ボロノフェニルアラニン-フルクトース錯体とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > ボロノフェニルアラニン-フルクトース錯体の意味・解説 

ボロノフェニルアラニン-フルクトース錯体

【仮名】ぼろのふぇにるあらにん-ふるくとーすさくたい
原文boronophenylalanine-fructose complex

bpa-fホウ素中性子捕捉療法呼ばれる放射線療法一種に用いられる物質静脈bpa-f注射して腫瘍細胞集積させる。それから、中性子原子構成する粒子のひとつ)を用いた放射線治療を行う。中性子bpa-f含まれるホウ素反応することで放射性粒子発生することにより、正常な細胞には害を及ぼすことなく腫瘍細胞死滅させることが可能となる。「bpa-f」とも呼ばれる




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ボロノフェニルアラニン-フルクトース錯体」の関連用語

1
100% |||||

ボロノフェニルアラニン-フルクトース錯体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

STS-91

高塔

おれんじ7

タグボート

ビーズカウンタ

ビクトリー

甲突池

AP-K303T





ボロノフェニルアラニン-フルクトース錯体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2017 Weblio RSS