メラトニンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > ホルモン > メラトニンの意味・解説 

メラトニン [0] 【melatonin】

脳の松果体から分泌されるホルモン成熟抑制する。睡眠リズムなどを調節していると考えられている。

メラトニン

分子式C13H16N2O2
その他の名称:メラトニン、5-メトキシ-N-アセチルトリプタミンMelatonin、5-Methoxy-N-acetyltryptamine、N-[2-(5-Methoxy-1H-indol-3-yl)ethyl]acetamide、N-アセチル-5-メトキシトリプタミン、N-Acetyl-5-methoxytriptamine、3-[2-(Acetylamino)ethyl]-5-methoxy-1H-indole
体系名:5-メトキシ-3-[2-(アセチルアミノ)エチル]-1H-インドール、5-メトキシ-N-アセチル-1H-インドール-3-エタンアミン、N-[2-(5-メトキシ-1H-インドール-3-イル)エチル]アセトアミド、3-[2-(アセチルアミノ)エチル]-5-メトキシ-1H-インドール


メラトニン(めらとにん)

松果体より分泌される脳内ホルモンで、昼間少なく夜間睡眠時に分泌上昇する。メラトニンは直接的睡眠作用を持つほか、概日リズム体内時計)に深く関係し、深部体温を低くする作用があり、睡眠覚醒リズム調節に重要な役割を果たしている。

メラトニン

メラトニンは体内分泌されるホルモン1種

メラトニン

読み方めらとにん

 メラトニンは、脳内松果体において生合成されるホルモンです。網膜から入った外界の光刺激は、体内時計生物時計視交叉上核)を経て松果体達します。明るい光によってメラトニンの分泌抑制されるため、日中にはメラトニン分泌は低く、夜間分泌量が十数倍に増加する明瞭日内変動が生じます。ただし、昼夜区別のない環境(窓のない密室内など)でも、体内時計からの神経出力によって昼高夜低の日内変動続きます。逆に、強い照明1000ルクスコンビニ店内など)を浴びれば、夜間であってもメラトニン分泌量は低下します。すなわち、メラトニンは体内時計環境光両方から調節を受けています。
 多く生物でメラトニンは生体リズム調節に重要な役割を果たしています。鳥類での渡りタイミング季節性繁殖(メラトニンには性腺萎縮作用あります)などの季節のリズム睡眠覚醒リズムホルモン分泌リズムなどの概日リズムサーカディアンリズム)の調整作用あります
 メラトニンには催眠作用があるため、欧米では睡眠薬としてドラッグストアなどで販売されており、日本でもインターネット並行輸入が可能です。しかし、一般的にメラトニンの催眠作用弱く、寝る前に服用しても寝つきは若干良くなるものの、不眠症改善効果乏しいことが分かっています。非24時間睡眠覚醒リズム睡眠相後退症候群交代勤務睡眠障害時差症候群などの概日リズム睡眠障害睡眠・覚醒リズム障害に対してはメラトニンが有効ですが、メラトニンのリズム調整作用を十分に引き出すには特殊な時間帯での服用が必要です(寝る前ではありません。時間帯決めるには睡眠検査が必要です)。


メラトニン

【仮名】めらとにん
原文melatonin

松果体(脳の中心付近にある小さ器官)で作られるホルモン。メラトニンは体の睡眠周期制御助けたり酸化を防ぐ働きをする。製造ラボで作られ、栄養補助食品として販売もされている。

メラトニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/31 07:22 UTC 版)

メラトニン(Melatonin)は、動物、植物、微生物に存在するホルモンであり[1][2]、また化学的にN-アセチル-5-メトキシトリプタミンN-acetyl-5-methoxytryptamine)として知られる[3]。動物では、メラトニンの血中濃度は1日の周期で変化しており、それぞれの生物学的な機能における概日リズムによる同調を行っている[4]




  1. ^ もともと自然界に存在する物質では特許が取れないことに関して。基本的に取れないが、ただし、用途発明の場合は除く。
[ヘルプ]
  1. ^ Caniato R, Filippini R, Piovan A, Puricelli L, Borsarini A, Cappelletti EM (2003). “Melatonin in plants”. Adv. Exp. Med. Biol.. Advances in Experimental Medicine and Biology 527: 593–7. doi:10.1007/978-1-4615-0135-0_68. ISBN 978-0-306-47755-3. PMID 15206778. 
  2. ^ Paredes SD, Korkmaz A, Manchester LC, Tan DX, Reiter RJ (2009). “Phytomelatonin: a review”. J. Exp. Bot. 60 (1): 57–69. doi:10.1093/jxb/ern284. PMID 19033551. 
  3. ^ Melatonin”. Sleepdex. 2011年8月17日閲覧。
  4. ^ Altun A, Ugur-Altun B (May 2007). “Melatonin: therapeutic and clinical utilization”. Int. J. Clin. Pract. 61 (5): 835–45. doi:10.1111/j.1742-1241.2006.01191.x. PMID 17298593. 
  5. ^ Boutin JA, Audinot V, Ferry G, Delagrange P (August 2005). “Molecular tools to study melatonin pathways and actions”. Trends Pharmacol. Sci. 26 (8): 412–9. doi:10.1016/j.tips.2005.06.006. PMID 15992934. 
  6. ^ Hardeland R (July 2005). “Antioxidative protection by melatonin: multiplicity of mechanisms from radical detoxification to radical avoidance”. Endocrine 27 (2): 119–30. doi:10.1385/ENDO:27:2:119. PMID 16217125. 
  7. ^ Reiter RJ, Acuña-Castroviejo D, Tan DX, Burkhardt S; Acuña-Castroviejo; Tan; Burkhardt (June 2001). “Free radical-mediated molecular damage. Mechanisms for the protective actions of melatonin in the central nervous system”. Ann. N. Y. Acad. Sci. 939: 200–15. Bibcode 2001NYASA.939..200R. doi:10.1111/j.1749-6632.2001.tb03627.x. PMID 11462772. 
  8. ^ Ratzburg C (Undated). “Melatonin: The Myths and Facts”. Vanderbilt University. 2007年12月2日閲覧。
  9. ^ Buscemi N, Vandermeer B, Pandya R, Hooton N, Tjosvold L, Hartling L, Baker G, Vohra S, Klassen T (2004年11月). “Melatonin for treatment of sleep disorders”. Evidence Report/Technology Assessment No. 108. (Prepared by the University of Alberta Evidence-based Practice Center, under Contract No. 290-02-0023.) AHRQ Publication No. 05-E002-2. Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality. Agency for Healthcare Research and Quality (AHRQ), US Department of Health and Human Services. 2013年6月5日閲覧。
  10. ^ European Medicines Agency. “Circadin, melatonin”. European Public Assessment Report (EPAR). European Medicines Agency. 2013年6月5日閲覧。
  11. ^ Therapeutic Goods Administration (TGA). “Australian Public Assessment Report for Melatonin”. Department of Health and Ageing, Australian Government. 2013年6月5日閲覧。
  12. ^ 睡眠ホルモン「メラトニン」に注目
  13. ^ メラトニンと妊娠
  14. ^ a b Reiter RJ (May 1991). “Pineal melatonin: cell biology of its synthesis and of its physiological interactions”. Endocr. Rev. 12 (2): 151–80. doi:10.1210/edrv-12-2-151. PMID 1649044. 
  15. ^ Richardson GS (2005). “The human circadian system in normal and disordered sleep”. J Clin Psychiatry 66 Suppl 9: 3–9; quiz 42–3. PMID 16336035. 
  16. ^ Perreau-Lenz S, Pévet P, Buijs RM, Kalsbeek A (January 2004). “The biological clock: the bodyguard of temporal homeostasis”. Chronobiol. Int. 21 (1): 1–25. doi:10.1081/CBI-120027984. PMID 15129821. 
  17. ^ Ardura J, Gutierrez R, Andres J, Agapito T (2003). “Emergence and evolution of the circadian rhythm of melatonin in children”. Horm. Res. 59 (2): 66–72. doi:10.1159/000068571. PMID 12589109. 
  18. ^ Buscemi N, Vandermeer B, Pandya R, Hooton N, Tjosvold L, Hartling L, Baker G, Vohra S, Klassen T (November 2004). “Melatonin for treatment of sleep disorders”. Evidence Report/Technology Assessment (Summary) (108): 1–7. PMID 15635761. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK37431/. 
  19. ^ Sack RL, Lewy AJ, Erb DL, Vollmer WM, Singer CM (1986). “Human melatonin production decreases with age”. J. Pineal Res. 3 (4): 379–88. doi:10.1111/j.1600-079X.1986.tb00760.x. PMID 3783419. 
  20. ^ Gavin ML, Scaivina MT (2009年). “Why Aren't Teens Getting Enough Sleep?”. How Much Sleep Do I Need?. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  21. ^ Brainard GC, Hanifin JP, Greeson JM, Byrne B, Glickman G, Gerner E, Rollag MD (August 2001). “Action spectrum for melatonin regulation in humans: evidence for a novel circadian photoreceptor”. J. Neurosci. 21 (16): 6405–12. PMID 11487664. 
  22. ^ Cornell University, Light source spectra
  23. ^ Kayumov L, Casper RF, Hawa RJ, Perelman B, Chung SA, Sokalsky S, Shapiro CM (May 2005). “Blocking low-wavelength light prevents nocturnal melatonin suppression with no adverse effect on performance during simulated shift work”. J. Clin. Endocrinol. Metab. 90 (5): 2755–61. doi:10.1210/jc.2004-2062. PMID 15713707. 
  24. ^ Burkhart K, Phelps JR. (26 December 2009). “Amber lenses to block blue light and improve sleep: a randomized trial”. Chronobiol Int 26 (8): 1602–12. doi:10.3109/07420520903523719. PMID 20030543. 
  25. ^ Mundey K, Benloucif S, Harsanyi K, Dubocovich ML, Zee PC (October 2005). “Phase-dependent treatment of delayed sleep phase syndrome with melatonin”. Sleep 28 (10): 1271–8. PMID 16295212. 
  26. ^ Terman MR, Wirz-Justice A (2009). Chronotherapeutics for Affective Disorders: A Clinician's Manual for Light and Wake Therapy. Basel: S Karger Pub. p. 71. ISBN 3-8055-9120-9. 
  27. ^ About.com. “Melatonin”. 2009年12月3日閲覧。
  28. ^ 米山公啓自然治癒力のミステリー』p.129
  29. ^ 米山公啓『自然治癒力のミステリー』p.134
  30. ^ デイヴィッド・ヒーリー 『ヒーリー精神科治療薬ガイド』 田島治、江口重幸監訳、冬樹純子訳訳、みすず書房、2009年7月、第5版、263-264頁。ISBN 978-4-622-07474-8
  31. ^ a b Kripke, Daniel F (2007). “Greater incidence of depression with hypnotic use than with placebo”. BMC Psychiatry 7 (1): 42. doi:10.1186/1471-244X-7-42. PMC 1994947. PMID 17711589. http://www.biomedcentral.com/1471-244X/7/42. 


「メラトニン」の続きの解説一覧





メラトニンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

メラトニンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「メラトニン」の関連用語

メラトニンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

小貝川

牧野光則

エラフスホソアカクワガタ

穴の谷の霊水

発芽玄米

建設機械類ブルドーザー

デビッド・ファイロ

あさかぜ5号





メラトニンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
Suimin.netSuimin.net
Copyright(c)suimin.net All rights reserved
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2017 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメラトニン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS