ボルネオショウノウとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 分子データベース > ボルネオショウノウの意味・解説 

d-ボルネオール

名称d-ボルネオール
英名d-borneol
別名ボルネオショウノウ,竜脳スマトラショウノウ
化学式C10H18O
香りショウノウ
状態s(白色粉末六角板状,片状)
融点208
沸点212
比重1.011(d20/4)
性質エタノールに易溶/エーテルアルコール可溶不溶
用途食品化粧品医薬品,浴剤,セッケン
有機200
無機120
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ボルネオール

(ボルネオショウノウ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/28 07:59 UTC 版)

ボルネオール (borneol) は竜脳ボルネオショウノウとも呼ばれる二環式モノテルペン。化学式は C10H18O、分子量は 154.14。香りは樟脳に類似しているが揮発性がそれに比べると乏しい。骨格が樟脳と等しく、樟脳を還元することによってボルネオールを得ることができる。光学異性体が存在し、(−)体("d-ボルネオール"、図)は竜脳樹(Dryobalanops aromatica)やラベンダーに、(+)体はタカサゴギク等に含まれる。




「ボルネオール」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ボルネオショウノウ」の関連用語

ボルネオショウノウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

富士川

日吉大社

セイルトレーニング

姫淡竹

R 1200 S

キンチャヤマイグチ

神明鳥居

PC-9801F1/F2





ボルネオショウノウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボルネオール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS