ベイツガとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > マツ科 > ベイツガの意味・解説 

ベイツガ

ヘムロックの別名。マツ科ツガ属常緑針葉樹漢字では米栂。和名はアメリカ産のツガの意味。英名はwestern hemlock。安価であり、日本北米から輸入する木材の中で最も量が多い。住宅始め伝統的スギが使われてきた分野多くが、ベイツガに取って代わられている。光沢があり、肌目はやや粗い。加工性良いが。建築材、構造材造作材建具材として幅広く使用されている。

ベイツガ


北米大陸アラスカ州南部から米国南西部までの太平洋地域分布し、蓄積の多いのはワシントンオレゴン両州です。日本米大陸から輸入される木材のうち、ベイツガに次いで量が多いのがベイマツです。価格が低いため、日本輸入されて、スギ競合することが多く日本林業大き影響をおよぼす樹種といえます。米国では、材質的に他の樹種比較して劣るため、高く評価されることはないようです。日本への輸入量が多いのは、質よりも価格が安いという点が魅力的であるためでしょうちなみに日本輸入する際、モミ類と一緒にHemFirヘムファー)と呼んで、取扱っています。こういう取扱いをするのも、木材個々価値があまり評価されないからではないでしょうか

木材
日本産のツガ比較すると、年輪幅の広いものが多いので、別の木材のように、感じられることが多いのです。ごく一般的にいうと、木材性質は、日本産のツガ似ているといえますが、心材辺材の色の差は少なく白色黄白色、淡褐色木材です。しかし、年輪濃色部(晩材)は、桃色紫色を帯びるので、木材はやや紫色を帯びます。入皮のような欠点多く見られます。気乾比重平均値は0.48です。とくに水分があるような処では腐り易い欠点あります

用途
建築鴨居長押保存処理をして土台)、箱、器具パルプ材などに用いられます。とくに建築材としては、スギが用いられるような用途に、ほとんど代替されています。東京などの大都会では、全体をベイツガで建てた家屋が、とくに低価格のものでは、多いはずです。


米栂

読み方:ベイツガ(beitsuga)

マツ科常緑高木

学名 Tsuga heterophylla


ベイツガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/09/20 13:24 UTC 版)

ベイツガ(米栂)は、下記の北米原産のツガ属 Tsuga の種、あるいはその総称として用いられる。




「ベイツガ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベイツガ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
36% |||||



6
30% |||||

7
14% |||||

8
12% |||||

9
12% |||||

10
12% |||||

ベイツガのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブラックチェリー

カリン

カロフィルム

スプルース

マンソニア

ジョンコン

レッドウッド

アピトン





ベイツガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2016 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2016 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベイツガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS