マインドシェアとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > マーケティング > シェア > マインドシェアの意味・解説 

マインド・シェア

【英】:mind share

顧客心の中占め特定ブランド占有率

マインドシェアは直接測定できるものではない。一般には、純粋想起率で代用することが多いが、場合によっては純粋第一想起率を用いるケースもある。純粋第一想起率は、例えば「ハンバーガーショップと言えば、まずどこを思い浮かべるか」のように、最初に頭の中に浮かぶブランド1つ答えてもらったときの割合である。

 通常、マインドシェアは販売シェアとは一致しない。なぜなら、販売シェア製品力や価格競争力チャネル力なども加えトータルの力が反映されるからである。マインドシェアが低いにもかかわらず販売シェアが高い状態は、価格競争力チャネル力に優れていることを示す一方で当該ブランド将来性黄信号が点っていることを示す兆候でもある。

 マインドシェアは一般に専門品でより重要とされてきたが、近年ではネット情報収集したり購入したりする消費者が増えてきた影響もあって、ますますその重要性指摘されるようになってきている。また、こうしたトレンド反映して、検索エンジン上位表示されるようにする、いわゆるSEO検索エンジン最適化Search Engine Optimization)が高い注目集めている。

 なお、マインドシェアが高くとも、顧客好感度抱いていない場合には、購入に結びつかない。たとえば、プロスポーツ球団のアンチファンにとっては、当該チームはマインドシェアは高いものの、チケットを買ってまでゲームを見ようとはしないだろう。

■ 関連語
純粋想起助成想起

■ おすすめ科目

マインドシェア

消費者心の中企業ブランド占めるの割合第一起想された企業ブランドシェアであらわされます。
市場シェア対比して用いられる言葉で、消費者心の中どれだけ強く印象付けられているかの指標となる。「車のメーカーといえば・・・」の質問に対して最初に浮かび上がるブランド名第一起想といいその消費者にとってのマインドシェアNO1となります。

マインドシェア

消費者の心(マインド)に占め企業ブランドや、商品ブランド占有率シェア)のことを指す。また、消費者心理にある、自社ブランド占め重要度のことも指す。

・マインドシェアを測定するために、純粋想起率を調べ方法がよく用いられる。想起される順番記録して、最初に想起されるブランド(トップオブマインド)のシェアをもってマインドシェアになるという測定方法である。

具体的に言えば、「コンビニと言えば、まずどこを思い浮かべるか」のように、最初に頭の中に浮かぶブランド1つ答え場合割合に値する

・マインドシェアが高い場合でも、短期的利益等に影響があるのではなく徐々に市場内での位置づけが向上する等、中長期的影響が出てくる。

・マインドシェアやハートシェアを着実に伸ばしている企業が、必然的に市場シェア収益性向上させることになるといえる


マインドシェア






マインドシェアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マインドシェア」の関連用語

マインドシェアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




マインドシェアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
グロービス・マネジメント・スクールグロービス・マネジメント・スクール
© 2014 GLOBIS CORPORATION All Rights Reserved.
グロービス・マネジメント・スクールMBA用語集
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2014 Active and Company Ltd. All rights reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2014 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.

©2014 Weblio RSS