マーキュリー7号とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > マーキュリー7号の意味・解説 

マーキュリー7号

分類:宇宙飛行


名称:マーキュリー7号/オーロラ7(Mercury 7 /Aurora 7)
小分類:マーキュリー計画
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1962年5月24日
帰還年月日:1962年5月24日
打ち上げロケット:アトラス−107D
宇宙飛行士:M・スコット・カーペンター
飛行時間:4時間56

マーキュリー7号は地球周回飛行行ない軌道上を3周しました。飛行士スコット・カーペンター飛行中にたくさんの写真撮影し、宇宙船から気球放つなど、さまざまな科学プログラムをこなしました。
大気圏再突入するとき、逆推ロケット点火が3秒遅れ、また姿勢制御にも失敗したため、マーキュリー7号は大西洋予定されていた地点から約275kmもずれて着水しました。そのせいで無線のとどく範囲から外れてしまい、管制センターはマーキュリー7号の行方を見失いましたが、回収チーム航空機宇宙船ラジオビーコンキャッチして、スコット・カーペンターは無事に救出されました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能持っているの?
マーキュリー宇宙船(オーロラ7)は円錐形カプセルで、全長7.9m(非常脱出ロケットをふくむ)、底辺直径1.9m、打ち上げ重量1.93t。チタン製の外殻でおおわれていました。


2.ロケットはどんな形をして、どのような性能持っているの?
アトラス−107Dは、3基の主エンジンと2基の補助エンジン逆推ロケット6基がついていました。全長29m、直径3.1m、打ち上げ重量は118tです。

3.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
3基の主エンジンと2基の補助エンジン打ち上げられ、発射後に主エンジンのうち2基が切り離されました。高度160km以上に達し時点燃料がつきてエンジン停止すると、3基の逆推ロケット噴射してマーキュリー宇宙船はブースターロケットから離れました。大気圏再突入ときには逆推ロケット残り3基が5秒間隔発火して宇宙船飛行速度減速させました。

4.宇宙飛行目的は?
地球周回飛行です。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
写真撮影科学プログラムチェック行ないました。また偶然に船内の壁に頭をぶつけたことから「宇宙」の正体つきとめました。「宇宙」とはマーキュリー6号ジョン・グレン報告していたもので、宇宙船周囲現れキラキラ光るものの群れです。スコット・カーペンターは「宇宙」が宇宙船から発散される蒸気宇宙空間凍りついたや氷の微粒子であることを解き明かしました。


参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、松井孝典・著/宇宙誌(徳間書店)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マーキュリー7号」の関連用語

マーキュリー7号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

STS-95

微小重力実験機の比較

コンプトン

テミス

角野直子

アポロ12号

ジェミニ8号

衛星放送





マーキュリー7号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency

©2017 Weblio RSS