モスキート爆撃隊とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > モスキート爆撃隊の意味・解説 

モスキート爆撃隊

原題:Mosquito Squadron
製作国:イギリス
製作年:1969
配給:ユナイト
スタッフ
監督:Boris Sagal ボリス・シーガル
製作:Lewis J. Rachmil ルイス・J・ラクミル
脚本:Doreen Soan ドリーン・ソーン
撮影:Paul Beeson ポール・ビーソン
SFX:Leslie Bowie 
音楽:Frank Cordell フランク・コーデル
編集:John S. Smith ジョン・S・スミス
キャスト(役名
David McCallum デイヴィッド・マッカラム (Quint
Suzanne Neve スザンヌ・ニーブ (Beth
David Buck デイヴィッド・バック (Scott
David Dundas デイヴィッド・ダンダス (Douglas
Dinsdale Landen ディンスデール・ランデン (Penrose
Charles Gray チャールズ・グレイ (Hufford
Michael Anthony マイケル・アンソニー (Father Bellague)
解説
イギリスのモスキート爆撃隊員を描いた戦争映画監督は「空爆特攻隊」のボリス・シーガル脚本ドリーン・ソーン撮影ポール・ビーソン音楽フランク・コーデル特殊効果はレス・ボウイーが担当編集ジョン・S・スミス、製作には「クルゾー警部」のルイス・J・ラクミル当っている。出演は「0011スラッシュ要塞」のデイヴィッド・マッカラムスザンヌ・ニーブデイヴィッド・バックデイヴィッド・ダンダス、その他ディンスデール・ランデンチャールズ・グレイマイケル・アンソニーなど。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
一九四四年、ロンドンは、ドイツ軍基地から発射される超音速ミサイルV・2攻撃にさらされていた。しかも、ドイツV・3、V・4となづけられた新兵器を開発していた。そんな時、爆撃隊長クイント・マンロー(D・マッカラム)に降り任務は、V・3開発くいとめることだった。クイントは、爆撃隊長だった、親友スコット(D・バック)の爆死により、隊長昇進たばかりだったが、他人には、無謀思えるほどの低空飛行を、モスキート呼ばれる木製機で敢然やってのけるベテラン・パイロットだった。やがて英司令部は、基地爆撃クイント隊に命じた。爆撃前夜、二機のメッサーシュミットが、英軍基地何十人もの連合軍捕虜が、シャルロンに移されている実写フィルム投げ落していったクイントは、その中にスコットの姿をはっきりと認め爆撃をためらったが、司令部はより多く生命を救うためと、任務遂行を命じた。このためクイント必死努力で、仏地下組織と連絡をとり、捕虜脱出させることに成功したが、彼の機は、シャルロン攻撃後、火を吐いて不時着した。そこでクイントは、スコットにめぐり会ったが、スコット記憶を失い、親友の顔も、妻のベス(S・ニーブ)の名も忘れていた。ただ、敵に向うことしか念頭にない彼は、クイント制止もきかず、脱出者の行く手を阻む戦車にぶつかっていった。やがて、クイント地下組織に救われ、故国土を踏むことができた。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

モスキート爆撃隊に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「モスキート爆撃隊」の関連用語

モスキート爆撃隊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




モスキート爆撃隊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社

©2014 Weblio RSS