マントヒヒとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物図鑑 > マントヒヒの意味・解説 

マントひひ [4] 【マント 狒

オナガザル科哺乳類頭胴長75センチメートル尾長60センチメートル。雄の体は灰色で,頭から肩・胸にかけて,灰白色長毛におおわれる。雌は雄よりずっと小さい。アラビア・エチオピアなどの岩地群れで生活する。

マントヒヒ

マントヒヒ
マントヒヒ
マントヒヒ
マントヒヒ
名称
マントヒヒ
飼育園館
都立動物園では飼育していません
生息地
北アフリカアラビアのけわしい岩場
体の大きさ
体長60~70cm、体重オス18~20kg
えさ
雑食性で、果実木の実昆虫小動物などを食べています。動物園では、サルペレット季節の果物野菜をあたえています。
特徴
古代エジプトでは、マントヒヒは神聖な神の使いとして礼拝対象とされ、寺院の壁に描かれたりしました。オスリーダーにひきいられた大きな群れで生活し、昼間活動します。おとなのオス頭から肩にかけて毛が白く長くなり、マントを着ているように見えます。メスオス比べると体小さくマントのようなたてがみもありません。

マントヒヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/24 22:28 UTC 版)

マントヒヒPapio hamadryas)は、動物界脊索動物門哺乳綱霊長目オナガザル科ヒヒ属に分類されるサル。ヒヒ属の模式種特定動物




「マントヒヒ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マントヒヒ」の関連用語

マントヒヒのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




マントヒヒのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2014 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマントヒヒ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS