ブラックフライデーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ブラックフライデーの意味・解説 

ブラック・フライデー


ブラックフライデー

別名:黒字の金曜日サイバーブラックフライデー
【英】Black Friday, Cuber Black Friday

ブラックフライデーとは、米国毎年11月第4木曜日催される感謝祭Thanksgiving Day)の翌日11月第4金曜日を指す通称である。米国における年末商戦初日であり、かつ最大山場とされる

米国では、感謝祭を終えたブラックフライデーから本格的なクリスマスシーズンへ突入し、同時にいわゆる年末商戦が始まる。小売業界では各店舗盛大なセール実施される。感謝祭祝日であり、祝日土曜日日曜日の間に挟まれたブラックフライデーは休日とされる場合も多い。例年多くの客が買い物のために店頭に並ぶ。

ブラックフライデーは店頭販売における山場であるが、その翌週月曜日オンラインショッピング商品購入するユーザー多く、こちらはサイバーマンデー呼ばれている。

ブラックフライデーの言葉の意味は、一般的には「小売店黒字になるから」だとされる。その意味で、世界恐慌を引き起こしブラックマンデー暗黒の月曜日)の「暗澹とした、光の見えない」とは大きく意味を異にする

インターネットのほかの用語一覧
Webマーケティング:  アンケート調査  CRM  バズマーケティング  ブラックフライデー  口コミマーケティング  口コミ  メールマーケティング

ブラックフライデー (買い物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/14 21:23 UTC 版)

(ブラックフライデー から転送)

ブラックフライデー前日深夜開店前から店の前にできた行列と、開店と同時に駆け込む客 (2013年)

ブラックフライデー英語: Black Friday)は米国感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のことである。正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、伝統的に一年で買い物が最も行われるクリスマス商戦(ホリデーシーズン)の開始の日である。また、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日でもある。

1961年ごろからフィラデルフィアで始まり、1975年にはかなり広まった比較的新しい言葉で、当日買い物客で道路が混むのでそう呼ばれているが、小売業者が儲かり黒字になるという意味も含まれている。「ブラックマンデー」(1987年の世界的株価大暴落の開始日)などという言葉との連想で使われている。

関連項目


ブラック・フライデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/30 08:50 UTC 版)

ブラック・フライデー(Black Friday)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ブラックフライデーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブラックフライデー」の関連用語

ブラックフライデーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ブラックフライデーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリブラックフライデーの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブラックフライデー (買い物) (改訂履歴)、ブラック・フライデー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS