ブルース・スプリングスティーンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 音楽家 > ポピュラー音楽の音楽家一覧 (個人) > ブルース・スプリングスティーンの意味・解説 

Bruce Springsteen

以下の映画Bruce Springsteen関連しています。
ケイブルホーグ配給
ケイブルホーグ


ブルース・スプリングスティーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/16 02:31 UTC 版)

ブルース・スプリングスティーンBruce Springsteen, 1949年9月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ロングブランチで生まれ、フリーホールド育ちのシンガーソングライター。父はオランダ系とアイルランド系の混血のトラック運転手、母はイタリア系アメリカ人。敬虔なカトリック教徒。




[ヘルプ]
  1. ^ Rolling Stone. “100 Greatest Singers: Bruce Springsteen”. 2013年5月26日閲覧。
  2. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  3. ^ ブルース・スプリングスティーン、イラクとの戦争回避を望む”. BARKSニュース. 2012年3月29日閲覧。
  4. ^ B・スプリングスティーン『明日なき暴走』のBOXセット発売”. CDジャーナル (2005年9月28日). 2012年3月29日閲覧。
  5. ^ ミッキー・ローク、ブルース・スプリングスティーンとの泣けるドラマを語る”. シネマトゥデイ (2009年6月16日). 2012年3月29日閲覧。
  6. ^ ブルース・スプリングスティーン、ハーフタイムショーで熱唱”. NFL JAPAN (2009年2月2日). 2012年3月29日閲覧。
  7. ^ ブルース・スプリングスティーン、『レッキング・ボール』世界14カ国で初登場No.1”. BARKSニュース (2012年3月16日). 2012年3月29日閲覧。
  8. ^ B・スプリングスティーン、うつ病の過去を告白”. AFPBB News (2012年7月26日). 2012年7月26日閲覧。
  9. ^ ブルース・スプリングスティーン、日本で約20年ぶり洋楽1位&世界20カ国で1位の快挙”. Musicman-NET (2014年2月5日). 2014年2月5日閲覧。
  10. ^ “米大統領自由勲章にデニーロさん”. 共同通信 47NEWS. (2016年11月17日). http://this.kiji.is/171754995940409350?c=39546741839462401 2016年11月17日閲覧。 
  11. ^ 米サックス奏者C・クレモンズ死去、Eストリート・バンドで活躍”. ロイター (2011年6月20日). 2012年3月29日閲覧。
  12. ^ Eストリート・バンドのサックスにクラレンス・クレモンズの甥っ子ジェイクが参加”. ro69.jp (2012年2月10日). 2012年3月29日閲覧。


「ブルース・スプリングスティーン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブルース・スプリングスティーン」の関連用語

ブルース・スプリングスティーンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

黒田清輝

TMAX

清水川第三堰堤

88式地対艦誘導弾

霜降根曲竹

那須野ヶ原用水

坂東香菜子

ギョウジャニンニク





ブルース・スプリングスティーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルース・スプリングスティーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS