マタタビとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 野菜 > 山菜 > マタタビの意味・解説 

木天蓼

読み方:マタタビ(matatabi)

マタタビ科蔓性落葉低木


股旅

読み方:マタタビ(matatabi)

博徒が旅をして歩くこと


木天蓼

読み方:マタタビ(matatabi)

マタタビ科落葉藤木


末太々比

読み方:マタタビ(matatabi)

サルナシ科の落葉つる植物

学名 Actinidia polygama


マタタビ サルナシ科

マタタビ
サルナシ
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
若芽4月5月・ 花は6月
虫えい8月9月果実10月
若芽花・果
虫えい

ネコズラ・カタジロ


芽 葉 花 実

味わう

若芽と花はゆでて、にさらし、おひたし和え物に。ことに塩味をきかせた花の酢の物酒の肴好適である。果実塩漬けや、果実酒にする。

薬効

虫こぶ状になった果実虫えい)を、熱湯通して天日乾燥させたものを「木天蓼」(もくてんりょう)と呼び血行、強心、利尿腰痛などのとして使う。


DATA
山地生え落葉つる植物初夏花が咲く頃から秋の実を付ける頃まで、上部白くなることから、容易に発見することが出来る。
マタタビはアイヌ語のマタタムブからの転化で、マタは冬、タムブは亀の甲の意味で、果実が入って球状に膨む「虫えい」になった実の様子から付けられたと言われている。
正常な実よりマタタビタマバエや、マタタビミタマカによる虫こぶ状の実の方が珍重される。
猫にマタタビと言われるが、この植物に含まれているマタタビラクトンというものがネコ科動物大脳などを一時麻痺させるところから、これを与えると恍惚状態になり、多量与えると死亡するとも言われる

天蓼

読み方:マタタビ(matatabi)

マタタビ科落葉木

季節

分類 植物


木天蓼

読み方:マタタビ(matatabi)

マタタビ科落葉木

季節

分類 植物


マタタビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/22 06:24 UTC 版)

マタタビ木天蓼(「もくてんりょう」とも読む)、Actinidia polygama )は、マタタビ科マタタビ属落葉蔓性木本である。別名夏梅ともいう。


  1. ^ 小学館日本大百科全書ジャパンナレッジ版、「マタタビ」文化史(湯浅浩史)。2013-08-24閲覧。
  2. ^ 小学館日本国語大辞典 第二版』ジャパンナレッジ版、「またたび」語源説。2013-08-24閲覧。
  3. ^ 和泉晃一「マタタビの語源」
  4. ^ 薬用植物一覧表


「マタタビ」の続きの解説一覧





マタタビと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マタタビ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
90% |||||


9
78% |||||

10
78% |||||

マタタビのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シオデ

モミジガサ

ミヤマイラクサ

ヨメナ

ミヤマイラクサ

ミツバ

マタタビ

ヤナギタデ





マタタビのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2016 ひだ清見観光協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマタタビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS