フランク徴候とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フランク徴候の意味・解説 

フランク徴候

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/03 08:00 UTC 版)

フランク徴候(フランク・ちょうこう)とは、耳朶を後下方に走る深いをみとめる所見のこと。英語圏では「earlobe crease」とも呼ばれる。


  1. ^ Frank ST (August 1973). “Aural sign of coronary-artery disease”. N. Engl. J. Med. 289 (6): 327–8. doi:10.1056/NEJM197308092890622. PMID 4718047. 
  2. ^ CLINICIAN: No.331; 98-100.
  3. ^ Everngul H et al: Bilateral diagonal earlobe crease and coronary artery disease: a significant association. Dermatology 209; 271-275, 2004


「フランク徴候」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

フランク徴候のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ツールマジック

バストパッド

清涼飲料のパッケージ

寺町寺院群の鐘

岩木山

アドバンスたたみ

間四ケン

ハイポイドギヤ





フランク徴候のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランク徴候 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS