ミューチュアル・ファンドとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > ファンド > ミューチュアル・ファンドの意味・解説 

ミューチュアル・ファンド(mutual fund)

 米国で最も一般的な投資信託複数投資家資金を提供し共同運用をするオープンエンド型(いつでも購入解約可)のもの。資金追加純資産価値による換金認め株式入れ替え認める、自由運用投資信託

ミューチュアル・ファンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 09:15 UTC 版)

ミューチュアル・ファンド(英語:mutual fund)は、オープンエンド会計の投資会社[1]または投資信託[2]である。


  1. ^ その株式をふくむ概念。三木 概説(一)
  2. ^ a b 金融経済用語集
  3. ^ redeemable securities 1種 または俗にmutual fund share これ自体をミューチュアルファンドと表現することもある。会社型・契約型それぞれにいう株式・受益証券。
  4. ^ 1940年投資会社法第2条(a)(31)
  5. ^ 三木 概説(六)
  6. ^ CoinDesk Five UK Mutual Funds Partner on Blockchain Trading Project February 8, 2016
  7. ^ a b c d e 野村 2003
  8. ^ YahooFinance Microsoft Corporation NasdaqGS
  9. ^ YahooFinance JPMorgan Chase & Co. NYSE
  10. ^ ウォールストリート・ジャーナル Lipper Analytical Agrees to Sell Fund-Data Firm to Reuters Group July 24, 1998
  11. ^ 三木 概説(一)
  12. ^ 概説(二)
  13. ^ a b 池島正興 戦後アメリカの国債管理と国債 経済研究所年報・第27号 2014年 この部分だけ段末に付したものと出典を異にする。
  14. ^ MMF は、財務省証券、コマーシャル・ペーパー譲渡性預金などの低リスクな短期金融商品に投資する。この中でCP が1991年にMMF 総資産の4割を占めた。
  15. ^ 永田(上)
  16. ^ 1974年のエリサ法が導入
  17. ^ 永田(下)
  18. ^ 日本証券経済研究所 金融危機発生後の世界の投資信託の動向 2009年6月16日
  19. ^ 1940年投資会社法第18条(f)
  20. ^ 1940年投資会社法第30条
  21. ^ アンソニー
  22. ^ a b c 佐賀 2005
  23. ^ a b 代田 2001


「ミューチュアル・ファンド」の続きの解説一覧





ミューチュアル・ファンドと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ミューチュアル・ファンドに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミューチュアル・ファンド」の関連用語

ミューチュアル・ファンドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

野葡萄

アルバー石

オオバン

本間博

SH005

蘭蘭

ロケット

妙音沢





ミューチュアル・ファンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2016MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミューチュアル・ファンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS