プロレスリング・ノアとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 江東区の企業 > プロレスリング・ノアの意味・解説 

プロレスリング・ノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/05 04:45 UTC 版)

プロレスリング・ノアは、日本プロレス団体である。運営事業者はノア・グローバルエンタテインメント株式会社。以前の運営事業者は株式会社プロレスリング・ノア(現在の運営事業者に事業譲渡後に社名を株式会社ピーアールエヌに改称)[3]




  1. ^ 事業譲渡のお知らせ
  2. ^ 事業譲受のお知らせ
  3. ^ a b c d “株式会社ピーアールエヌ(旧:株式会社プロレスリング・ノア)”. TDB 倒産速報. 帝国データバンク. (2017年2月6日). http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4256.html 2017年2月6日閲覧。 
  4. ^ 甲虫王者ムシキングの知的財産権並びに開発と発売は2015年3月まではセガ(現:セガゲームス)、2015年4月のセガグループ再編により知的財産権はセガホールディングスが保有して開発と発売はセガ・インタラクティブが承継。
  5. ^ プロレスリング・ノア×新日本メディカルトレーナー協会“プロレスラー養成プロジェクト”START!! - プロレスリング・ノア 2011年1月12日
  6. ^ ノアにとっては、マーシャルとロスのデビューは、2005年12月の谷口周平以来の新人選手のデビューであった。
  7. ^ オカダ最年少25歳でプロレス大賞MVP「誰がカネの雨を降らせてるか」 - スポーツナビ 2012年12月11日
  8. ^ 1967年、中日新聞東京新聞と復縁する以前は中日新聞と読売新聞は業務提携関係だった。
  9. ^ 後年にはノア所属選手が参戦している
  10. ^ 東京スポーツ 2011年3月6日付 28面
  11. ^ ノア秋山が11年ぶりにチャンピオン・カーニバル出場=全日本プロレス - スポーツナビ・2011年3月22日
  12. ^ 潮崎3冠WWE戦士イタミの勇士に奮発 - 東スポWab・2015年1月7日
  13. ^ 【TNA、現インパクトレスリングとの業務提携を発表!】2月7日内田雅之会長の記者会見の模様”. N O A H. (2017年2月7日). 2017年2月7日閲覧。
  14. ^ インタビューで三沢は「仲田さんと2人で居酒屋でもやりながら新弟子を4から5人くらい育てて月に1度くらい後楽園ホールで興行が出来たらと思っていた」と語っている。
  15. ^ 7月、小橋を社長に推薦するも容れられなかった百田光雄が相談役を辞職して退団している。
  16. ^ 事業譲渡のお知らせ”. プロレスリング・ノア公式サイト. 2016年11月2日閲覧。
  17. ^ 社名変更のご挨拶|プロレスリング・ノア公式サイト
  18. ^ 社名変更のお知らせ – エストビー株式会社
  19. ^ ノア事務所が水道橋に移転 新体制移行と2018年ディファ有明閉鎖に伴い”. ぼくらのプロレス (2016年12月28日). 2017年1月8日閲覧。
  20. ^ a b 選手紹介|プロレスリング・ノア公式サイト2016年12月閲覧


「プロレスリング・ノア」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「プロレスリング・ノア」の関連用語

プロレスリング・ノアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

森信雄

ボア×ストローク

シルバー・ムーヴ

さんとす丸

修善寺寒桜

1060形

Escape

鉄鉱石船





プロレスリング・ノアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロレスリング・ノア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS