ミーゼス応力とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ミーゼス応力の意味・解説 

ミーゼス応力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/02 23:09 UTC 版)

ミーゼス応力(ミーゼスおうりょく、: von Mises stress)とは、物体内部に生じる応力状態を単一の値で示すために用いられる相当応力の一つ。その名前はリヒャルト・フォン・ミーゼスに由来する。


  1. ^ a b c 京谷孝史、非線形CAE協会編、 『よくわかる連続体力学ノート』 森北出版、2008年、61-62頁。ISBN 978-4-627-94811-2 
  2. ^ σ1 ≠0, σ23 = 0 の応力状態
  3. ^ 3つの主応力を直交座標軸にとった空間
  4. ^ σ123の直線


「ミーゼス応力」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミーゼス応力」の関連用語

ミーゼス応力のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ミーゼス応力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミーゼス応力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS