マージー・ビートとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 音楽用語 > マージー・ビートの意味・解説 

マージー・ビート[Mersey beat]

'50年代後半イギリスにおけるスキッフル・ブーム以降リバプール活動していたビート・グループがビートルズ成功注目集めブームになったもの。リバプールマージー川沿岸都市(マージサイド)だったことから来た呼称ジェリー&ザ・ペイスメーカーズ、ビリー・J・クレイマー&ザ・ダコダズ、サーチャーズ、フォーモストなど。別名リバプール・サウンド

リバプールサウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/23 03:00 UTC 版)

(マージー・ビート から転送)

リバプールサウンドとは、1960年代前半にイギリスで勃興したロックンロールのムーブメントおよびそこから確立したジャンルを差す音楽用語。日本独自の呼称であり[1]、現地ではマージー・ビート(Merseybeat)、ビート・ミュージック(Beat Music)、ブリティッシュ・ビート(British Beat)などと呼称された。
ロックンロールドゥー・ワップスキッフルR&Bソウル・ミュージックなど様々な既成の音楽が融合され、1960年代中盤まで進化・分化していった。
1964年以降、このムーブメントから生まれたバンドが次々とアメリカポップ・ミュージック界に進出してヒットチャートを賑わせ、第1次ブリティッシュ・インヴェイジョンのリーダー役となった。


  1. ^ 日本ではリバプールサウンド=イギリスでのサウンド、イギリスでのロックという解釈。
  2. ^ ビートルズがクリケッツの名前を自分たちのグループ名のモデルにしたことは有名。
  3. ^ ピーター&ゴードン、アニマルズ、マンフレッド・マン、ペトゥラ・クラーク、フレディー&ザ・ドリーマーズ、ウェイン・フォンタナ&ザ・マインドベンダーズ、ハーマンズ・ハーミッツ、ローリング・ストーンズ、デイヴ・クラーク・ファイヴ、トロッグス、ドノヴァンらは少なくとも1曲以上アメリカでのナンバーワン・ヒットを放っている。
  4. ^ テレビ・レポーターのウォルター・クロンカイトによって作られた言葉。
  5. ^ 「マージービート」という言葉そのものはビートルズ・デビュー以前、1961年にビル・ハリーによって創刊されたリバプールのコミュニティ・タブロイド紙のタイトルとして初めて登場した。


「リバプールサウンド」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マージー・ビート」の関連用語

マージー・ビートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ランジュボトム

ソウシハギ

アオボシヤドカリ

アブシンベル神殿

結婚記念日

ニセコ

タテゴトアザラシ

2100系





マージー・ビートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2017 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリバプールサウンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS