フリスビードッグとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > フリスビードッグの意味・解説 

フリスビードッグ

歴史と沿革

フリスビードッグは、人と愛犬との信頼関係作り、健康な体を維持するためのさまざまな要素が含まれています。 人ととの抜群コンビネーションから生まれ華麗テクニックと、一般愛犬家とってもフリスビーさえあればできる愛犬との楽しいスポーツとして、年々その競技人口拡大しているスポーツです。

また、フリスビードッグの中には愛犬に必要な「しつけ」がすべて含まれているため、スポーツとしてはもちろん、愛犬の「しつけ」の面においても学んでいただけます。

1994年7月日本フリスビードック協会設立され、日本各地でフリスビードックの普及活動本格的競技会開始されました。

現在、全国各地での予選会年間94大会200日)行い、ジャパンファイナルにてフリスビードッグ日本一決定します。他にもアジア選手権などの国際試合親善試合開催しています。


競技方法

競技種目には、「ディスタンス」と「フリーフライト」の2種あります

ディスタンス

決められた時間内にフリスビー何回どのような状態でキャッチできるかを競うもので、一投ごとにポイント制採点し、時間内での合計得点の多いチーム上位となります。ポイントは、人がフリスビー投げ地点と、キャッチした地点との距離が長いほうが高くなります。また、ジャンプしてキャッチすることができると、さらに高いポイントが得られます。

ディスタンス競技カテゴリー
カテゴリー細かく設定されているので、女性の方やお子さん気軽に楽しめます。
・公式選手権上級者クラス
・公式レディース選手権投げる人が女性クラス
・公式小型選手権小型犬公式戦
・ユースオープン大会中級者クラス
・シニアドッグ大会参加が7歳以上)
ペア大会男女親子などのペア
・こども大会投げる人が小学生以下の子供)
小型犬大会体高40センチ以下の小型犬
チャレンジ大会初心者クラス
ビギナー大会初心者クラス

フリーフライト
5~7フリスビー120秒間の音楽合わせて自由に投げフリスビーキャッチすると人の演技美しさ競うものです。技の成功率難易度ショーマンシップコンビネーションジャンプ優劣審査します。ディスタンス競技とは一味違う華やかさが見物です


ルール

ディスタンス競技では、カテゴリーによってポイントエリア(距離)が違ってきます。ビギナーでは、短い距離からポイント発生し、上位クラスになると最低15メートル以上フリスビー投げキャッチしないとポイント発生しません。さらに、公式戦コートJFA公式コート)は、30メートル以上からポイントエリアの幅が徐々に狭くなる、難易度の高いコート設定となっています。

なお、全てのカテゴリーにおいて、基本的な「しつけ」の要素踏まえてゲームとしていますので、キャッチしてもディスクをスローイングエリアまで完全にレトリーブ(持ち帰り)をしないとポイント確定はしません。


道具・コース

ビギナー大会以外の競技では、フリスビー®ディスクファーストバック」。もしくは小型犬等のためにJFA日本フリスビードッグ協会公認「ドッグディスクMサイズ」を使用して行います。(これらのディスク当協会ホームページからもご注文いただけます。)

ビギナー大会では、フリスビードッグの登竜門カテゴリーなので、ファーストバック以外のサイズ素材(布製など)のディスク使用して競技参加することができます


参照リンク:

FA日本フリスビードッグ協会
http://www.frisbeedog.co.jp/





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フリスビードッグ」の関連用語

フリスビードッグのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

テニス

セパタクロー

コーフボール

水上スキー

卓球

ソフトボール

剣道

ウエイトリフティング





フリスビードッグのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2017 Weblio RSS