ミニスーパーコンピュータとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > スーパーコンピュータ > ミニスーパーコンピュータの意味・解説 

ミニスーパーコンピュータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/04 14:09 UTC 版)

ミニスーパーコンピュータ(Minisupercomputer)[1]は、1980年代中ごろ出現したコンピュータの形態の一種である。ベクトルプロセッサによる科学技術計算が一般化するにつれて、企業レベルではなく部門レベルで使用可能な低価格のシステムに需要が生まれ、新たなコンピュータ企業が市場に参入する機会が発生した。一般にミニスーパーコンピュータの価格帯は、大型のスーパーコンピュータの1/10程度だった。ミニスーパーコンピュータは、ベクトル処理と小規模のマルチプロセッシングの組合せが特徴である。




  1. ^ ミニスーパーコンピュータとスーパーミニコンピュータは別のものである(コンベックスなどを指してスーパーミニという語が使われている例も見られる)。
  2. ^ 一例: http://jpn.nec.com/hpc/lx/gpu/


「ミニスーパーコンピュータ」の続きの解説一覧





ミニスーパーコンピュータと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ミニスーパーコンピュータに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミニスーパーコンピュータ」の関連用語

ミニスーパーコンピュータのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

インドアンタエウス

五重の壁

フロンティア

レザートーン塗装

LW23D/53C

ぞうり編機

仰木祭り

東西線50系車両





ミニスーパーコンピュータのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミニスーパーコンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS