.225
  75. ^ ゼークト(1943) p.193-194
  76. ^ 片岡(2002) p.254
  77. ^ 大橋(1984)、p.226
  78. ^ a b c d 片岡(2002) p.269
  79. ^ ゼークト(1943) p.194-195
  80. ^ a b 片岡(2002) p.275
  81. ^ a b 大橋(1984)、p.17
  82. ^ 渡部(2009)、p.172
  83. ^ 片岡(2002) p.270-271
  84. ^ 片岡(2002) p.272-275
  85. ^ 片岡(2002) p.276
  86. ^ a b ゼークト(1943) p.198
  87. ^ a b ミウルレル(1888) p.148
  88. ^ 大橋(1984)、p.16
  89. ^ a b 柘植(1995) p.117
  90. ^ 大橋(1984)、p.16/226
  91. ^ ゼークト(1943) p.199
  92. ^ a b 柘植(1995) p.118
  93. ^ ミウルレル(1888) p.149
  94. ^ a b 片岡(2002) p.277
  95. ^ a b 渡部(2009)、p.173
  96. ^ a b ミウルレル(1888) p.150
  97. ^ a b 大橋(1984)、p.227
  98. ^ a b 大橋(1984)、p.228
  99. ^ a b c ゼークト(1943) p.201
  100. ^ a b 大橋(1984)、p.230
  101. ^ a b 片岡(2002) p.281
  102. ^ a b c ゼークト(1943) p.203
  103. ^ a b c d ゼークト(1943) p.204
  104. ^ ゼークト(1943) p.202
  105. ^ a b c ゲルリッツ(1998) p.105
  106. ^ a b c d 片岡(2002) p.282
  107. ^ 大橋(1984)、p.229
  108. ^ 大橋(1984)、p.230-231
  109. ^ ゼークト(1943) p.205
  110. ^ ゼークト(1943) p.205-206
  111. ^ a b c d 片岡(2002) p.283
  112. ^ a b 大橋(1984)、p.231
  113. ^ a b ゼークト(1943) p.206
  114. ^ a b c ゼークト(1943) p.207
  115. ^ 大橋(1984)、p.232
  116. ^ ミウルレル(1888) p.176
  117. ^ 大橋(1984)、p.233
  118. ^ ゼークト(1943) p.210-211
  119. ^ a b 柘植(1995) p.119
  120. ^ 大橋(1984)、p.24/233
  121. ^ a b c 片岡(2002) p.284
  122. ^ 渡部(2009)、p.174
  123. ^ 大橋(1984)、p.26
  124. ^ ゲルリッツ(1998) p.106
  125. ^ 片岡(2002) p.287
  126. ^ a b c ゲルリッツ(1998) p.110
  127. ^ 片岡(2002) p.287-288
  128. ^ a b 片岡(2002) p.288
  129. ^ ゲルリッツ(1998) p.107-108
  130. ^ a b 渡部(2009)、p.175
  131. ^ ゲルリッツ(1998) p.108
  132. ^ a b c 渡部(2009)、p.176
  133. ^ 柘植(1995) p.121
  134. ^ a b c d e ゼークト(1943) p.212
  135. ^ 大橋(1984)、p.39
  136. ^ ゲルリッツ(1998) p.112
  137. ^ 片岡(2002) p.289-290
  138. ^ 片岡(2002) p.290
  139. ^ 片岡(2002) p.290-291
  140. ^ 片岡(2002) p.289
  141. ^ ゼークト(1943) p.212-213
  142. ^ 大橋(1984)、p.233-234
  143. ^ a b 片岡(2002) p.294
  144. ^ 望田(1979) p.59
  145. ^ 望田(1979) p.59-60
  146. ^ エンゲルベルク(1996) p.478
  147. ^ a b c 大橋(1984)、p.46
  148. ^ a b 片岡(2002) p.295
  149. ^ 望田(1979) p.62-63/69
  150. ^ ゲルリッツ(1998) p.111
  151. ^ ゲルリッツ(1998) p.111-112
  152. ^ ゼークト(1943) p.214
  153. ^ 片岡(2002) p.296-297
  154. ^ a b 望田(1979) p.88-92
  155. ^ a b 望田(1979) p.103
  156. ^ 大橋(1984)、p.49-50
  157. ^ 柘植(1995) p.121-122
  158. ^ 望田(1979) p.100
  159. ^ 望田(1979) p.103-104
  160. ^ a b 渡部(2009)、p.179
  161. ^ 望田(1979) p.104
  162. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.23/158-159
  163. ^ a b 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.159
  164. ^ 望田(1979) p.105
  165. ^ 大橋(1984)、p.63-65
  166. ^ 大橋(1984)、p.65
  167. ^ 大橋(1984)、p.236-237
  168. ^ 片岡(2002) p.298-299
  169. ^ ゼークト(1943) p.215
  170. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.158
  171. ^ a b 柘植(1995) p.122
  172. ^ 大橋(1984)、p.65-66
  173. ^ 大橋(1984)、p.66
  174. ^ a b 大橋(1984)、p.73
  175. ^ a b 柘植(1995) p.123
  176. ^ a b 片岡(2002) p.299
  177. ^ 望田(1979) p.107-109
  178. ^ 望田(1979) p.109
  179. ^ ゲルリッツ(1998) p.116
  180. ^ a b c ゼークト(1943) p.216
  181. ^ 大橋(1984)、p.91-92
  182. ^ 望田(1979) p.127
  183. ^ 渡部(2009)、p.180
  184. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.160
  185. ^ 望田(1979) p.128
  186. ^ 渡部(2009)、p.181-182
  187. ^ 大橋(1984)、p.93
  188. ^ a b ゲルリッツ(1998) p.117
  189. ^ a b c d e エンゲルベルク(1996) p.571
  190. ^ a b 渡部(2009)、p.181
  191. ^ 片岡(2002) p.301
  192. ^ エンゲルベルク(1996) p.569
  193. ^ ゼークト(1943) p.217
  194. ^ a b 大橋(1984)、p.107
  195. ^ 前田(2009)、p.207
  196. ^ 前田(2009)、p.209-210
  197. ^ 大橋(1984)、p.108
  198. ^ 片岡(2002) p.306
  199. ^ 大橋(1984)、p.109-111
  200. ^ a b 渡部(2009)、p.184
  201. ^ 大橋(1984)、p.109-113
  202. ^ 片岡(2002) p.306-308
  203. ^ 望田(1979) p.132-133
  204. ^ 片岡(2002) p.224
  205. ^ 望田(1979) p.130
  206. ^ 渡部(2009)、p.183
  207. ^ 大橋(1984)、p.113
  208. ^ 望田(1979) p.133
  209. ^ ゼークト(1943) p.174
  210. ^ 渡部(2009)、p.185-186
  211. ^ 渡部(2009)、p.186
  212. ^ 大橋(1984)、p.116-117
  213. ^ 渡部(2009)、p.186-187
  214. ^ a b c 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.161
  215. ^ 大橋(1984)、p.117
  216. ^ 渡部(2009)、p.189
  217. ^ a b ゼークト(1943) p.226
  218. ^ 片岡(2002) p.309
  219. ^ ゲルリッツ(1998) p.124
  220. ^ a b c d 渡部(2009)、p.190
  221. ^ a b c d 片岡(2002) p.310
  222. ^ ゼークト(1943) p.228
  223. ^ ミウルレル(1888) p.274
  224. ^ 望田(1979) p.160-162
  225. ^ 望田(1979) p.162-163
  226. ^ 渡部(2009)、p.191
  227. ^ 渡部(2009)、p.191-192
  228. ^ a b c 渡部(2009)、p.192
  229. ^ 望田(1979) p.164
  230. ^ 大橋(1984)、p.123
  231. ^ エンゲルベルク(1996) p.620
  232. ^ ゲルリッツ(1998) p.125
  233. ^ 大橋(1984)、p.142-143
  234. ^ 望田(1979) p.158-159
  235. ^ 渡部(2009)、p.193-194
  236. ^ 望田(1979) p.159
  237. ^ 大橋(1984)、p.143-144
  238. ^ 望田(1979) p.159-160
  239. ^ 片岡(2002) p.110
  240. ^ 片岡(2002) p.310-311
  241. ^ 大橋(1984)、p.145
  242. ^ 望田(1979) p.169
  243. ^ 大橋(1984)、p.152-154/156
  244. ^ a b 前田(2009)、p.282
  245. ^ a b 前田(2009)、p.281
  246. ^ 大橋(1984)、p.151/154
  247. ^ 大橋(1984)、p.155
  248. ^ 大橋(1984)、p.156-157
  249. ^ 渡部(2009)、p.196
  250. ^ 望田(1979) p.173
  251. ^ 大橋(1984)、p.158
  252. ^ 大橋(1984)、p.159
  253. ^ 大橋(1984)、p.159-160
  254. ^ 大橋(1984)、p.160
  255. ^ 大橋(1984)、p.161
  256. ^ 前田(2009)、p.289
  257. ^ 大橋(1984)、p.162
  258. ^ 前田(2009)、p.290
  259. ^ 渡部(2009)、p.198
  260. ^ 前田(2009)、p.291
  261. ^ 前田(2009)、p.292-293
  262. ^ 前田(2009)、p.293
  263. ^ 前田(2009)、p.294
  264. ^ 望田(1979) p.174
  265. ^ 前田(2009)、p.295
  266. ^ 望田(1979) p.174-175
  267. ^ a b 大橋(1984)、p.164
  268. ^ エンゲルベルク(1996) p.691
  269. ^ 望田(1979) p.175
  270. ^ 望田(1979) p.175-176
  271. ^ a b c 望田(1979) p.178
  272. ^ 望田(1979) p.177
  273. ^ 大橋(1984)、p.165
  274. ^ a b 望田(1979) p.179
  275. ^ 望田(1979) p.186
  276. ^ 渡部(2009)、p.202
  277. ^ 望田(1979) p.180
  278. ^ 望田(1979) p.181
  279. ^ a b 渡部(2009)、p.203
  280. ^ a b c d ゼークト(1943) p.242
  281. ^ a b c ゼークト(1943) p.247
  282. ^ a b c d 渡部(2009)、p.204
  283. ^ ゲルリッツ(1998) p.138
  284. ^ a b c 片岡(2002) p.322
  285. ^ ゼークト(1943) p.245
  286. ^ ゼークト(1943) p.244
  287. ^ 渡部(2009)、p.203-204
  288. ^ ゲルリッツ(1998) p.147
  289. ^ a b ゲルリッツ(1998) p.139
  290. ^ a b c ゼークト(1943) p.246
  291. ^ a b 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.163
  292. ^ 片岡(2002) p.319
  293. ^ 片岡(2002) p.320
  294. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.164
  295. ^ a b c ゼークト(1943) p.248
  296. ^ a b ゲルリッツ(1998) p.148
  297. ^ a b 片岡(2002) p.291
  298. ^ 大橋(1984)、p.26-33
  299. ^ 渡部(2009)、p.175-176
  300. ^ 片岡(2002) p.292-293
  301. ^ ゼークト(1943) p.67-68
  302. ^ 大橋(1984)、p.32
  303. ^ 大橋(1984)、p.157/182-183
  304. ^ ゲルリッツ(1998) p.141
  305. ^ a b ゼークト(1943) p.91
  306. ^ 片岡(2002) p.18
  307. ^ ゼークト(1943) p.92
  308. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.162-163
  309. ^ 望田(1979) p.97
  310. ^ 望田(1979) p.166
  311. ^ 望田(1979) p.166-167
  312. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.162
  313. ^ 望田(1979) p.167
  314. ^ 片岡(2002) p.237-238
  315. ^ 大橋(1984)、p.27
  316. ^ a b ゲルリッツ(1998) p.113
  317. ^ a b c 渡部(2009)、p.205
  318. ^ エンゲルベルク(1996) p.570
  319. ^ ゲルリッツ(1998) p.123
  320. ^ ゲルリッツ(1998) p.114
  321. ^ a b c 大橋(1984)、p.180
  322. ^ 渡部(2009)、p.207
  323. ^ 渡部(2009)、p.207-208
  324. ^ 渡部(2009)、p.208-209
  325. ^ ゲルリッツ(1998) p.143
  326. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.332
  327. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.334-336
  328. ^ 大橋(1984)、p.197-198
  329. ^ a b c 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.351
  330. ^ 渡部(2009)、p.211
  331. ^ 大橋(1984)、p.201-202
  332. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.338
  333. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.361
  334. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.356-357
  335. ^ 三宅、新谷、中島、石津(2011) p.360
  336. ^ a b ゼークト(1943) p.187
  337. ^ a b ゼークト(1943) p.194
  338. ^ ゼークト(1943) p.199-200
  339. ^ ゼークト(1943) p.200
  340. ^ ゼークト(1943) p.208
  341. ^ ゼークト(1943) p.211/246
  342. ^ a b c d e f g h i j k l Helmuth Graf von Moltke - Deutsche Biographie (ドイツ語)
  343. ^ ミウルレル(1888) p.15
  344. ^ a b The Prussian Machine
  345. ^ ゼークト(1943) p.241


「ヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ」の続きの解説一覧





モルトケと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「モルトケ」の関連用語

モルトケのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サンライズ

すいか包み

ボーフォール・エテ

コゲラ

ジョグZII

珪藻土

オートバイ

7000形





モルトケのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘルムート・カール・ベルンハルト・フォン・モルトケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS