ヘロインとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > オピオイド > ヘロインの意味・解説 

ヘロイン

分子式C21H23NO5
その他の名称:ジアセチルモルフィン、Diacetylmorphine、Diamorphine、Heroin、ヘロイン、ジアモルフィン、7,8-Didehydro-4,5α-epoxy-17-methylmorphinan-3,6α-diol diacetate、Diaphorm、Acetomorphine、3,6-ジアセチルモルフィン、Acetomorfin、ジアホルム、エクロリオン、プレザ、モルファセチン、アセトモルフィン、3,6-Diacetylmorphine、Eclorion、Morphacetin、Preza、Acetomorphin
体系名:7,8-ジデヒドロ-4,5α-エポキシ-17-メチルモルフィナン-3,6α-ジオールジアセタート


ヘロイン

薬物ヘロイン
英名heroin
化合物名or商品名
分子式C21H23NO5
分子データ
用途麻薬鎮痛呼吸抑制剤
副作用麻薬中毒引き起こす
胎,授乳児への影響安全度
備考臨床的には全く用いられていない
融点173
沸点272274
LD50(マウス)/mg kg-1
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ヘロイン

読み方へろいん

アヘン精製したもの依存性極めて高い物質麻薬1種で法により取り扱い厳し規制されている。

 けしの実からとれるアヘン精製したものです。依存性激し禁断症状特徴です。 依存性原因第一には、この薬物もたらす多幸感あります第二に、激し禁断症状です。体中関節激痛がはしり、悪寒嘔吐失神などを引き起こします。この症状から逃れるために再びヘロインを摂取しようとします。その激し禁断症状が続くと、正常な精神活動をたもてなくなり、人格崩壊してしまうこともありますショック状態に陥ると、こん睡状態から呼吸停止死に至る場合あります
 依存性極めて高い麻薬1つとして「麻薬及び向精神薬取締法」によって製造所持および医療機関における使用についても厳し規制されています。


ヘロイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/21 22:09 UTC 版)

ヘロイン: Heroin)はかつての商品名であり、アヘンに含まれるモルヒネから作られる麻薬のひとつを指す[3]。一般名はジアモルヒネあるいは3,6-ジアセチルモルヒネ[4]




[ヘルプ]
  1. ^ Rook, Elisabeth J.; Van Ree, Jan M.; Van Den Brink, Wim; Hillebrand, Michel J. X.; Huitema, Alwin D. R.; Hendriks, Vincent M.; Beijnen, Jos H. (2006). “Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of High Doses of Pharmaceutically Prepared Heroin, by Intravenous or by Inhalation Route in Opioid-Dependent Patients”. Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology 98: 86–96. doi:10.1111/j.1742-7843.2006.pto_233.x. 
  2. ^ Chemical Sampling Information: Heroin”. Osha.gov. 2010年10月20日閲覧。
  3. ^ a b c d Heroin drug profile”. 欧州薬物・薬物依存監視センター (2015年1月8日). 2016年9月13日閲覧。
  4. ^ McLeod, G. A. (2005). “Is the clinical efficacy of epidural diamorphine concentration-dependent when used as analgesia for labour?”. British Journal of Anaesthesia 94 (2): 229–233. doi:10.1093/bja/aei029. PMID 15556964. http://bja.oxfordjournals.org/content/94/2/229.long. 
  5. ^ a b c d e f g h i j k ツェンク & 田端 1996, p. 97.
  6. ^ a b c d e f g アルフレッド・W・マッコイ 1974, pp. 上4-6.
  7. ^ a b c 松下正明(総編集) 『薬物・アルコール関連障害』 編集:牛島定信、小山司、三好功峰、浅井昌弘、倉知正佳、中根允文、中山書店〈臨床精神医学講座8〉、1999年6月、109頁。ISBN 978-4521492018
  8. ^ a b c クリストファー・ロビンズ 『エア・アメリカ』 松田銑訳〈新潮文庫〉、1990年、369-370頁。ISBN 4-10-233101-8
  9. ^ a b アルフレッド・W・マッコイ 1974, p. 上1.
  10. ^ a b c Martins, Silvia S.; Sampson, Laura; Cerdá, Magdalena; et al. (2015). “Worldwide Prevalence and Trends in Unintentional Drug Overdose: A Systematic Review of the Literature”. American Journal of Public Health 105 (11): e29–e49. doi:10.2105/AJPH.2015.302843. PMC 4605170. PMID 26451760. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/23294765/. 
  11. ^ a b Warner M, Trinidad JP, Bastian BA, Minino AM, Hedegaard H (2016). “Drugs Most Frequently Involved in Drug Overdose Deaths: United States, 2010-2014” (pdf). Natl Vital Stat Rep (10): 1–15. PMID 27996932. https://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr65/nvsr65_10.pdf. 
  12. ^ a b c Nutt, D.; King, L. A.; Saulsbury, W.; Blakemore, C. (2007). “Development of a rational scale to assess the harm of drugs of potential misuse” (pdf). The Lancet 369 (9566): 1047–1053. doi:10.1016/S0140-6736(07)60464-4. PMID 17382831. http://www.antoniocasella.eu/archila/NUTT_2007.pdf.  編集
  13. ^ レナード・P・アダムス二世 1974, p. 412.
  14. ^ レナード・P・アダムス二世 1974, p. 417.
  15. ^ レナード・P・アダムス二世 1974, p. 423.
  16. ^ a b 山形浩生「ウィリアム・バロウズ履歴書」、『ユリイカ』第24巻第5号、1992年、 172-186頁。
  17. ^ ポール・ボウルズ「タンジールのバロウズ」、『ユリイカ』第24巻第5号、1992年、 55-57頁。Buroughs in Big Table2, 1959
  18. ^ ウィリアム・バロウズ 『ジャンキー』 鮎川信夫訳、河出書房新社、2003年ISBN 4-309-46240-5 Junkey, 1953.
  19. ^ Masamutsu Nagahama (1968). “A review of drug abuse and counter measures in Japan since World War II”. U.N. Bulletin on Narcotics 20 (3): 19-24. https://www.unodc.org/unodc/en/data-and-analysis/bulletin/bulletin_1968-01-01_3_page004.html. 
  20. ^ レナード・P・アダムス二世 1974, p. 下257.
  21. ^ 『シド・アンド・ナンシー』1時間11分30秒から1時間13分
  22. ^ ツェンク & 田端 1996, p. 99.
  23. ^ Rudd RA, Paulozzi LJ, Bauer MJ, et al. (2014). “Increases in heroin overdose deaths - 28 States, 2010 to 2012”. MMWR. Morbidity and Mortality Weekly Report 63 (39): 849–54. PMID 25275328. 
  24. ^ Heroin” - アメリカ国立医学図書館 (英語)
  25. ^ a b ウィリアム・バロウズ 「補遺―危険薬物中毒の熟練者からの手紙(『イギリス中毒学会誌』五十三巻二号より)」『裸のランチ』 鮎川信夫訳、河出書房、2003年、321-343頁。ISBN 4-309-46231-6 The Naked Lunch, 1959.
  26. ^ Morphine (and Heroin) ” - アメリカ国家道路交通安全局 (英語)
  27. ^ Overdose Basics”. International Overdose Awareness Day. 2014年9月15日閲覧。
  28. ^ アルフレッド・W・マッコイ 1974, pp. 下256-257.
  29. ^ a b c d e アメリカ精神医学会 『DSM-IV-TR 精神疾患の診断・統計マニュアル(新訂版)』、高橋三郎・大野裕・染矢俊幸訳 医学書院2004年ISBN 978-4260118897  他に各版がありページ数が異なるが「アヘン類関連障害」の「アヘン類離脱」。
  30. ^ 世界保健機関 (1970) (pdf). WHO Expert Committee on Drug Dependence - Eighteenth Report / WHO Technical Report Series 460 (Report). World Health Organization. p. 12. http://whqlibdoc.who.int/trs/WHO_TRS_460.pdf. 
  31. ^ 世界保健機関 (2009-09-31). Clinical Guidelines for Withdrawal Management and Treatment of Drug Dependence in Closed Settings. p. 25, 31. ISBN 978-92-9061-430-2. http://www.wpro.who.int/publications/docs/ClinicalGuidelines_forweb.pdf. 
  32. ^ コロンビア大学嗜癖物質乱用国立センター (2012-06). Addiction Medicine: Closing the Gap between Science and Practice. The National Center on Addiction and Substance Abuse at Columbia University. http://www.casacolumbia.org/templates/NewsRoom.aspx?articleid=678&zoneid=51. 
  33. ^ An Open Label Study of Oral Minocycline for the Treatment of Patients With Co-occurring Opioid and ATS Dependence en:ClinicalTrials.gov - 2016年12月27日閲覧


「ヘロイン」の続きの解説一覧





ヘロインと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ヘロイン」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||


7
90% |||||

8
90% |||||



ヘロインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アーリー&コーラ ハーフロック

FLHTK103

大津市埋蔵文化財調査センター

ヘッジ・ホッグ

下村房次郎

デリカビーズ

深野和紙

表示杭





ヘロインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2017, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘロイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS