マルーン5とは?

マルーン5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/14 14:08 UTC 版)

マルーン5: Maroon 5、マルーンファイヴ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたバンド




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Maroon 5” (英語). GRAMMY.com. ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス(NARAS). 2014年7月22日閲覧。
  2. ^ UK、この10年で最もダウンロードされたシングル・トップ10”. BARKS (2014年4月22日). 2014年8月4日閲覧。
  3. ^ Jacob Hoye (ed.) (2006). Maroon5 Midnight Miles: On The Road Through 5 Continents & 17 Countries. MTV Books and Pocket Books. p. 4. 
  4. ^ マルーン5の由来はビリー・ジョエルが知っている!”. BARKS (2005年2月22日). 2014年7月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e プロフィール | Maroon5(マルーン5)”. HMV ONLINE. ローソンHMVエンタテイメント. 2014年7月21日閲覧。
  6. ^ a b Maroon5 Biography” (英語). ARTISTdirect Music. 2014年7月21日閲覧。
  7. ^ a b Mitch Michaels (2007年5月27日). “Maroon 5 - It Won’t Be Soon Before Long Review” (英語). 411mania.com. 2014年7月23日閲覧。
  8. ^ Maroon5 Discography - Songs about Jane” (英語). Billboard.com. 2005年時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月23日閲覧。
  9. ^ CM情報”. ノエビア. 2014年7月21日閲覧。
  10. ^ Jacob Hoye (ed.) (2006). Maroon5 Midnight Miles: On The Road Through 5 Continents & 17 Countries. MTV Books and Pocket Books. pp. 86-87. 
  11. ^ マルーン5のドラマー、復帰を切望”. BARKS (2004年7月21日). 2014年7月20日閲覧。
  12. ^ 台風の中、超満員のチケット完売! マルーン5、初来日公演レポート”. BARKS (2004年10月20日). 2014年7月20日閲覧。
  13. ^ マルーン5加入前は、シンガーソングライターのギャヴィン・デグロウ(Gavin DeGraw)のバック・ドラマーだった。
  14. ^ マルーン5、2ndアルバムに取り組む”. BARKS (2005年7月19日). 2014年7月21日閲覧。
  15. ^ アダム・レヴィーン (2007年). マルーン5『イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング』のアルバム・ノーツ [CD].
  16. ^ a b c d e Maroon 5 | Awards” (英語). オールミュージック. オール・メディア・ガイド. 2014年7月21日閲覧。
  17. ^ マルーン5、史上最高新記録で全米1位達成”. BARKS (2007年5月9日). 2014年7月21日閲覧。
  18. ^ T.I. 歴代1位の大幅ランク上昇で自身初のシングルチャートNo.1に輝く”. bmr. ブラック・ミュージック・リヴュー (2008年8月29日). 2014年7月23日閲覧。
  19. ^ 自らの記録をあっさり更新! T.I.がシングルチャートでも爆発”. bmr. ブラック・ミュージック・リヴュー (2008年10月10日). 2014年7月23日閲覧。
  20. ^ うひ!マルーン5、Mステ&Yahoo!ライブトークに出演”. BARKS (2007年6月14日). 2014年7月21日閲覧。
  21. ^ マルーン5、トヨタ・ヴィッツのTVCM曲に”. BARKS (2007年8月30日). 2014年7月21日閲覧。
  22. ^ マルーン5、武道館の楽屋にご招待”. BARKS (2008年2月6日). 2014年7月21日閲覧。
  23. ^ マルーン5、噂の彼女にめっためたに痛めつけられる”. BARKS (2010年8月11日). 2014年7月21日閲覧。
  24. ^ 第3回(2011)CDショップ大賞結果”. 全日本CDショップ店員組合. 2014年8月14日閲覧。
  25. ^ <UDO> Pray for Japan”. ウドー音楽事務所. 2014年7月23日閲覧。
  26. ^ マルーン5のアダム、さらっと歴代記録を樹立”. BARKS (2011年9月3日). 2014年7月21日閲覧。
  27. ^ a b c d e MAROON 5 | Artist” (英語). The Official Charts Company(OCC). 2014年7月21日閲覧。
  28. ^ 最新全米チャートはマルーン5が9週連続首位”. Billboard JAPAN. Livedoor ニュース (2012年11月15日). 2014年8月16日閲覧。
  29. ^ IFPIが発表した、2012年の世界的ベストセラーアルバムは?”. BARKS (2013年2月27日). 2014年8月14日閲覧。
  30. ^ iTunes Best of 2012に選出!”. ユニバーサルミュージック (2012年12月17日). 2014年8月15日閲覧。
  31. ^ マルーン5、新作アルバム制作中”. BARKS (2013年4月6日). 2014年7月21日閲覧。
  32. ^ MAROON 5 INTERSCOPE RECORDSと契約。新作『V(ファイヴ)』を2014年9月2日にリリースすることを発表!(日本盤リリース日は調整中。) 世界的にLIVE NATIONとツアー契約を締結。”. ユニバーサルミュージック (2014年5月20日). 2014年7月23日閲覧。
  33. ^ マルーン5、ニュー・アルバム『V』のプロモーション来日決定”. MTVジャパン. MTVネットワークス (2014年8月21日). 2014年11月30日閲覧。
  34. ^ 2004 MTV Video Music Awards” (英語). 2004 MTV VMAs. MTV (2004年8月29日). 2014年7月24日閲覧。
  35. ^ 2004 World Music Awards Winners” (英語). Billboard (2004年9月16日). 2014年7月23日閲覧。
  36. ^ MTV Europe Awards 2004: The winners” (英語). BBCニュース. 英国放送協会 (2004年11月18日). 2014年8月11日閲覧。
  37. ^ 2004 Billboard Music Awards Winners” (英語). Billboard (2004年12月8日). 2014年7月23日閲覧。
  38. ^ フーバスタンク、アシュリー他MTVアジア賞”. BARKS (2005年2月7日). 2014年8月23日閲覧。
  39. ^ NRJ Music Awards 2005 - NMA.fr” (フランス語). NRJ Music Awards. 2014年8月26日閲覧。
  40. ^ a b The AMAs | Winners Search” (英語). アメリカン・ミュージック・アワード. 2014年8月25日閲覧。
  41. ^ Winners Announced for "1st Gaon Chart K-Pop Awards"” (英語). soompi (2012年2月22日). 2014年8月23日閲覧。
  42. ^ Teen Choice Awards 2012”. MTV (2012年7月22日). 2014年8月23日閲覧。
  43. ^ GAON CHART K-POP AWARDS 2012” (日本語). コネスト (2013年2月14日). 2014年8月23日閲覧。
  44. ^ Billboard Music Awards 2013: The Complete Winners List” (英語). MTV (2013年5月19日). 2014年7月23日閲覧。
  45. ^ winners list American Music Awardsノミネート+授賞者リストまとめ”. bmr. ブラック・ミュージック・リヴュー (2013年11月25日). 2014年7月23日閲覧。
  46. ^ a b c d Maroon 5 - Chart history” (英語). Billboard 200. ビルボード. 2014年7月22日閲覧。
  47. ^ a b c d Maroon 5 - Chart history” (英語). Canadian Albums. ビルボード. 2014年7月22日閲覧。
  48. ^ a b c Maroon 5 dans les charts français (albums)” (フランス語). Charts in France. 2014年7月21日閲覧。
  49. ^ a b c Maroon 5 | Longplay-Chartverfolgung” (ドイツ語). music line.de. メーディア・コントロール・ゲーエフカー・インターナツィオナール. 2014年7月21日閲覧。
  50. ^ a b c d Search for: Maroon 5” (英語). australian-charts.com. 2014年7月21日閲覧。
  51. ^ a b c d マルーン5のリリース一覧”. ORICON STYLE. oricon ME. 2014年7月21日閲覧。
  52. ^ a b c d e Gold & Platinum Searchable Database” (英語). アメリカレコード協会(RIAA). 2014年7月23日閲覧。
  53. ^ a b c d Gold/Platinum” (英語). Music Canada. 2014年7月24日閲覧。
  54. ^ a b c d e f Certified Awards” (英語). 英国レコード産業協会(BPI). 2014年7月23日閲覧。
  55. ^ a b c Notre Base de Données” (フランス語). 全国音楽出版組合 (フランス). 2014年7月24日閲覧。
  56. ^ Gold-/Platin-Datenbank” (ドイツ語). 音楽産業連邦協会 (ドイツ)(BVMI). 2014年7月24日閲覧。
  57. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2005 Albums” (英語). ARIAチャート(ARIA). 2014年7月24日閲覧。
  58. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2007 Albums” (英語). ARIAチャート(ARIA). 2014年7月24日閲覧。
  59. ^ 2007年8月度認定作品”. 日本レコード協会(RIAJ). 2014年7月24日閲覧。
  60. ^ 2011年4月度認定作品”. 日本レコード協会(RIAJ). 2014年7月24日閲覧。
  61. ^ ARIA Charts - Accreditations - 2012 Albums” (英語). ARIAチャート(ARIA). 2014年7月24日閲覧。
  62. ^ SPIDER-MAN2”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2014年7月21日閲覧。
  63. ^ 出演者ラインアップ♪”. ミュージックステーション. テレビ朝日. 2014年7月21日閲覧。
  64. ^ BACKNUMBER”. ミュージックフェア. フジテレビジョン. 2014年7月24日閲覧。
  65. ^ 超大物バンド MAROON 5 生パフォーマンス!”. スッキリ!!. 日本テレビ放送網 (2014年9月18日). 2014年11月30日閲覧。
  66. ^ 歌モノ・サイケ・バンド、タイド新作!マルーン5のメンバー参加”. CDJournal. 音楽出版社 (2006年5月30日). 2014年7月24日閲覧。


「マルーン5」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マルーン5」の関連用語

マルーン5のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オースター

トウワタ

ダールマンツヤクワガタ

斜め包み

FXDL

James A. Garfield

ビーノ

PC-98VX4/WN





マルーン5のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマルーン5 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS