ベンゼン環とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 有機化合物 > 炭化水素 > ベンゼン環の意味・解説 

ベンゼンかん -くわん [0] 【ベンゼン環】


ベンゼン

(ベンゼン環 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/01 13:50 UTC 版)

ベンゼン (benzene) は分子式 C6H6分子量 78.11 の最も単純な芳香族炭化水素である。原油に含まれており、石油化学における基礎的化合物の一つである。分野によっては慣用としてドイツ語 (Benzol:ベンツォール) 風にベンゾールと呼ぶことがある。ベンジン(benzine)とはまったく別の物質であるが、英語では同音異綴語である。




  1. ^ David R. Lide, ed.. “"Physical Constants of Organic Compounds", in CRC Handbook of Chemistry and Physics, Internet Version 2005”. CRC Press. 
  2. ^ Arnold, D.; Plank, C.; Erickson, E.; Pike, F. (1958). “Solubility of Benzene in Water.”. Industrial & Engineering Chemistry Chemical & Engineering Data Series 3: 253. doi:10.1021/i460004a016. 
  3. ^ Breslow, R; Guo, T (1990). “Surface tension measurements show that chaotropic salting-in denaturants are not just water-structure breakers.”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 87 (1): 167–9. doi:10.1073/pnas.87.1.167. PMC 53221. PMID 2153285. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=53221. 
  4. ^ A. Kayode Coker, Ernest E. Ludwig (2007). Ludwig's applied process design for chemical and petrochemical plants, Volume 1. Elsevier. p. 114. ISBN 075067766X. http://books.google.com/books?id=N8RcH8juG_YC&pg=PA114. 
  5. ^ 経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編
  6. ^ M. Faraday (1825). “On New Compounds of Carbon and Hydrogen, and on Certain Other Products Obtained during the Decomposition of Oil by Heat”. Philosophical Transactions of the Royal Society of London 115: 440–466. doi:10.1098/rstl.1825.0022. JSTOR 107752. 
  7. ^ R. Kaiser (1968). “Bicarburet of Hydrogen. Reappraisal of the Discovery of Benzene in 1825 with the Analytical Methods of 1968”. Angewandte Chemie International Edition in English 7 (5): 345–350. doi:10.1002/anie.196803451. 
  8. ^ E. Mitscherlich (1834). “Über das Benzol und die Säuren der Oel- und Talgarten”. Annalen der Pharmacie 9 (1): 39–48. doi:10.1002/jlac.18340090103. 
  9. ^ A. J. Rocke (1985). “Hypothesis and Experiment in the Early Development of Kekule's Benzene Theory”. Annals of Science 42 (4): 355–81. doi:10.1080/00033798500200411. 
  10. ^ F. A. Kekulé (1865). “Sur la constitution des substances aromatiques”. Bulletin de la Société Chimique de Paris 3: 98–110. 
  11. ^ F. A. Kekulé (1866). “Untersuchungen uber aromatische Verbindungen”. Liebigs Annalen der Chemie 137 (2): 129–36. doi:10.1002/jlac.18661370202. 
  12. ^ https://unit.aist.go.jp/riss/crm/mainmenu/zantei_0.4/benzene_0.4.pdf
  13. ^ 厚生労働省:清涼飲料水中のベンゼンについて2014年9月5日閲覧
  14. ^ 豊洲新市場予定地における土壌汚染対策等に関する専門家会議東京都
  15. ^ 豊洲新市場予定地における土壌汚染対策等に関する専門家会議東京都


「ベンゼン」の続きの解説一覧





ベンゼン環と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベンゼン環」の関連用語

ベンゼン環のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

半チャン

関根茂

加圧水型原子炉

ヒメジソ

キョウジョシギ

カシス・オレンジ

万内川十四号堰堤

ULYSSES XB12X





ベンゼン環のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベンゼン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS