マイコトキシンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > バイテク用語 > マイコトキシンの意味・解説 

マイコトキシン [5] 【mycotoxin】

細菌のつくる物質で,人畜摂取されたとき有害なものの総称穀物などの貯蔵に多い。アフラトキシンなど発がん性のものもあり,神経系作用して痙攣けいれん麻痺を生じさせるものが少なくないカビ毒

マイコトキシン

【英】: Mycotoxin
ある種カビにより自然に生産される一群毒素代謝物質)の総称カビ毒とも呼ばれる

穀類などが食害されたり病気かかってカビ感染を受けると生成するカビで、農作物生産流通など食品衛生上、重要な問題になっている

マイコトキシンは、ヒトあるいは家畜魚類など高等動物に対して 健康を損う有害な毒素産生し、急性慢性の病理的障害与える。また、種類によっては強力な発がん性有するなかでも、「アフラトキシン」というカビ毒は、動物実験により発がん性が非常に高いことがわかっている。

マイコトキシンを産生するカビ身の回りいたるところ存在する。そのため農作物が畑に生育している時から、適切な防除措置が行われ、生産から流通までの十分なかび対策が必要である。

マイコトキシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/10 03:55 UTC 版)

マイコトキシン (Mycotoxin) とは、カビ二次代謝産物として産生されるの総称である。ヒト家畜などに対して 急性もしくは慢性の生理的あるいは病理的障害を与える物質。現在、300種類以上のマイコトキシンが報告されており、アスペルギルス (Aspergillus) 属、ペニシリウム (Penicillium) 属、フザリウム (Fusarium) 属の3属により生産されるものがほとんどである。


[ヘルプ]
  1. ^ 川本伸一「技術解説: 食品安全分野における研究」、『食品と技術』、独立行政法人 農研機構 食品総合研究所、2009年2月、2010年11月18日閲覧。
  2. ^ バルカン腎症の原因物質としてのアリストロキア酸およびオクラトキシンA日本環境変異原学会大会プログラム・要旨集 (38), 140, 2009-11-06


「マイコトキシン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

マイコトキシンに関連した本

マイコトキシンに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マイコトキシン」の関連用語

マイコトキシンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




マイコトキシンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイコトキシン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS