メモリースティックとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > AV機器用語 > メモリースティックの意味・解説 

メモリースティック

ソニーが開発した、ガム型フラッシュメモリー。白と青の2種があり、白のスティックが著作権保護対応型でメモリースティックウォークマンで使用されるものだ。現在は最高で64MBの容量のものが商品化されている。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 麻倉怜士)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


メモリースティック

ソニー、オリンパス、カシオ、三洋電機、シャープ、富士通の共同開発によるメモリーカード規格。VAIO、ハンディカムなど多くのソニー製品で採用されている。メモリー部とソケット部を分離した新製品も発表された。

(執筆:オーディオビジュアル評論家 夏目利明)
※この情報は「1999~2002年」に執筆されたものです。


メモリースティック

【英】memory stick

メモリースティックとは、小型メモリーカード規格のひとつで、ソニー開発したフラッシュメモリー方式記録媒体のことである。オリンパスカシオ三洋電機シャープ富士通など、数多くメーカーライセンス締結している。

サイズは縦21.5mm×横50mm×厚さ2.8mmで棒状小型・薄型となる。重さ4g。主にデジタルカメラ携帯デジタル音楽プレーヤーなどに装着し、データ記録再生ができる。記憶容量では、現在128MBや256MB程度のものが主流である。

なお1999年12月には同ソニーからMagicGate呼ばれる音楽データ著作権保護技術が備わった「マジックゲート・メモリースティック」が発売され、一部携帯デジタル音楽プレーヤー採用されている。携帯電話などへの搭載を図り小型化を更に進めた「メモリースティック・デュオ」や、256MG以上の容量1GB・2GBを実現した「メモリースティック・プロ」などがある。

音楽のほかの用語一覧
技術・規格:  MIDI検定  MusicDNA  マジックゲート  メモリースティック  ノイズリダクション  PCM  PCM音源

メモリースティック

読み方めもりーすてぃっく

Memory StickMSと略す。ソニー開発した フラッシュメモリーカード 。コントローラ内蔵ソニー製のデジタルカメラビデオカメラ、その他の家電製品広く採用されている。ただし、このメモリースティックを採用しているデジタルカメラきわめて少ない。大きさ50×21.5×2.8mm。2000年にはより小型の「メモリースティックDuoデュオ)」が発表された。大きさ31×20×1.6mm。従来のメモリースティックとはカードアダプタと組み合わせることで互換性がある。
さらに2003年1月、大容量高速転送セキュリティ重視したメモリースティックPRO開発発表された。その容量最大32GBが規定され、理論転送速度は160Mbps(従来の8倍)、著作権保護技術マジックゲート標準装備する。写真メモリースティックPROデュオ

メモリースティック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/02 09:25 UTC 版)

メモリースティック (Memory Stick) は、フラッシュメモリを用いた小型メモリーカード、およびその関連規格・製品群の総称である。省略して「メモステ」「MS」などとも呼ばれる。主にデジタルカメラデジタルオーディオプレーヤー携帯電話PlayStation Portableなどの記録媒体として利用されている。




[ヘルプ]
  1. ^ ソニー、デジタルカメラなどAV機器用の新規格ICメモリーカード
  2. ^ MGメモリースティックおよびMGメモリースティックDuoメモリースティック(MG/高速転送対応)が対応
  3. ^ ソニー、新記憶媒体「メモリースティック」
  4. ^ News and Information 内蔵メモリーに音楽CD約11枚分の長時間記録が可能、小型でさらに携帯性が向上した新スタイルネットワークウォークマン 発売”. ソニー. 2009年9月6日閲覧。
  5. ^ News and Information 高速データ転送に対応し、著作権保護技術「マジックゲート」を標準搭載した新 「メモリースティック」 を発売”. ソニー. 2009年9月6日閲覧。
  6. ^ News and Information 「メモリースティック デュオ」のラインアップが一新高容量記録・高速データ転送の「メモリースティックPRO デュオ」を新たに発売”. ソニー. 2009年9月6日閲覧。
  7. ^ News and Information 高画質動画記録に対応可能な、高容量・高速書込みを実現する新世代メモリースティック「メモリースティックPRO(プロ)」発売~記録容量 1GB・512MB・256MBに対応~”. ソニー. 2009年9月12日閲覧。
  8. ^ ソニー、新世代の「メモリースティックPRO」を発表
  9. ^ ただし、実際にFAT32を使用しているのは4GB以上のメディアであり、2GB以下のメディアは従来通りFAT16である。
  10. ^ 元麻布春男の週刊PCホットライン”. impress watch. 2009年9月12日閲覧。
  11. ^ この最低速度保証は、後にSDHCメモリーカードでもSDスピードクラスとして取り入れられている。
  12. ^ “とんがった”メディアを目指す「メモリースティックPRO」
  13. ^ ITmediaニュース:Duoより小さい「メモリースティックマイクロ」
  14. ^ 携帯電話向けにより小型化したIC記録メディア新製品「メモリースティック マイクロ」(M2) 発売
  15. ^ 付属の変換アダプタを利用することでmicroSDカードも使用することができる。
  16. ^ 新しいデジタルライフスタイルを提案するPSP「プレイステーション・ポータブル」go PSPの新ラインアップとして、日米欧アジアにて2009年秋発売。
  17. ^ ソニー プレスリリース「さまざまな音楽シーンで、CDを超える高音質記録が手軽に楽しめる手のひらサイズのリニアPCMレコーダー『PCM-M10』発売- microSDにも対応、連続30時間以上の高音質記録が可能 -」
  18. ^ 本機はメモリースティック マイクロの他、microSD/microSDHCカードにも対応する。
  19. ^ サンディスクとソニー、高速転送、高速書き込みを実現する「メモリースティックPRO-HG」を開発”. ソニー. 2009年8月6日閲覧。
  20. ^ 【新製品レビュー】ソニー「メモリースティックPRO-HGデュオ」+ExpressCardアダプター”. impress watch. 2010年12月29日閲覧。
  21. ^ ソニー、32GBのメモリースティックPRO-HGデュオHXを国内発売
  22. ^ サンディスクとソニー、「メモリースティックPRO」と「メモリースティック マイクロ」の拡張フォーマットを共同開発”. impress watch. 2009年8月6日閲覧。
  23. ^ ソニー、最大2TBの「メモリースティックXC」仕様を公開”. impress watch. 2009年8月6日閲覧。
  24. ^ a b NXCAM推奨のミラーリングメモリースティック「PXシリーズ」を発売します。
  25. ^ ソニー、“メモリースティックROM”を発表
  26. ^ ソニー、“メモリースティック Duo”を7月に発売――“メモリースティック-R(仮称)”も開発中
  27. ^ フルハイビジョンの動画撮影を実現 デジタルスチルカメラ “サイバーショット””. ソニー. 2010年1月28日閲覧。
  28. ^ 静止画ファイルフォーマット | メモリースティック”. ソニー. 2010年7月15日閲覧。
  29. ^ 位置情報ファイルフォーマット | メモリースティック”. ソニー. 2010年7月15日閲覧。
  30. ^ 本物そっくり 偽造メモリースティックに注意
  31. ^ ソニー製メモリースティックの模倣品に関するご注意






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「メモリースティック」の関連用語

メモリースティックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




メモリースティックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HiVi WEBHiVi WEB
(C)2014 STEREO SOUND Publishing Inc.
AV製品に関する用語辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリメモリースティックの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2014 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメモリースティック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS