プラトニックとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 形容動詞 > 形容動詞(概念) > プラトニックの意味・解説 

プラトニック [4] 【Platonic】

形動
プラトンのようなの意〕
純粋に精神的なさま。特に,恋愛において,肉欲を伴わず純粋に相手を思うさま。 「 -な愛」

プラトニック

英語:platonic

理想的観念的精神的、 といった意味で用いられる英語の形容詞。あるいは、「純愛」や「崇高な愛」などの意味で、色事肉体的欲求を伴う愛などと対比する表現として多く用いられる表現

「プラトニック」の語は元々は古代ギリシア哲学者プラトンPlato)の名を形容詞化した語である。「プラトンの」「プラトン的な」あるいは「プラトン哲学の」というような意味を基とする。プラトン哲学は「イデア」(idea)の概念中心とする。大雑把にいえば、人は肉体的物質的存在通じて理念的理想的観念想起しているのだとされる

現代では、もっぱら性的欲求ロマンス要素排除された、純粋に精神的な関係、というような意味で用いられる。これは英語圏においてもほぼ同様といえる

関連サイト
platonic - Merriam-Webster's Learner's Dictionary

プラトニック・ラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/04 09:31 UTC 版)

(プラトニック から転送)

プラトニック・ラブ(Platonic love)とは、肉体的な欲求を離れた、精神的な愛のことである。かつては、好き合った男女同士でも結婚までは純潔を保つべきである、として結婚までは精神的な愛を理想と考える向きが強かった。そのため、それをプラトニックと呼んだが、現在においては本質的ではなく、死語と化している。アメリカ合衆国ではキリスト教右派の思想により、純潔運動に参加する若者も多い。


[ヘルプ]
  1. ^ 宮城音弥『愛と憎しみ その心理と病理』45頁 岩波新書、1963年
  2. ^ Theatre Database Sir William Davenant (1606-1668)
  3. ^ ビアス『新編 悪魔の辞典』 西川正身訳、岩波文庫、1997年、226-227頁


「プラトニック・ラブ」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

プラトニックに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「プラトニック」の関連用語

プラトニックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タマガンゾウビラメ

AT-301型

600形

8000形

花景透図鐔

オガサワラヒメホンヤドカリ

鳥羽丸

サルナシ





プラトニックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2016 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラトニック・ラブ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS