ブビンガとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > ブビンガの意味・解説 

ブビンガ


日本市場でも、比較目に触れることの多いアフリカ産の木材です。材面の美しさ利用した用途多くどちらかといえばローズウッド類と同じような用途に用いられています。
アフリカいわゆる赤道アフリカ地帯を、ナイジェリア南東部から、カメルーンガボン経てコンゴ地域分布しています。大径材なければ出来ないようなものに使われます。何だと思いますか、和太鼓の胴に使うのです。小さ太鼓はとも角、大きなものになる日本では材料が得られないのです。はるばるアフリカから送られて来た木材が、アフリカジャングルの中で使われずに日本楽器にされ、お祭り参加しているのも面白いことですね。

木材
心材の色は、桃色、鮮かな赤色赤褐色で、紫色を帯びた比較的不規則な條がみられます。新し木材場合には上述のように大変美しいのですが、時間がたつと、赤色を帯びた褐色になっていきます。肌目は精で均一です。木理通直あるいは交錯しています。気乾比重は 0.8を越え、重硬な木材です。心材耐久性が高く、白蟻にも抵抗性あります。重硬ではありますが、加工比較し易いといえます。接着良く出来、ろくろ細工出来ます

用途
ある程度ローズウッド類に似ているともいえるため、同じような用途に用いられます。美術家具、キャビネット、スライスドベニヤ、象嵌などが知られています。これらとともに日本ではよく室内装飾品にも使われているようです


ブビンガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/27 11:56 UTC 版)

ブビンガ (Guibourtia) は、ジャケツイバラ亜科の常緑広葉樹である。アフリカン・ローズウッドなどの他の名称もある。アフリカ種(13種類)と南米種(3種類)がある[1]


  1. ^ International Legume Database & Information Service: Guibourtia
  2. ^ http://www.seomokuzai.co.jp/category/1312591.html ブビンガ マメ科 瀬尾木材有限会社


「ブビンガ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブビンガ」の関連用語

ブビンガのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ブビンガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2014 All Rights Reserved, Copyright
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブビンガ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS