フリーホイールとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > 自転車用語 > フリーホイールの意味・解説 

フリーホイール(フリーボディ)

リアハブとカセットスプロケットの間にある一方通行機構タイヤだけが回転するのはこのフリー機構があるから。回し時に発する"カチカチ"という音は内部にある逆回転防止ツメ発する音。
フリーホイール

フリーホイール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/18 13:48 UTC 版)

フリーホイール: freewheel)とは、自転車においてペダルを回し続けなくても惰性で進むような機構を組み込んだ駆動輪のことである。これにより、自転車の運転がより容易になった。固定ギアトラックレーサーを除くほぼ全種の自転車に搭載されており、フリーホイールの発明は自転車の数ある技術革新の中でも画期的なもののひとつと言われる。






「フリーホイール」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フリーホイール」の関連用語

フリーホイールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カートリッジシュー

カセットスプロケット

シートピラー

コッタレス抜き

オイル

ステム

ブレーキシュー

エアーポンプ





フリーホイールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2016 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフリーホイール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS