マイケル・ファラデーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 化学者 > 化学者 > マイケル・ファラデーの意味・解説 

マイケル・ファラデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/23 12:50 UTC 版)

マイケル・ファラデー(Michael Faraday, 1791年9月22日 - 1867年8月25日)は、イギリス化学者物理学者(あるいは当時の呼称では自然哲学者)で、電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。




  1. ^ See National Portrait gallery NPG 269
  2. ^ a b c Michael Faraday entry at the 1911 Encyclopaedia Britannica hosted by LovetoKnow Retrieved January 2007.
  3. ^ a b c d "Archives Biographies: Michael Faraday", The Institution of Engineering and Technology.
  4. ^ Russell, Colin (2000), Michael Faraday: Physics and Faith, New York: Oxford University Press 
  5. ^ "best experimentalist in the history of science." Quoting Dr Peter Ford, from the University of Bath’s Department of Physics. Accessed January 2007.
  6. ^ "Einstein's Heroes: Imagining the World through the Language of Mathematics", by Robyn Arianrhod UQP, reviewed by Jane Gleeson-White, 10 November 2003, The Sydney Morning Herald.
  7. ^ Baggott, Jim (2 September 1991), “The myth of Michael Faraday: Michael Faraday was not just one of Britain's greatest experimenters. A closer look at the man and his work reveals that he was also a clever theoretician”, New Scientist, http://www.newscientist.com/article/mg13117874.600-the-myth-of-michael-faraday-michael-faraday-was-not-justone-of-britains-greatest-experimenters-a-closer-look-at-the-man-and-hiswork-reveals-that-he-was-also-a-clever-theoretician-.html 2008年9月6日閲覧。 
  8. ^ a b c Frank A. J. L. James, ‘Faraday, Michael (1791–1867)’, Oxford Dictionary of National Biography, Oxford University Press, Sept 2004; online edn, Jan 2008 accessed 3 March 2009
  9. ^ ファラデーの幼少期を含む生涯の簡潔な説明として次がある。
    EVERY SATURDAY: A JOURNAL OF CHOICE READING, Vol III published at Cambridge in 1873 by Osgood & Co., pp.175-83
  10. ^ これの意味するところは、ジェームズがサンデマン派信者のつながりから職を得たということである。ジェームズは1791年2月20日にロンドンのサンデマン派の集会に参加し、その後すぐに住居を見つけて引っ越している。詳しくは Cantor 1991, pp. 57-8
  11. ^ "Michael Faraday." History of Science and Technology. Houghton Mifflin Company, 2004. Answers.com 4 June 2007
  12. ^ Plaque #19 on Open Plaques.
  13. ^ "Jane Marcet's Books". John H. Lienhard. The Engines of Our Ingenuity. NPR. KUHF-FM Houston. 1992年放送. 744回. 写し. 2007年10月2日閲覧。
  14. ^ Cantor 1991, pp. 41-43, 60-4, 277-80
  15. ^ Cantor 1991, p. 59
  16. ^ Jensen, William B. (2005), “The Origin of the Bunsen Burner” (PDF), Journal of Chemical Education 82 (4), http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ed082p518 
  17. ^ Faraday 1827, p. 127
  18. ^ Faraday, Michael (1821), “On two new Compounds of Chlorine and Carbon, and on a new Compound of Iodine, Carbon, and Hydrogen”, Philosophical Transactions 111: 47, doi:10.1098/rstl.1821.0007 
  19. ^ Faraday 1859, pp. 33-53
  20. ^ Pearce 1965, pp. 122-123
  21. ^ Faraday, Michael (1823), “On Hydrate of Chlorine”, Quartly Journal of Science 15: 71 
  22. ^ Faraday 1859, pp. 81-84
  23. ^ The Birth of Nanotechnology, Nanogallery.info, (2006), http://www.nanogallery.info/nanogallery/?ipg=126 2007年7月25日閲覧, ""Faraday made some attempt to explain what was causing the vivid coloration in his gold mixtures, saying that known phenomena seemed to indicate that a mere variation in the size of gold particles gave rise to a variety of resultant colors."" 
  24. ^ Faraday 1839, 1844, vol ii, plate 4
  25. ^ Hamilton 2004, pp. 165-71, 183, 187-90
  26. ^ Cantor 1991, pp. 231-3
  27. ^ Thompson 1901, p. 95
  28. ^ Thompson 1901, p. 91
  29. ^ Cantor 1991, p. 233
  30. ^ Thompson 1901, pp. 95-98
  31. ^ Thompson 1901, p. 100
  32. ^ Cantor 1991, pp. 235-44 日記でわかるように、ファラデーはアンペール、アラゴ、エルステッドらの研究の進行状況に大きく影響されている。
  33. ^ Brother Potamian (1913), Francesco Zantedeschi article at the Catholic Encyclopedia, Wikisource, http://en.wikisource.org/wiki/Catholic_Encyclopedia_%281913%29/Francesco_Zantedeschi 2007年6月16日閲覧。 
  34. ^ 1857年ごろ撮影された写真をベースとした版画。詳しくは National Portrait Gallery, UK
  35. ^ Zeeman, Pieter (1897), “The Effect of Magnetisation on the Nature of Light Emitted by a Substance”, Nature 55: 347, doi:10.1038/055347a0 
  36. ^ Pieter Zeeman, Nobel Lecture, http://nobelprize.org/nobel_prizes/physics/laureates/1902/zeeman-lecture.html 2008年5月29日閲覧。 
  37. ^ The Scientific Papers of James Clerk Maxwell Volume 1 page 360; Courier Dover 2003, ISBN 0486495604
  38. ^ Faraday; Michael (1791 - 1867)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。
  39. ^ See The Illustrated London News, July 1853, for Faraday's comments.
  40. ^ Gladstone 1872, p. 53
  41. ^ Twickenham Museum on Faraday and Faraday House, Accessed June 2006
  42. ^ Croddy, Eric; Wirtz, James J. (2005), Weapons of Mass Destruction: An Encyclopedia of Worldwide Policy, Technology, and History, ABC-CLIO, pp. Page 86, ISBN 1851094903, http://books.google.com/?id=ZzlNgS70OHAC&pg=PA86&lpg=PA86&dq=Faraday++chemical+weapons+Crimean+War 
  43. ^ Plaque#2429 on Open Plaques
  44. ^ Withdrawn banknotes reference guide, Bank of England, http://www.bankofengland.co.uk/banknotes/denom_guide/index.htm 2008年10月17日閲覧。 
  45. ^ Hamilton 2004, p. 220
  46. ^ ファラデーの日記の1849年3月19日の記述
  47. ^ Faraday & Schoenbein 1899, p. 349 Christian Friedrich Schönbein への1861年9月19日付けの手紙。
  48. ^ See but still try
  49. ^ Jones 1870, 2:389


「マイケル・ファラデー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マイケル・ファラデー」の関連用語

マイケル・ファラデーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

FOMA N705i

815T PB

アカアシガメ

黒竹

日野プロフィア セミトラクター

コンペ機

第二しょうどしま丸

3000系





マイケル・ファラデーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイケル・ファラデー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS