ポリ(プロピレン)とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > 高分子化合物 > ポリ(プロピレン)の意味・解説 

ポリプロピレン [5] 【polypropylene】

プロピレン付加重合により得られる高分子化合物フィルム成型製品,また繊維製品として用いる。 PP

PP

〖polypropylene〗
ポリプロピレン

ポリプロピレン

英語 polypropylene

熱可塑性汎用樹脂のひとつ。汎用樹脂随一耐熱性があり、耐薬品性にも優れている高結晶性で剛性は高いものの耐衝撃性では弱点がある。しかし各種成分添加による改質で、柔軟なものから剛性の高いものまで製造可能である。安価なこともあって台所用品雑貨各種容器自動車部品などに広く使われ、汎用樹脂のなかで使用量がもっとも多い。自動車用部品では、トリム類、インスツルメントパネルコンソールボックスなどの内装品、およびバンパーリザーバータンクなどに用いられている。

参照 PP樹脂
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ポリプロペン

名称ポリプロペン
英名polypropene
名称2ポリ(プロピレン)
英名2poly(propylene)
名称3
英名3
備考略号ほか)PP
構造式-[C(CH3)HCH2]n-
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ポリプロピレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/16 17:32 UTC 版)

ポリプロピレン (polypropylene) 略称PPは、プロピレン重合させた熱可塑性樹脂である。工業的に入手可能であり、包装材料、繊維文具プラスチック部品、種々の再利用可能な容器実験器具スピーカーコーン、自動車部品、紙幣など幅広い用途をもっている。汎用樹脂の中で比重が最も小さく、水に浮かぶ。強度が高く、吸湿性がなく、耐薬品(アルカリを含む)性に優れている。しかし、染色性が悪く、耐光性が低い為、ファッション性の高い服地の繊維用途には向かない。汎用樹脂の中では最高の耐熱性である。











ポリ(プロピレン)と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ポリ(プロピレン)に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポリ(プロピレン)」の関連用語

ポリ(プロピレン)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ファン・マヌエル・ファンジオ

ディストリビューター

エキセントリックシャフト

狭域通信

パジェロ

シグマ

摩擦角

プライマリー吸気ポート





ポリ(プロピレン)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポリプロピレン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS